Arts de la table
カテゴリ:紅茶( 27 )
Rits Madridでアフタヌーンティー
昨夜は涼しい夜でしたね・・・

旅行を振り返りますが・・

ちょっとだけお付き合いくださいね。

カンヌでもスペインでも殆ど見かけなかったアフタヌーンティーの文字。


唯一、マドリードのHotel Ritsでアフタヌーンティーできました。

一人分を二人でシェアしました。

食器はオリジナルのようで、菫にも似たパープルの小花

がとても可憐です。

c0366777_09464783.jpg
c0366777_10015453.jpg

サンドイッチ
c0366777_09501097.jpg

紅茶

c0366777_09512452.jpg

シャンパン付きのアフタヌーンティーもありました。
c0366777_09595992.jpg

貸し切り状態で優雅な空間でゆっくりできたのでこれはこれで満足しています・・

でも・・

物価の安いマドリードで結構なお値段のアフタヌーンテ

ィーより、街には安くて美味しいものがいっぱいです。

街の小さなお菓子屋さん

c0366777_12463703.jpg
卵黄のお菓子は1€もしないけど、

とっても美味しい❤️
c0366777_10025927.jpg
Ritz Madridはプラド美術館の隣にあり便利よく、5つ星ホテルにしてロンドンやパリ

のビジネスホテル並みの宿泊料金(マドリードは物価が安いのです)なのです。



室内はエレガント
c0366777_05433030.jpg
アメニティーも上品
c0366777_05441757.jpg
お風呂場はマーブルで別にシャワーブースもあります。
c0366777_05520186.jpg


宿泊・・すごくお勧めです💗

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-08-23 09:44 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
雨の朝はミルクティーで
おはようございます。

今朝の福岡は梅雨らしい雨空・・


恵みの雨なのですが・・

ちょっと冷んやりします・・

こんな朝はミルクティーで。
c0366777_07191951.jpg
今朝のカップはイギリスのシェリーの

この時期しか使えないカンパネラの柄です。

シェリーは先日投稿したワイルマンが経営者の名前が変わって

1925年にシェリーに商標登録したもの。

日本でも大人気のブランドで、

日本人がシェリーの値段をつり上げている・

とも言われております。



青い花、蔓のように絡む葉にイギリスの夏を想います・・




ミルクティーの茶葉はロンネフェルトのアイリッシュモルトです。

先日のLessonではストレートで御出ししましたが、

ミルクティーがお勧めの茶葉です。
c0366777_07193343.jpg
昨夜は食べ過ぎたので、今朝はミルクティーだけです。

アイリッシュモルトの香りがミルクとよく合います。

体も温まりしっかり目も覚めました。

雨の日・・

皆様も運転など気をつけて、どうぞよい一日を御過ごしください💗

by artstable67 | 2017-06-28 07:18 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
ジョージアンのティーボールで食後のお茶を・・
夕食が終わってもまだ西の空は暮れなずんでいます・


今日の食後のお茶はジョージアン期のアンティークのティーボールで

頂きます。

1780年〜1800年代のもので、当時まだイギリスで緑茶が飲まれていた

頃の200年以上前のアンティークです。

先月からはじまったアフタヌーンティーレッスンの為に

購入したものの一つです。

本や美術館でしか見た事がなかったティーボールで

お茶が頂けるなんて・・と

独り感動している次第😢


c0366777_19164632.jpg
      ジョージアン期は緑茶が飲まれていた時代なので・・

一方堂の新茶(緑茶)を淹れて頂きまます。
c0366777_19175295.jpg
このティーボールは購入した在英アンティークディーラーのウイルク弘美さんの
HPでも紹介されています。





そちらからの抜粋です。

「ウースター釜紫紺と茜色のティーボール
1780年〜1800年。このシェイプはTwisted Shanked Fluting とも呼ばれ、

縦の波打つ形がツイストしたシェイプです。

ニューホール釜のパターンブックの著者パトリシア・プリラー氏や

エクセターのオークショニア専属鑑定士にも相談したところ、

光の透過性や素地の色や状態、成形の特徴からウースター(デイヴィス/

フライト期)の作品であろうというご意見を頂きました。

このS字型が連なった花紋は、ニューホールやダービーなども同様の

色で同じ絵付けを施しており、人気の柄だった事が伺えます。

各フットの裏側にDというイニシャルが手書きされていますが、

此の位置にあるものはメーカーズマークではなく、

絵付けを施したアーティストのサインと考えられます。」

以上

横から見ると・・

取手がありませんよね。

当時どのように飲まれていたかと言いますと・・

カップが熱いので・・
c0366777_19170273.jpg
なんとソーサーにうつして飲んでいたのだとか・・

それに倣って頂いてみますと・・
c0366777_19171619.jpg
           香りが広がってなかなかいいです・・

流石一方堂の新茶!!


なんとも爽やかで玉露のような甘みのある新茶です。

もう少し低温で淹れても甘さが出そうです。

ジョージアンの時代の上流階級の肖像画はこのティーボールで優雅にお茶を

している様子を書かせたものが沢山残っています。

そのくらいお茶は高価で希少でお茶を飲む事はお洒落でポッシュなライフスタイル

だったのです。

緑茶なのでお茶菓子は浅草舟和の芋ようかん。
c0366777_19174004.jpg
アフタヌーンティーレッスンの茶道具編で皆さんにも手に取って頂きますので

どうぞお楽しみに・・

一方堂の新茶は来週のレッスンの皆様にも御出し致しますね。



by artstable67 | 2017-06-15 19:16 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
ワイルマンのアレクサドラトリオでティータイム
イギリスから届いたばかりの

ワイルマンのアレクサドラシェイプのトリオでお茶をしました。

c0366777_18122218.jpg
お茶は国産の包種茶。
友人のKさんよりいただきました。

c0366777_18152217.jpg
水色も味も香りも台湾の春摘み烏龍茶のような花のような芳香のある極上のお茶でした。
Kさん、ありがとうございました✨✨
c0366777_18224541.jpg

お茶菓子のクッキーはこれまた芦屋マダムにお土産でいただいた夙川のミッシェルバッハのクッキーです。
予約出来ず、夙川でしか手に入らないものです。
c0366777_18141761.jpg
c0366777_18214565.jpg
珍しいだけでなく、とても美味しいクッキー。
甘さが控えめでこのサイズ感も上品で好みです。
A様〜❤️
ようやくいただきました。
ありがとうございました✨✨

イギリスの名窯ワイルマンはシェリー窯の前身です。

このアレクサドラシェイプのトリオは1877年から1890年に作成されたもの。

アールヌーボー期独特の曲線が美しく、またこのブルーもイギリスを旅していても目にすることはありません。

海から生まれたばかりのような、波のようなシェイプは
いくら見ても飽きません。
c0366777_18234905.jpg
イギリス在住のアンティークディーラーさんにお願いしてようやく買い付けていただいたものです。

ゆっくりとお茶を飲む時間は、自分と向き合う大切な
時間です…
++-------------------------------------------------------------+++   レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-06-14 18:20 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
(香港最古の茶室)陸羽茶室へ
もうとっくに帰国しておりまますが・・


香港最終日は香港最古の茶室である「陸羽茶室」へ。

c0366777_00512659.jpg
こちらはガイドブックを見ると「飲茶」のレストランとして紹介してありますが・・

そもそも「飲茶」と「点心」の意味と違い・・ご存知でしたか?

(私も香港に来て知ったのですが・・)

点心とは禅でいうところの「空心(すきばら)に小食を点ずる」から来たそうで

食事の間に少量の食べ物を食べる事なのだそう。

間食や御菓子のたぐいはすべて「点心」というそうですが、現在の香港や中国

で「点心」というと「御菓子」のことを指すようです。

それでは・・「飲茶」とは・・?

私たちが「飲茶」というと「春巻き」や「小籠包」のことを想起しますが・・

そもそもは読んで字のごとく「茶を飲む」ことなのです。

ですからお店の名前も「陸羽茶屋」

そしてお店の看板も 

「LUK YU TEA HOUSE」
c0366777_00411838.jpg
茶を飲む時に、軽食やお菓子をつまんでいたのがそもそもの「飲茶」なのだとか・・

日本だと「茶を飲む」習慣を飛び越えて「餃子や小籠包を頂く」ことが

「飲茶」という意味合いになっていますよね。

10時には出発しなければならなかったので、

朝ご飯代りに8時頃お店へ行きました。

オールド香港を彷彿とさせる重厚な建物の前にアラブ人のドアマンがいます。

彼に人数を告げると左の入り口から2階へ登るよう促されます。

c0366777_00585936.jpg
2階へ登ると・・

階段脇の席へ座るように言われます。

(ここから全く英語が通じません!中国語しか通じないし聞こえてきません)

c0366777_01035780.jpg

観光客はいなくて常連さんぽい方々がゆる〜りと新聞を見たり、談笑

したりしています。


席に着くと・・

まず「烏龍茶・ジャスミン茶・プーアル茶?」

と聞かれます。

「プーアル茶」というと

茶葉をティーバックのような物を破ってポットに入れて

湯気のたちのぼるやかんからお湯を注いで

(いい感じ〜〜!)

ささっと淹れてくれました。
c0366777_01025382.jpg


最初のお茶で湯のみやお皿を洗ってポットの奥にあるボールのようなものの

中に洗ったお茶を捨てます。


下の写真、右手のガラスのケースの中の仙人のような人こそ・・

店名にもなっている「陸羽」

お茶のバイブル「茶経」を記した茶仙(茶祖)として有名ですが、
c0366777_01091416.jpg
史学科・地学科・文筆家としても有名な多才な人でした。

実は陸羽は捨て子でして、

湖北省天門市で智積禅師というお坊さんに拾われます。

智積禅師はお茶の嗜みのある人で陸羽に茶を点てさせたところ

素晴らしい才能を発揮し、

禅師は陸羽の点てたお茶しか飲まなかったとか。

ある時智積禅師が皇帝のところに呼ばれ

宮廷で一番という腕前の茶人の点てた

お茶を出されたところ、

禅師が一口も口をつけなかったのを

皇帝がめざとくご覧になり、

こっそり陸羽に茶を点てさせ、内緒で禅師に出したところ・・

「これは陸羽の点てたお茶では・・?」

とすぐに勘づいたとか・・。

陸羽の腕前もさることながら、智積禅師の感覚も人並みはずれていた事を

物語るエピソードです。

陸羽は「茶経」の中で水質や沸騰したお湯で淹れる事、それまでネギや生姜

を入れて飲んでいたのを邪道とし、お茶のみを飲む事を薦め茶を単なる

栄養補給の飲み物としてではなくもっと嗜好性の高い飲み物として

やがては精神性や求道的になっていく道筋をつけた人です。

(あの「利休」にも多大なる影響を与えたとか)

さて気になるのは「茶を点てる」という記述です。

(翻訳者のまちがいでしょうか?)

と投稿しておりましたところ、

有難くも中国茶の先生より

御指南いただきましたので、

訂正記述致します。

(以下訂正内容)
陸羽の生きた唐の時代は

緑茶を固めていたものを

漢方の薬研のような形の茶研で粉にして、

点てていたことが、茶経にも記されているそうです。

散茶になり淹れるようになったのは明の時代からだそうです。


ここまで、教えていただいた内容です。

I先生本当にありがとうございます。


中々、この歳になると、

間違っているな…

と思われても、

遠慮なさって、ご指摘いただけない事が

多い中で、心の籠ったアドバイスが文面からも

伝わって参りまして嬉しい事この上なしでした。



前置きが長くなりましたが・・

肝心の点心は

おばさま方が首から下げて席まで持って来てくれます。

好きな物だけを取ります。

(このスタイルは11時まででそれ以降は紙でオーダーするスタイルになるそうです。)

c0366777_01365570.jpg
点心を取ると右下のシートにはんこが押されます。
c0366777_01385029.jpg


頂いた物は・・

海老焼売
c0366777_01421437.jpg
海老ワンタンの揚げ物

c0366777_01431979.jpg
蒸し餃子
c0366777_01433490.jpg
エッグタルト
c0366777_01435067.jpg
ごま団子

c0366777_01441709.jpg
すべてと〜〜〜っても美味しかったのですが

ここでギブアップ・・

(旅行中てどうしてこんなにお腹がすかないのでしょうね😢)



飛び交う中国語

やかんの注ぎ口から立ち上る湯気の音・・

茶仙「陸羽」の像

オールド香港の「飲茶」の世界がここには確かに生きているのだわ・・

とお茶を啜りながら何だか意味もなく胸が熱くなったのでした。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-21 02:01 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
ニューイヤーアフタヌーンティー(リッツカールトン大阪)
リッツカールトン大阪で

ニューイヤーアフタヌーンティーを頂いて参りました。
c0366777_23452774.jpg
ニューイヤーアフタヌーンティーと言うだけあって、黒豆やいくらが使ってあったり、なますのようなゼリーなど

おせち料理にヒントを得たようなティーフーズの数々。

こちらがメニューです。
c0366777_14560220.jpg


c0366777_23485466.jpg
c0366777_23492518.jpg
c0366777_23494923.jpg


紅茶が凄く美味しく淹れてありました。

(これはなかなかない事でポイント高し・・✨)

ポットでサービスも嬉しいですね。

c0366777_23501449.jpg
ピアノの生演奏もありとても素敵でした。


装花は・・

カラーが贅沢に生けてあります💗
c0366777_23500157.jpg
ご一緒してくださった芦屋マダムA夫人と名古屋嬢Mちゃんと

お話しに夢中になり・・

最後まで頂けないままに、松竹座へ移動する事になりました😭

素敵な方々とのアフタヌーンティーはそれだけで格別の味わいです。

15日からはストロベリーアフタヌーンティーが始まるそうですよ🍓🍓

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-01-16 01:09 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
お茶の輸入関税
クリスマスレッスンで皆さんにお持ち帰り頂く、Betty's の紅茶がイギリスから届きました。

遥かヨークシャーから届いたかと思うと嬉しくなります。
c0366777_20085091.jpg
しかし、受け取りのとき「輸入関税」を請求されました。

小額輸入関税の場合、「コーヒーとお茶(紅茶をのぞく)」には15パーセントの関税が課せられます。

「これは紅茶なのになぜ??」

とよく見ると・・
c0366777_20065350.jpg
理由がわかりました。

品名に「BLACK TEA」とあります。
c0366777_20150497.jpg
イギリスでは紅茶の事を他のお茶と区別する為に「BLACK TEA」といいますが、日本

の税関では「BLACK TEA」が「紅茶」であるという認識がないのでしょう。

(中国だと「黒茶」というとプーアール茶とかを指しますしね)

これが「LIPTON」とか「HARRODS」とかの個人輸入だと「紅茶」

だと思ってもらえるのでしょうが・・

税関でこのお茶を試飲してもらおうかしら・・。

追加でまたBETTY'Sの紅茶を輸入するので、相談してみなければ・・。

紅茶の輸入も楽でない😢

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-11-19 20:22 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
リプトン 「紅茶の日 認定者限定交流会」
リプトンの「紅茶の日 認定者限定交流会」へ出席してきました。
c0366777_20011021.jpg

11月1日が「紅茶の日」なのをご存知ですか?

そのいわれは・・

海難にあってロシアに到着した日本人、伊勢の国(現在の三重県)の船主。大黒屋光太夫ほか2名はロシアに漂着。
10年間滞在せざるを得なかった。
帰国の許可を得る真紅の生活の中でロシアの上流社会に普及しつつあったお茶会に招かれる幸運に恵まれた。

とりわけ 1791年の11月には女帝エカテリーナ2世にも接見の栄に浴し、茶会にも招かれたと考えられる。

そこから大黒屋光太夫が日本人として初めて外国での正式なお茶会に招かれた事を記念してこの日が定められた。

からとか。

ふ〜〜む。
知らなかった・・。
もっとプラクティカルな理由かと思っていました。
これからインフルエンザが流行る季節なので紅茶を飲みましょう・・
とか。
「初めて、外国の正式なお茶会に招かれた」って。。
ほとんど捕虜のような生活をしていたでしょうに・・。

それはさておき・・
今回交流会で楽しみにしていたのは

リプトンのマスター・ブレンダーの江間俊也先生の講演です。
c0366777_20123677.jpg
今、話題の「国産紅茶」「和紅茶」についての講演とテイスティングとディスカッションとプレゼンテーション。

テイスティングは
c0366777_20160392.jpg
アッサム、ダージリン、ディンブラと国産紅茶の「やぶきた」と「べにふうき」

「べにふうき」は鹿児島県の知覧で生産されており美味しい和紅茶として最近よく聞くようになりました。

それぞれを各テーブルごとにテイスティングしてディスカッション。

最後は指名され(遠くから来てるからという理由だけで)
プレゼンテーションもしました。


ニューヨークでは抹茶ブーム。
パリではハーブティーブーム。
ロンドンでは緑茶ブーム。

日本では・・?

サードウエイブという「紅茶ブーム」が来つつあるとか。

その中でも「和紅茶」は和食や和菓子との新しいマリアージュの可能性がありブームが期待されます。

「和紅茶」のペットボトル飲料も出たとか・・

和紅茶と和食、和菓子のマリアージュ・・

追求出来たら楽しそう。

どなたかコラボレーションしませんか?

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-11-17 20:26 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
The Promnardでアフタヌーンティー(ロンドン ドーチェスターホテル)
またまた、ロンドン  アフタヌーンティー編。

ロンドンの老舗中の老舗ホテル ドーチェスターホテルのロビーラウンジ  The Promnardでのクラッシックなアフタヌーンティーです。
c0366777_00430921.jpg
ミントグリーンの食器でセッティング
c0366777_00301659.jpg
オーソドックスなアフタヌーンティーを注文しました。
(シャンパンはつけていません)

外に「シャンパンアイスクリーム アフタヌーンティー」というメニューがありそれを注文している方のテーブルを見ると・・

気絶しそうなくらい可愛いシャンパンカクテルがサーブされていて。。
「しまった〜〜😢」

でも夜もイブニングティーなので控えめに・・
(と言い聞かす。。)

最初にサンドイッチがサーブ。

たくさんトレイで持って来てくださるので必要なだけサーブしてくださいます。
私は、まずは3個。
全部で5種類ありました。
c0366777_00380776.jpg
紅茶は「ドーチェスターブレンド」を💗

サンドイッチを食べ終わったら、またサンドイッチのトレイを持っていらして
「おかわりはいかが?」と・・

「ありがとうございます。もう、結構です。」

というと、サンドイッチのお皿とカトラリーがさげられます。

そしてスコーンとペストリー類が2段スタンドに置かれます💗


c0366777_00454068.jpg
やはりスコーンが絶品だわ〜〜✨

しっとりとでもほろほろと口の中で品よく崩れていく・・

そして、ロンドン在住の友人と娘と3人で楽しく盛り上がっていると・・

こんなものが・・
「きゃ〜〜可愛い〜〜💗」
四種類の味のミニミニソフトクリーム😊

c0366777_00511116.jpg
溶けるので、何回でも持って来てくださるんですよ・・

オーソドックスなアフタヌーンティーメニューにも季節感と遊び心あるスイーツにノックアウトでした。

ここはゆったりとしていて、急かされる事もなくゆっくりお茶できます。

老舗ではリッツが有名ですが、日本人観光客が多く忙しない・・と聞きました。

ロンドンの老舗ホテルでエレガントにゆっくりアフタヌーンティーなさりたい方・・

こちらはとてもお勧めですよ☕

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-09-01 00:56 | 紅茶
ロンドン 噂のsketchでアフタヌーンティー
旅レポ、ヘルシンキとイタリア飛ばして、ロンドンのアフタヌーンティー編。
(だって今すご〜〜くお腹空いてるの・・)

ロンドンの噂のsketchでアフタヌーンティーしました。
c0366777_22353259.jpg

夕方からもアフタヌーンティーの予約をしていたので、ここでお茶するつもりはなかったのですが、オックスフォードサーカスから娘のお目当ての「TOP SHOP」を見て歩いていると

あれま!
これがあの「○型の○○で有名なskech💗」
c0366777_22272533.jpg


私「ね〜寄っていってもいい〜?」
娘「え?夕方もアフタヌーンティーなのに??わたしは飲み物だけね。。」
渋々承知する娘・・

というわけで・・

予約をしていない私たちが通されたのは1階のちょっと薄暗いお部屋。

c0366777_22381812.jpg

メニューは
c0366777_22423845.jpg
ドリンクだけのメニューやアフタヌーンティー以外のメニューも美味しそう。

でもやはり私はアフタヌーンティーを注文しました。


運ばれて来たのは・・
こちら💗(これで一人分です)

c0366777_22205550.jpg
予想外にティーフーズが美味しいのです💗

サンドイッチも凝っていて・・
紙に包んだものはパンがフライしてあり味に変化があり飽きさせません。

c0366777_22454490.jpg
お皿も不思議の国のアリスシリーズで可愛いでしょう?

またまたスコーンのレベル高し・・
しっとりと格調高い食感。
c0366777_22481101.jpg
ただし紅茶がちょっと残念だった・・
(薄すぎるの・・)
これだけレベルの高いティーフーズなのにもったいない。

ともあれこちらのアフタヌーンティーはファッショニスタティー

地下のピンクのアフタヌーンティーのお部屋は満席
c0366777_22574520.jpg
ほとんどが若者で男子率も高し・・
デートスポットなのかしら??


それから噂の・・
これ何だと思われます?
c0366777_22325850.jpg
卵形トイレなんです。
卵の中が個室で中に入ると宇宙通信するような声と音楽が・・
シュールだわ〜

沢山の方がトイレで記念撮影していました。

ロンドンで一番ホットなアフタヌーンティースポットであるのは間違いないし、ポップで可愛いロンドンという街そのもののようなsketchアフタヌーンティー。

行かれるときはぜひ予約してピンクのお部屋に。
そしてトイレも忘れずに💗

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-08-25 23:06 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
アフタヌーンティーレッスン(..
at 2017-10-20 00:06
紅玉とおうちごはん
at 2017-10-16 20:35
有田町でのテーブルコーディネ..
at 2017-10-15 19:52
秋のインスタレーション(有田..
at 2017-10-13 18:57
空きのお知らせ
at 2017-10-11 21:48
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.