Arts de la table
<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
アンティークフェア(福岡岩田屋 新館6F)
福岡岩田屋新館 6Fでのアンティークフェアが始まっています。
今回、スタイリングさせていただいたのは、こちらのテーブル。
c0366777_00025715.jpg

アンティークフェアには、
先日ご紹介しました「銀座のアンティークショップ ティアードロップ」さん
と隣にはアンティークジュエリーのコーナーもあります。
こちらも素敵。。

ロンドンから買い付けてこられたばかりの本当に本当に珍しい美しいものばかりです。

ティアードロップのオーナーさんから「どれでも好きなものを使ってスタイリングしてください・・」と言われた時には嬉しくて夢かと思いました・・

本でしか見た事のない希少なアンティークばかりでしたので。

今回は珍しい「パープル」のティーセットをメインにという事でしたので、薬院のverudure decoの板屋麻美先生に花材のご相談をして・・

ヴォワイヤージュというトルコキキョウのなかでも「エグゼクティブ ラベンダー」という色がこのティーセットと同じでは・・とアドヴァイスいただき・・

そのトルコキキョウをメインにアガパンサスや利休草でアレンジしてみました。
c0366777_23392314.jpg
こちらのティ−セット、イギリス製 メーカーはビショップというメーカーで今はもう窯が存在せず幻の逸品です。(1910〜1920年頃)
華やかでエレガントでこのセットでティ−タイムで出来たら・・と手に入れる方が既に羨ましい・・


こちらはバスケット付きイパーン(純銀製  1906年製)
真ん中は花器で三つ付いているバスケットは取り外しが出来ます。
センタピースとして使うものですが高さがありテーブルがとても華やかに演出できます。
白のトルコキキョウを生け、バスケットにはマカロンを載せてみました。
c0366777_23440301.jpg

シェル型のビスケットウオーマー(イギリス製 シルバープレート 1890年〜1900年初頭)
これは開いたところです。
c0366777_23511778.jpg
通常中をあけると空なのですが、こちらはなぜかエッグスタンドが入っています。
薔薇と竜胆を生けてスコーンを入れましたが、もとはこんな感じ・・
c0366777_23534664.jpg
エッグスタンドが入っているタイプはオーナーさんも初めて見たそうで、イギリス人のディ−ラーさんでさえ見たのは2度目とか。

それ以外に、
ぜひご覧頂きたい希少な逸品はこちらです・・

c0366777_00001904.jpg
こちらは三面開きのビスケットウオーマーです。全面に薔薇の文様、もち手に薔薇のモチーフ、中はヴェルメイユ仕上になっています。

c0366777_00033611.jpg
開くとこんな感じです・・

テーブルは1900年代でまとめたかったのですが、こちらのジョージュアンのティーセットがあまりに美しかったので使いました。

c0366777_00062543.jpg
クリーマーとシュガーポットまで揃います。

他に、個人的にとても気になっているのが、ティーセットのトレーの上にのっている
モートスプーンと
こちらの
ジャム入れです。
c0366777_00082862.jpg
スプーン2本も元からのものです。
こちらも本でしか見た事がなく初めて拝見しました。

オーナーさんが紅茶教室に通われていた事もあり、ティー関係のアンティークが大変充実しています。

30日(火曜日)までの期間限定で、27日(土曜日)は私も売り場におりますのでぜひ遊びにいらしてくださいね。
c0366777_00135197.jpg
沢山の美しいアンティークに触れて嬉しい毎日です。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-26 00:19 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(2)
ボルドー展〜美と陶酔の都へ 内覧会(国立西洋美術館)
今日は国立西洋美術館で明日から公開される「ボルドー展〜美と陶酔の都へ〜」のレセプション(内覧会)へ行ってきました。
c0366777_23055493.jpg
館内の様子・・
c0366777_23071584.jpg
c0366777_23140237.jpg
プレス関係の方々の受付
c0366777_23080382.jpg
さすがに、作品群はプレス関係の方々以外は撮影禁止で画像御見せできません。

レセプションでは、ボルドーワインが飲み放題・・
c0366777_23100002.jpg
いち早く、図録も購入して・・
c0366777_23115683.jpg
お土産物売り場に並ぶのもやっぱりワインです。
c0366777_23131087.jpg
その他のお土産物
c0366777_23145446.jpg

こちらの「ボルドー展〜美と陶酔の都へ〜」明日から一般公開です。

ワイン好きの方、ドラクロワの大作を観たい方ぜひ足を御運びくださいね。

一般に国立美術館系の企画展は利潤を追求していない
からか地味な感じのものが多いですね・・

私はとても楽しかったです。
ワイン好きの方ならもっと楽しかったでしょうね・・

展覧会の感想はまた後日〜



+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-22 23:21 | アート | Trackback(1) | Comments(0)
銀座のアンティークショップ ティアードロップさん
銀座のアンティークショップ ティアードロップさんが福岡岩田屋の新館6F特選食器売り場で6月24日から30日まで期間限定で、出店されます。
c0366777_23135036.jpg
ご縁あって、イギリス
のアンティークのシルバーウエアを使ってテーブルスタイリングをさせていただく事になりました。
テーマは
アンティークのある紅茶のテーブル
です。
ティアードロップさんはヨーロッパ各地からアンティークを買い付けて来られており、そのコレクションは希少で美しいものばかり。。
銀座には実店舗も構えられアンティーク好きの方々のメッカのような存在です。

今回は福岡初出店となるそうです。
先々週にヨーロッパからもどられたばかりで、福岡の催事の為の初披露の品々も沢山ご準備なさっていらっしゃるそうです。
ジョージアン、ビクトリアン、エドワーディアンと年代も多岐にわたり、私も今から拝見するのが楽しみです。

6月27日土曜日は私も1日売り場にいますので、どうぞ遊びにいらしてくださいね。

場所は岩田屋新館 6F 特選食器売り場(ロイヤルコペンハーゲンさん前)
期間は6月24日から30日まで。

ティアードロップさんのブログです。





+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-21 22:47 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
6月のレッスン1日目
6月の紅茶とテーブルセッティングの教室の1日目が終わりました。
c0366777_23433926.jpg
6月はインドから直接茶葉を買い付けていらっしゃる「コンパス」さんのファーストフラッシュの中から今季ずばぬけて出来が良かったという、ナムリン茶園、タルボ茶園、キャッスルトン茶園の三種を飲んで頂きました。

c0366777_23483878.jpg
まずはダージリンの町やクオリティーシーズンなどについてお話しし、
それからテイスティング。
水色や味に付いて紙に書いて頂いてお一人づつコメントを発表して頂きました。
最後にコンパス社長の上野さんが送ってくださったダージリンの街や茶園の写真を拝見しながら、霧の深いダージリンの茶園に思いを馳せました。

ご用意したお料理は
ビーツの冷製スープ  バジルとミントを添えて
c0366777_23531429.jpg
il celoの二叉美知先生のレシピで・・

ズッキーニの花のファルシ・・
c0366777_23550001.jpg
お花の中に車エビとホタテのムースが入っています。

冷製カッペリーニ
c0366777_23580742.jpg
お菓子は ビクトリアサンドケーキ
c0366777_23593991.jpg
エディブルフラワーをのせて、中にはレモンカードと生クリームをはさみました。


こちらは・・
生のライチ・・妃子笑(プリンセスグリーンライチ)という楊貴妃が特にお好みだった生のライチを使って作ったライチプリン。
c0366777_00014813.jpg

スコーンは大納言入りのよもぎスコーンとプレーンのスコーンを作りました。

c0366777_00071185.jpg
手前のギモーブは購入したもの・・リボンでよそ行き顔に・・


テーブルセッティングのテーマは

アンティークのあるテーブル〜芍薬と紫陽花を飾って〜

梅雨の憂さを吹き払うような鮮やかな芍薬と紫陽花にあわせて。。
テーブルウエアも透明感のあるものを選びました。

c0366777_00125112.jpg
アンティークシルバーやアンティークのクリスタル、オールドバカラ・・
リネンはフィレンツェのブサッティ
食器はJ・L・コケー
ロイヤルコペンハーゲンのフローラダニカ

楽しいお喋りにあわせて・・
TWG から。。
JADE DIRAGON
東京限定のTOKYO SINGASPOLE
TEA PARTY

マリアドフレージュから
I have a dream
を飲みながら・・
お喋りは尽きないのでした・・
c0366777_00212401.jpg
土曜日のレッスンまで芍薬、もつかしら・・

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-19 00:28 | 自宅レッスン | Trackback(1) | Comments(0)
ティツィアーノ・ヴェッチェリオ(ルーブル美術館展 国立新美術館)
先日の投稿の「ルーブル美術館展  日常を描くー風俗画にみるヨーロッパの絵画の真髄」・・もう一つの見所とは・・・

フェルメールの「天文学者」以外のもう一つの見所と言えば、展覧会の図録を裏側を見て頂ければ一目瞭然

c0366777_13333432.jpg
そうこちら、ティツィアーノ・ヴェッチェリオの「鏡の前の女」です。

ティツィアーノは日本ではそれほど知名度が高くありませんが

「もしも、イタリアなくしてレオナルドなく、レオナルドなくしてルネサンスなし、と言い、ローマなくしてミケランジェロなく、ミケランジェロなくしてローマなし、と言ってよければ、ヴェネツィアなくしてティツィアーノなく、ティツィアーノなくしてヴェネツィアなしとされる資格は充分ある」と言われています。

つまり
ヴェネツィアのルネサンスを代表する画家  
なのです。

彼はジョルジョーネやベッリーニに加え、ミケランジェロやラファエロの勇壮で古典的な洋式を学び、
その出世作は
1515年から18年に描かれた、ヴェネツィアのサンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ聖堂の主祭壇画「聖母被昇天」
c0366777_13553151.jpg
こちらです。

そうもちろん「風俗画」ではなく絵画ヒエラルキーでは上位に属する「宗教画」「歴史画」に属する絵画。
同じ聖堂の左側廊には、「聖母被昇天」の成功を機に注文された
これまた有名な「ペーザロの祭壇画」があります。
c0366777_13595093.jpg
聖堂の入り口から堂内に進むと正面に「聖母被昇天」左手の先に「ペーザロの祭壇画」が見えてくるそうで、
広大な聖堂内での視覚的効果を追求し、画面を聖堂の現実空間に接続させようとした結果、このような対角線構図がうまれたのだそうです。

これらの作品はヴェネツィアで観る事ができますが、ティツィアーノの作品の多くは国内にはなく、作品を見たいと思えば、スペインのプラド美術館やフィレンツェのピッティ宮辺りに行かなければなりません。

なぜ、ティツィアーノの作品が国内に少ないのか・・


彼の場合は多くのイタリア美術品がそうであったように、
単純に、オナポレオンの略奪として片付けられない
ヴェネツィアルネサンスそのものに原因があったようです。

ルネサンスが花開いたのは、皆様ご存知の通り、主にフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアの三つの都市国家でしたが、

ローマという都市が古代からバロックまでそれぞれの時代の集積であるのに対して、ヴェネツィアやフィレンツェはやはりルネサンスの街である・・言えるのではないでしょうか。
フィレンツェについては先日の投稿で書きましたが、
ルネサンス期のフィレンツェとヴェネツィアは全く違う共和国であったと言います。

フィレンツェでは、メディチ家に代表される商人、ことに金融業者が貴族の地位を手に入れ、事実上の支配者として街を支配しており、そうした有力な個人とその一門が芸術を振興したのに比べて

ヴェネツィアでは芸術の雇い主は個人ではなく共和国でした。
政治を担い国家を運営する貴族たち(ノーヴィレ)、商人とその組合(スクオーラ)。
ヴェネツィアでは個人ではなく団体が芸術の買い手となり、政治と芸術がいわば持ちつ持たれつの関係を築いたと言われています。

フィレンツェとの対比の中で言えばフィレンツェが「頭脳流出型」の都市国家であったのに比して、ヴェネツィアは「頭脳流入型」の都市国家であったといいます。
つまり、たくさんの芸術家が自由な都市国家ヴェネツィアを目指したのです・・

印刷業が栄えたのもヴェネツィアでしたし(言論の自由のないところに印刷業の繁栄もありませんから・・)

ヴェネツィアの共和政体は寡頭政治の名で呼ばれる少数指導型の政体で共和制時代のローマに近い政治形態であり、政体としては専制であったのに・・


どうやって、ヴェネツィア人は自由を満喫しルネサンスが栄えたのでしょうか・・??

この点に関してはあのフランス哲学者のヴォルテールも不思議がっていたと言います。

答えは、ヴェネツィアの指導者たちが守り抜こうとした
『自国の独立』つまり「他国からの干渉の排除」おもに「ローマ法王庁」からの干渉を排除する事、
に徹したことに尽きるでしょう。

無神論者ではないが政教分離主義者である事をライシズムと言い、それを奉ずる国や個人をライコといいますが、ヴェネツィア人くらいライコに徹した国民はなかったそうです。

つまりヴェネツィア人は「自由の尊重」という理念を重んじた訳でなく、
宗教改革や十字軍遠征の例を見る間でもなく、
宗教上のエクスキューズ(いわば言いがかりですよね・・)で領土争いや利権をめぐる抗争に巻き込まれたくない・・
という強い思いがあり、

他国との摩擦を極力さけることで国家を安定させ、繁栄させたいという
「具体的な利権」を考えての自由と独立の堅持であったからこそ、長続きもし市民たちもその恩恵に預かり、芸術は繁栄し、人々はヴェネツィアをめざしたのでしょう。

また、専政制ではありましたが権威と権力が一人に集中しないようなシステムが機能していましたし、富の格差もありましたがそれが固定しておらず敗者復活のシステムも機能しており、戦争で倒れた人の遺族には民間人にも「国民遺族年金」を払っています。
この制度は同時代の他の国々にはないものです。


話をティツィアーノに戻しますと・・

周りの国々となるべく戦争をせず関係を維持し「自由」である為の
ヴェネチアの最高の「外交カード」
それがティツィアーノでした。

ティツィアーノはヨーロッパ各国の権力者たちの好む肖像画家のナンバーワンになっていたので
c0366777_15330461.jpg

上記のように

スペイン王兼神聖ローマ帝国皇帝カルロス5世、
その子で後継者となったフェリペ2世、
オスマン帝国最盛期のスルタン スレイマン一世
ミケランジェロを庇護したルネサンス教皇 パウルス3世まで・・

国内外を問わず招かれ肖像画を書いており
それ故、故郷のヴェネチアでティツィアーノの作品を観る事が少ないのです。

そのような訳でティツィアーノの作品を観るのを楽しみにしていた次第です・・

さてこちらの絵画、
c0366777_15393065.jpg
今まで観てきた彼の作品は「肖像画」「歴史画」などの絵画ヒエラルキー的には上位に属する絵画でしたが、こちらは市井の女性を描いた「風俗画」

実際拝見すると滑らかな肌と豊かな髪の美しさに惹き付けられます。

ですが・・
この「鏡の前の女」の絵の解釈は謎に包まれた部分も多いそうなのですが、複数の寓意的意味が見とれるそうです。
鏡から「真実・懸命・傲慢」
前後2枚の鏡は「移り行く時間」の暗喩
後ろの鏡は彼女の過去を前の鏡は彼女の未来を表すとか・・
手前の鏡が後ろの鏡よりはるかに小さい事から
彼女の余命が短い事を暗示しているとか・・

佳人薄命と言ったところでしょうか・・


1254年に「東方見聞録」を書いて大航海時代に大変影響を与えたマルコ・ポーロもヴェネチア出身でしたが、

岡倉天心が「茶の本」の中で書いていますが、はじめてヨーロッパの人間が書いたもので、「茶」についての記述がみられるのは
ヴェネチア出身の冒険家バティスタ・ラジオムが1557年に記した「航海と旅行」の中だとか。

それから程なく1610年にオランダにお茶がもたらされるのですが・・

かつてのヴェネチアという都市国家の情報量と風通しのよさを窺わせる一例かと思いました。

この「ルーブル美術館展」大変入場者数が多かったにもかかわらず、華やかな作品が少なかったせいかアンケートによる満足度が大変低かったとか・・

私は十分に楽しかったのですが・・

行かれた方、ぜひご感想を御聞かせ願います。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-14 16:09 | アート | Trackback(2) | Comments(0)
インフューズ東京 アドヴァンス 3回
スチュワード麻子先生主宰のインフューズ東京レッスンアドヴァンス第3回を受けてきました。
c0366777_18354586.jpg

今回はベーキングのレッスン。
麻子先生のデモを見ながら、まずはスコーン。
c0366777_18374626.jpg
スコーンレッスンは受けた事がありましたが、時間が経つと自己流になっていた事もあり、再認識した事も。
勉強になりました。
こちらが焼きあがりです。
c0366777_18405800.jpg
頂くとしっとりで口の中がパサパサせず、水分がとられません。

そして、ティーフーズの基本中の基本。
ビクトリアサンドケーキ。
c0366777_18401571.jpg
生地の出来上がりはスポンジケーキとバターケーキの中間くらいの感じ…

この食感目指して復習中ですので、6月のレッスンでお出ししますね。


こちらは岡田美里さんのショールームなのでいつもお顔を出してくださる美里さんと麻子先生のツーショット。
c0366777_18462977.jpg

麻子先生、アシスタントの皆様、
今回もお世話になりました。
また、秋のレッスンを楽しみにしております。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-13 18:51 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
嬉しい贈り物
いただいてとても嬉しかった贈り物。
c0366777_22445705.jpg
大好きな友人のイラストレーター木村祥子さんが贈ってくださった私の似顔絵イラスト。

木村祥子さんは、「福岡県産米 元気つくし めし丸君」のパッケージのイラストや 「あぱぱ」の表紙などで有名な福岡の若手イラストレーター、ナンバーワンの方。
お洒落で高感度…でもとてもいいママ…
兎に角素敵な方です。
私も大ファンなのです。

ネイビーのワンピース、パールのピアス、カサブランカ、、
全て私が究極に愛するものをよくわかっててくださってて…
本当に感激しました。
ありがとうございました。

他にいただいて嬉しかったものは。。
c0366777_22563208.jpg
紅茶教室をしているので…と紅茶色々…
それから
珍しいMAROUのチョコレート、
紅茶に合うブルガリアンローズの蜂蜜。

全て、くださった方のセンスや心遣いが窺われとても嬉しく、
私も、もっと気配り上手にならねば。
と思ったのでした。
+++-------------------------------------------------------------+++   レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-12 22:43 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
7月のレッスンと6月の空きのお知らせ
7月のレッスンの日程と詳細のお知らせです。
c0366777_00314364.jpg
(写真は3月のレッスンの時のものです。)

7月のレッスン

7月のレッスンはアイスティーの淹れ方のデモとお一人づつ淹れ方を実践して頂きます。
アレンジティーのレシピもいくつかデモでご紹介します。
TWGの水出し簡単アイスティーも試飲して頂きます。
夏のお料理とお菓子をご準備します。

テーブルセッティングは夏らしく珊瑚のテーブルで・・

日程
7月16日(木曜日)11時から〜
7月18日(土曜日)11時から〜

8月はお休みです。


6月のレッスン 空きのお知らせ

6月20日(土曜日)11時〜のレッスンに2名キャンセルが出ました。

6月のレッスンはインドから直接茶葉を買い付けているコンパスさんの
インドから届いたばかりのファーストフラッシュをご準備しました。
今季のファーストフラッシュの中でもずば抜けて出来が良かったという3つの茶園から・・タルボ茶園、安定のキャッスルトン茶園、高級シャンパンのような喉越しのナムリン茶園の3種の希少なファーストフラッシュを飲んで頂きます。
それぞれの茶園の写真や詳細情報、茶葉のオーダーも承ります。
お料理やお菓子も季節感にこだわってご準備致します。

よかったら是非ご参加くださいませ。

時候柄みなさまご自愛ください・・
c0366777_00584745.jpg
(写真は4月のレッスン時のものです)

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-11 01:05 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
ブラックアフタヌーンティー(アマン東京)
アマン東京のブラックアフタヌーンティーに行ってきました。

ラグジュアリーなリゾートホテルで有名なアマングループが日本に初上陸したのは今年の4月。

宿泊者しか足を踏み入れる事の出来ないアマン東京もアフタヌーンティーを予約していれば、入る事が出来ます。

ロビーは
c0366777_00321942.jpg
高い天井が印象的・・黒を基調とした和モダンなインテリアですが写真で見るより実際は開放感があります。

ラウンジの様子は・・
c0366777_00364504.jpg
隣の席との間隔が広くプライベート感があります。

テーブルウエアもチャコールグレーを基調としていてとてもシックです。
c0366777_00384316.jpg


こちらがアフタヌーンティーのスコーンとセイボリーなフードのメニューです。
c0366777_00403710.jpg

お茶は何種類でも注文でき途中で変える事も出来ました。


セイボリーなフードがとても凝っていて、サンドイッチのパンは竹炭入りでした。
c0366777_00490193.jpg

こちらはシャンパンゼリーのようなもの上に載っている帽子ももちろん頂けます。
c0366777_00475483.jpg
c0366777_00510986.jpg
黒い三段スタンドで運ばれてきます。
三段スタンドの右下にスコーンが見えますが、プレーンと大納言入りのヨモギのスコーンです。


スイーツは・・
c0366777_00542345.jpg
チョコで出来たダイアモンドは蓋を開けると中にマシュマロのようなものが、チョコのバッグの中にはブルーベリーとピスタチオが入っていました。


c0366777_00562260.jpg
チョコレートのハイヒールはバックルまで細工が繊細で食べても美味しく感激でした。

私たちはソファー席でしたが、
こちらの高層階からの展望を楽しめる席も少人数ならいいかもしれません。

c0366777_00581892.jpg
ブラックアフタヌーンティーの名にふさわしい黒いテーブルウエアとフードのアフタヌーンティー・・この空間で極上のサービスを考えるとコスパも高く、とてもお勧めです。

アマンリゾートは随分昔にバリ島のアマンダリに家族で泊まったきりでしたが、東京という都会の真ん中にできてどうなのかしら・・
と思っていたのですが・・

海外から訪れたゲストや私たちのような地方からのゲストから見れば・
アマン東京の窓から見下ろす東京は これまたリゾート(非日常)なのだわ…
と思ったのでした。

「Lost in translation」の映画の世界・・・



+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-10 01:15 | 紅茶 | Trackback | Comments(2)
NARISAWA
青山の NARISAWAが「世界のベストレストラン50」に7年連続で選ばれましたね。
しかも今回は8位入賞。
素晴らしいです。
誠におめでとう存じます。

私も大好きなレストランです。
写真は今年の一月に伺ったときのランチの様子です。
c0366777_00192598.jpg
c0366777_00172373.jpg
c0366777_00204336.jpg
c0366777_00221706.jpg
c0366777_00232182.jpg
c0366777_00243501.jpg
c0366777_00255672.jpg
c0366777_00265103.jpg
c0366777_00275705.jpg
自然と対話なさって創作なさる料理は独創的かつ挑戦的。
でもとても楽しく美味しい・・

目の前でパンを焼いてくださったときの感動が今も忘れられません。

シンプルなインテリアと控えめな接客もスノビッシュで好みです・・

青山のビジネス街という土地柄なのか「世界のベストレストラン」にランクインしているからなのかランチタイムも夜も欧米系のビジネスマンが多いですね。
そこが有閑マダムの園と化しているロブションさんとの違いかしら・・

「世界のベストレストラン50」日本からは他には日本料理の「竜吟」が28位にランクインしていました。
おめでとうございます。

ちなみに・・世界一のレストランはイケメン3兄弟で経営しているスペインの「エル・セジュール・ド・サン・ロカ」が2年連続で受賞していました。

いつか、行ってみたい・・・
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


[PR]
by artstable67 | 2015-06-03 00:52 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサー。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
おうちごはん(お弁当編)
at 2017-03-27 20:01
由布院へ
at 2017-03-26 12:29
今朝の朝食(マイセンの黄色の..
at 2017-03-25 12:22
おうちごはん(ちらし寿司と鯛..
at 2017-03-25 01:35
(香港最古の茶室)陸羽茶室へ
at 2017-03-21 02:01
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.