Arts de la table
<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
10月のレッスン(最終日)
10月のレッスン最終日でした。
c0366777_21085117.jpg

c0366777_19191117.jpg


1日目と2日目とはガラッとテーブルスタイリングをチェンジ。

真ん中にランナー代りに敷いているのは実は私が成人式の時に使った龍村の帯。

その色に合わせて、赤い和蠟燭、赤いお皿そして黄色の菊を配します。

仕上げは、ヴェルデュ−ルデコの板屋麻美先生にお願いした和花のテーブルアレンジ。

c0366777_19232884.jpg


白いダリアやカラーとスプレーマムでイメージ通り!!

金曜日の生徒さんにしか見て頂けないのが残念です・・




今回のテーマは和食と和菓子と紅茶のペアリング(マリアージュ)
ご用意した紅茶は4種類。
c0366777_21174428.jpg
こちらは2014年マカイバリ茶園のシルバーニードルズのセカンドフラッシュ。
その年のコルコタのティーオークションでそれまでキャスルトンが持っていた
記録を打ち破って史上最高値を更新した希少なお茶です。

こちらの何故こんなに希少かと言いますと・・

夏至の直前の満月の夜、午前12時01分から午前三時までの間におよそ500人の女性が一斉に茶葉を摘んだことによるとか・
マカイバリ茶園の園主ラジャ・パネジー氏によると「満月の晩に摘み取られた茶葉は特別なお茶になる・・」とのこと。
そしてこちらの茶園ではバイオダイナミック農法により栽培が行われております。
新芽を中心に摘み取られているので茶葉の様子はホワイトティーのよう・・・

抽出時間は3〜5分ですが、3分位で渋みのでない段階で抽出をとめて、鼻孔に広がって行くフラワリーな香りを楽しむ飲み方が美味しいですね・・
お菓子などと合わせるときは抽出時間を長くして渋みを引き出してもいいかもしれません。

それからクオリティーシーズンのセカンドフラッシュからシーヨック茶園とナムリン茶園のもの・・

こちらシーヨック茶園のダージリンセカンドフラッシュ
c0366777_21410365.jpg
これぞダージリンの水色とマスカテルフレーバー
でありながら、くせのない爽やか渋みが鼻に抜けて行きます・・
和食とも本当に合いました・・

ナムリン茶園のセカンドフラッシュ
c0366777_21413373.jpg
時間が経つとともに甘みが増してくる不思議なお茶です。

そして最後がチャモン茶園からファーストフラッシュ。
c0366777_21503047.jpg
こちらは渋みと甘みのバランスがとれすっきりとしたややグリニッシュな味・・

和食にも和菓子にもよくあい、今回のレッスンでも一番人気でした。

これらの紅茶はすべてインド紅茶を直輸入している友人の運営するコンパスのサイトで購入することが出来ます。

コンバスさんのオンラインショップはこちら・・

お出ししたお料理は
c0366777_21570697.jpg
手前から・・
海老しんじょう
鯛の押し寿司
海老の押し寿司(向こう側にちらっと写っている)
一番上の写真に写っているお椀の中身は
蓮根のすり流し

押し寿司は料理研究家青柳裕子先生のレシピです。
押し寿司の型も購入しちゃいました・・
c0366777_22003407.jpg
御用意した和菓子は・・
c0366777_22020155.jpg
手前右・・桜坂 五島の生菓子
点前左・・友人の経営する 博多運盛の 銀杏薯蕷饅頭

お膳の上・・岐阜県すやの栗きんとん
c0366777_22050387.jpg
こちらは銀座 HIGASHIYA より林檎とニッキの道明寺寄せ。

それから・・
宮城県仙台市の霜ばしら
溶けやすいので冬季限定販売なんですよ(10月から3月)
c0366777_22123217.jpg

私が作ってお出ししたお菓子は・・
黒ごまプリン
c0366777_22072994.jpg
黒蜜をかけて枸杞の実を載せて頂きます。
手前は花園まんじゅうのぬれ甘納豆です。

紅玉のタルト(コムラフランスで今月習ったものです)
c0366777_22104342.jpg
クオリティーシーズンやティーオークションについて説明した後、テイスティングシートを書いて頂きながら試飲&試食タイム。

最後に基本のフルーツティー(アップルティー)とスパイスティー(シナモンティー)を実習して頂きました。
(これは写真を撮り忘れました・・此の時の写真を撮っていらっしゃる方おしらせください)

今日のレッスン風景・・
デジャヴュ感があるのは先月と全く同じ配置でご着席の為・・😊
今日も賑やかです・・
話題はクリスマスパーティーやお子さんの大学受験についてまで様々・・

c0366777_22195405.jpg
c0366777_22205812.jpg
今月もご参加いただいた皆様ありがとうございました。
来月もお待ち申し上げております。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-30 22:32 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
10月のレッスン(1日目と2日目)
10月のレッスン2日目が終わり、残すところ後一日・・
今月は和食と和菓子と紅茶のペアリングです。
c0366777_05292166.jpg
リネンはボービレイのトプカピのグレー、食器は有田焼の今衛門、柿右衛門、紀州塗りの重箱などを使いました。

c0366777_06051995.jpg

レッスンやお料理の詳細は後日アップ致します。

一日目のレッスン風景・・
娘の高校時代の同級生のお母様方なので大変盛り上がりました・・
c0366777_05354789.jpg
c0366777_05363150.jpg
c0366777_05373440.jpg
デモストレーションのときは皆さん真剣そのもの・・(私も?)
c0366777_05400609.jpg
レッスンの2日前も東京そして此のレッスン終わって
次の日から東京というハードスケジュールだったため・・

帰ってきて、木枯らし一番、冬一番で風邪をもらってしまいました。
たいした風邪ではないのですが、風邪ってきついですね・・
皆様もご自愛ください。

そして昨日のレッスン風景
c0366777_05463674.jpg
c0366777_05472580.jpg
c0366777_06020581.jpg
初顔合わせでも和気藹々、途中から私もお話の中に参加させて頂き・・生徒さんがおっしゃってた霊感ではなく実証型のすご〜〜くよく当たる?占い師さんの話に皆さんと聞き入ってしまいました。

金曜日はガラッとテーブルをかえてお待ちしております。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-27 06:05 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
デンマーク大使館レセプション
デンマーク大使館で開催されたデンマーク王室御用達の毛皮ブランドBIRGER CRISTENSENの新作発表会のレセプションに伺いました。

駐日デンマーク大使夫妻より招待状がとどきます。
c0366777_17010169.jpg
c0366777_17015465.jpg
代官山の蔦屋書店の斜め前辺りに普段は固く門が閉ざされている大使館。

今日はオープンしています。
c0366777_13384594.jpg


c0366777_17041198.jpg

残念ながら、館内は撮影禁止でした。
入り口で
迎えてくださった、大使夫人が美しくてエレガントで思わず見惚れてしまい、ご挨拶がぎこちなくなってしまいました…
北欧テイストのインテリアと灯篭のある日本庭園が不思議と調和していて素敵でした。

大使館お抱えシェフによる、フーズも大変美味しく、素敵な出会いもあり、夢のようなひと時でした。

帰り際、フレディデンマーク大使とご一緒させていただいた方々との記念の一枚です。
c0366777_17101601.jpg

お土産に可愛いファーのチャームをいただきました。
c0366777_17112828.jpg
まさに、別世界夢心地の時間でした。

ご招待いただき、ありがとう存じました。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-23 16:54 | Trackback | Comments(0)
MAME'S コーヒー
たまにはコーヒーの話です・・

新宿伊勢丹の5FリビングフロアーのMAME'コーヒーさんの期間限定ショップに行ってきました。

こんな濃いめの顔の店主が極上のコーヒーを淹れてくれます。

c0366777_17300310.jpg
実は彼は大学時代の同級生・・30年ぶりくらいの再会でした。

選りすぐりの農園から豆を仕入れこだわりの焙煎をしている「MAM'E'S コーヒー」の椎名 香君は、吉永小百合さんの映画でのコーヒー抽出シーンを指導したことで有名になり、同級生が見つけたのです。

MAME'Sさんのオンラインショップ
http://www.mames.jp

朝用、昼用、夜用のブレンドパックも見逃せません・・
c0366777_17370066.jpg
こちらでは、もちろん商品の購入が出来ますが、椎名君の淹れてくれるコーヒーが飲めるのは、来週火曜日まで。

11月末にはまた新宿伊勢丹さんに入るそう。

お近くの方はぜひ・・

福岡ではソラリアプラザにオープンしたDEAN and DELKA で購入できます。

彼が福岡の為にブレンドした「FUKUOKA ブレンド」はすぐに完売したそう・・

季節限定の「オータム ブレンド」を飲んで、わずか30分の再会でしたが、今日は帰りの便に絶対乗り遅れたくなかったので、新宿伊勢丹を後に・・

椎名君の淹れてくれた一杯のコーヒーは、

最近、心配事続き・・時間もなく慌ただしい毎日ですっかりこわばっていた心まで・ほぐしてくれました。

美味しい紅茶もそうですが、極上のコーヒーもやはり余韻が素晴らしいし、疲れた心の隅々に沁み渡って行きます・・

そんな一杯を私も淹れたいな・・と思ったのでした・・



あれ?丸ノ内線、乗り過ごして東京駅まで来ちゃいました。

(無事にフライトに間に合って福岡に帰り着いています。)


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-18 18:11 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ミラノスカラ座
夏休みのことですが、ミラノスカラ座でプッチーニの「ラ・ボーエム」を観ました。
c0366777_01084727.jpg
前日にヴェローナのアレーナで「ロミオとジュリエット」を観て連日のオペラ鑑賞・・私は嬉しいのですが、子供達は連日の移動の疲れもあり、乗り気ではありません・・

(ここはミラノスカラ座よ〜〜)

ミラノスカラ座は
パリのオペラ座(いわゆるオペラ座で通っているガルニエ座ではバレエ公演しか上演されずオペラを観るなら、バスティーユ座にいかなくてはなりません。)

(→このように投稿しておりましたが、バレエやオペラに詳しい方々からご指摘ありまして・・・
現在ガルニエ座でもバスティ−ユ座どちらでもバレエ公演オペラ公演が行われているそうです。訂正申し上げます。
今、HPを拝見しましたが、オペラに関して言えばヴェルディやプッチーニなどの古典的なオペラはバスティ−ユ座で、ガルニエ座ではバルトークの青ひげ公爵などが上演されているようです。
詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。↓

ウィ−ン国立オペラ座(こちらはモーツアルトの没後200年のフェスティバルの折に訪れ、「フィガロの結婚」をみました。)

と並んで三大オペラ座と言われています。
伝説のソプラノ歌手マリア・カラスが活躍したことでも有名ですよね。

気を取り直して・・腹ごしらえ・・
c0366777_01261059.jpg
観劇前はゆっくり食事する間もなく、スカラ座横のトラサルディカフェで簡単に済ませました。
場所柄これからオペラを見に行く着飾った人たちで満席でした。

さていよいよスカラ座へ・・

c0366777_01282575.jpg
c0366777_01295412.jpg
c0366777_01312827.jpg
流石に壮麗です・・
c0366777_01321731.jpg
幕間にシャンパンや軽食などが頂けます・・
c0366777_01332773.jpg
日本人が海外でオペラに行く場合、ドレスコードが気になるところですが写真を見て頂いたらおわかり頂けると思いますが、初日などのガラでもない限り、男性は襟付きシャツとスラックス、女性はドレッシーなワンピースがスタンダードな感じでした。

カーテンコールの様子・・
c0366777_01393166.jpg

有名なムゼッタの「私が街を歩けば・・」のところで・・もうすでに胸が一杯でした・・・

オペラ終演後のスカラ座の出入り口の様子・・

c0366777_01413812.jpg
余韻に浸りながら、ガレリアを歩きます・・

c0366777_01425831.jpg
オペラは始まる前の胸の高まる時間もいいのですが、優雅なる余韻に酔いしれながら帰路につく時間は、華やぎの中にも少し切なく・・
格別の時間なのです・・

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-10 01:56 | オペラ | Trackback(1) | Comments(0)
10月〜12月のレッスンのご案内
10月〜12月のレッスンスケジュールです。
今日はこの秋はじめて床暖房を入れました。今年も終盤に入ったことを実感した
一日でした。紅茶の美味しい季節でもあります。

10月
和食と和菓子と紅茶のペアリング。和のテーブルで。
c0366777_19581135.jpg
紅茶は インド紅茶の輸入会社 コンパスさんよりダージリンセカンドフラッシュはシーヨック茶園とナムリン茶園のものをご準備しました。
それから、コルコタのティーオークションでこれまで、キャスルトン茶園が持っていた記録を更新した、世界最高値の紅茶マカイバリ茶園のシルバーニードルズをコンパスさんが特別に分けてくださったものを飲んで頂きます。
わたしも頂くのが今から楽しみです♪
今月の実習は簡単スパイスティーです。

6月に御出ししたコンパスさんの紅茶↓

c0366777_19375999.jpg
コンパスさんのHP→http://www.tao-compass.com

10月21日(水曜日)11時〜満席
10月26日(月曜日)11時〜満席
10月30日(金曜日)11時〜満席

11月
イギリス式のスコーンレッスンです。
c0366777_19562062.jpg
スコーンのレシピもさまざまで、パン屋さんで売られている限りなくパンに近いもの、ケーキ屋さんで売られているクッキーに近いもの・・はたまたパイ生地に近いものまでありますが、今回はINFUSEのレシピで、口の中の水分をとらないしっとりしたイギリス式スコーンを実習して御持ち帰りいただきます。プレーンとサルタナレーズン入り、そしてセイボリー(甘くない)なスコーンにはキャビアを一緒に食べていただくご提案を致します。
紅茶はクオリティーシーズンのものを検討中です。
11月24日(火曜日)11時〜
11月26日(木曜日)11時〜

12月
クリスマスティーの飲み比べ
c0366777_20140809.jpg
クリスマスのシーズンは各ブランドがこぞってオリジナルのクリスマスティーを発表します。それを飲み比べながらクリスマスプディングを頂きます。
実習は検討中です。
今回はティーパーティー形式で・・
テーブルセッティングはもちろんクリスマスです💓
    12月15日(火曜日)11時〜(満席)
12月17日(木曜日)11時〜 (満席)

深まる秋に向かって紅茶の美味しい季節です。
皆様のご参加を御待ち申し上げております。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-07 20:16 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
ドゥカーレ宮殿①
旅行から帰ってきて時間が経ち・・
子供達とも訪れた街でどこが良かったかという話になると・・

三人口を揃えて「やっぱりヴェネツィア!」

滞在しているときよりも、帰国して思い出すにつけてより恋いこがれてしまう街なのです・・
そんな魔力を持つヴェネチアの政治の中心だったドゥカーレ宮殿について・・

ドゥカーレ宮殿には2日間にわたって、ツアーに参加しました。

(結局2日間とも親子三人で貸し切りでしたので、色々質問も出来てとてもラッキーでした。)

今回はドゥカーレ宮殿の概略と美術面のレポです。

ドゥカーレ宮殿はサン・マルコ寺院とともにヴェネツィアという都市のシンボルであり、サン・マルコ寺院が「総督(ドージェ)の礼拝堂」である一方で、
元首官邸・議事堂・内閣府・裁判所そして監獄までも兼ね備え、ヴェネツィアの統治機構のすべてを含む巨大な建造物なのです。

(監獄については2日目に別のツアーに参加したので、次回に詳しくレポします。)

810年に元首の居城として建造され、当初は堅固な城塞の様であったといいます。
1172年、それまでの要塞型の形態からポルティコ(列柱廊)とロッジア(開廊)を備えた開放的な邸館建築に生まれ変わりました。
14世紀に岸辺に向かって新らしい翼が増築され、15世紀半ばにほぼ現在の形になったと言います。

南側を海に、西側はサンマルコ広場に面しており、その明るく洗練された外観は船で海からヴェネツィアに到着するときも、もっとも目立つのがこの建物なのです・・

これは海側からみたドゥカーレ宮殿
こちら側に入り口があります。
c0366777_23291158.jpg
入り口を入ると広い中庭(「元老議員達の中庭」)がありそれを建物が取り囲んでいます。
こちらはその中庭に面している「巨人の階段」
1483年〜85年にアントニオ・リッツオが築いたそうです。
c0366777_23341858.jpg
ドゥカーレ宮殿はたびたび火災に会い、とくに1574年と1577年の大火災によってベッリーニ、ジョルジオ−ネ、ティツィアーノといったいわゆるヴェネツィアの国力の絶頂期(正確に言いますと、ジェノバと休戦条約を結んだ1381年からトルコとの戦闘が再開される1498年まで)の画家達の作品がドゥカーレ宮殿から永遠に失われてしまいます。

それ故にドゥカーレ宮殿ではヴェネツィアの絶頂期(美術史的にはルネサンス)の作品を見ることはできません。

その代わり、このような不幸にくじけることなく、ヴェロネーゼやティントレットといった巨匠を招き大評議室を中心として装飾作業が再開されます。

今回はこのヴェロネーゼとティントレットの作品を中心にティツィアーノとティエポロにも触れていきます・・

こちらは「四扉の間」
元老院の間やシニョリアの間に行く為に通過する部屋や控え室として使われていました。

c0366777_00134919.jpg

天井画の真ん中にある長方形の絵はヤコボ・ティントレットによるもの。
1578年つまり火災以降に制作した、ヴェネツィアの支配下にある都市や地方の象徴的な絵や神話を題材としたフレスコ画です。

左手の壁の絵画は・・

なんと・・ここドゥカーレ宮殿にある唯一のティツィアーノの
「信仰の前にいる総督アントニオ・グリマーニ」
c0366777_00212947.jpg
ティツィアーノの作品は先日の投稿でも書きましたが、ヴェネツィアには殆ど残っておらず此の地で見られるのは非常に希少です。

そして、「四扉の間」のもう一つ見逃せない作品は
天井画のこちらからみて一番正面にある
「ヴェネツィアに海の恵みを与えるネプチューン」こちらはヴェネツィア最後の巨匠といわれた18世紀の画家ティエポロによるものです。
こちらも非常に有名な絵画で、ヴェネツィアを紹介する本には度々紹介されています。
右の女性はヴェネツィアを具現化しており(左手にいるライオンが聖マルコの寓意)、海の神であるネプチューンから金銀財宝を受け取る姿は、ヴェネツィアが海洋貿易によって恩恵を得ていることの寓意画なのです。
c0366777_00412598.png

次に・・
「閣議の間の控え室」
大使や代表団が内閣に謁見されるのを待つ為に使われた、迎賓控え室です。

こちらは天井画
中心の六角形の絵画はヴェロネーゼによるもの。
此の少しグリーンがかったブルーはまさにヴェロネーゼブルー。

c0366777_01073098.jpg

本当に美しくて心奪われます・・
かのナポレオンはヴェネツィアを攻略したときヴェロネーゼの作品がたいそう気に入りたくさん略奪していったそうですが、こちらは天井画だったため、断念したそう・・
よかったよかった・・
こうやって、後世の旅人である私たちがその美を堪能する恩恵に浴せるのですから・・

ヤコボ・ヴェロネーゼについて補足しますと・・
ヴェロネーゼ(1528〜88)は希有のカラリストといわれ、ヴェローナで生まれそこで修行します。
1555年までにヴェネチアに移住します。
今回は通らなかったのですがあの恐れられていた10人委員会の間を装飾したことでも有名です。
ティツィアーノも大変ヴェロネーゼを気に入っていたと言います。
ヴェネツィア絵画史の中での位置づけはジョバンニ・ベッリーニが15世紀に起こし、
ティツィアーノに引き継がれることになる色彩主義というヴェネツィア絵画の正統派の流れに比べ、ヴェロネーゼは独立した、個人的なやり方を提案します。
つまり、国家イデオロギーと結びついた古典的パラダイムが、マニエリズム的な様式と合体するのです。
ヴェロネーゼの画風は2世紀後の18世紀にティエポロによってリバイバルしヴェネツィア最後の美を生み出す原動力となっていきます。

さて・・
写真に撮り忘れましたが、壁面はティントレットの絵画で埋め尽くされています。
(すっかりヴェロネーゼの作品に見とれておりました・・)


そしてこちらは
「閣議の間」
国家の行政と代表行為を行っていた大審議委員会と共和国執政府の会議に使われていました。
此の部屋の天井も壁もヴェロネーゼ・・ヴェロネーゼ
わ〜〜〜!!
こちらの透明なブルーも美しい・・
c0366777_01195785.jpg
こちらはヴェロネーゼの「レパントの海戦の勝利を感謝するセバスティアーノ・ヴェニエル」
c0366777_01211111.jpg
レパントの海戦は1571年10月7日にスペイン、ローマ教皇、ヴェネチアの連合軍がオスマン帝国を破った戦いですが、ドゥカーレ宮殿にはこれのみならず、コンスタンティノープルの陥落など、ヴェネチアの歴史的勝利の瞬間を表した絵画で埋め尽くされています。

そしてこちらがドゥカーレ宮殿の一番の見所である
「大評議会室」
此の部屋は1474年からベッリーニ兄弟以下、ティツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼらによる油彩壁画が制作されていましたが、完成直後の1577年の火災ですべてが消失してしまったそうです・・
もったいなさすぎます・・
その後、装飾作業が行われて現在の姿になりました。

c0366777_01280706.jpg
最大の見所にして最大の部屋・・2000人も収容できるキャパシティーがあります。
此の部屋のみどころはなんといっても
ティントレットの「天国」です。
c0366777_01340222.jpg
こちらは世界一大きな油絵だそうです。
う〜ん、迫力がありますね〜

パズルのように手分けしてティントレットやその息子や弟子達によって描かれた
絵画を組み合わせてこんなに大きな作品に仕上げたと言います。
近くで見ますと・・

人物が書かれている陰の部分とそれ以外の光の部分のコントラストが非常にわかりやすいですね・・
・・とてもドラマチックな印象です。


ティントレットについても補足しますと・

ヴェネツィア生まれで(1518〜94)バロックの先駆者と言われますが・・
劇的な構図と鮮烈な色彩、強烈な明暗や生き生きとした筆触がバロックの先駆者といわれる所以だとか・・
この画家もティツィアーノと同じく晩年まで筆力が衰えず、おびただしい数の作品を制作し、ヴェネツィアでもっとも頻繁に目にする画家なのです。
この「天国」もそうですが、息子や娘も画家となり大きな工房を構えたため、工房作も多いとか・・

この「天国」実はヴェロネーゼがフランチェスコ・バッサーノと共同で描くはずだったのですが、ヴェロネーゼが没してしまい、かわりにティントレットが息子や弟子達と描いたそうです。

で・・こちらは天井画。
ヴェロネーゼの「ヴェネツィアの勝利」
またまた、ヴェネツィアが女性として描かれ(天使に戴冠されている)美徳に囲まれたヴェネツィアの礼賛が象徴的に描かれています。
やはりブルーが美しいです・・

c0366777_02001308.jpg
ヴェネツィアの美術について総括するならば・・

ティツィアーノをはじめ、ジョバンニ・ベッリーニ、ティントレット、ヴェロネーゼら巨匠達の活躍によって、ヴェネツィアはローマに匹敵する美術の中心地となり、同時代のパオロ・ピーノやロドヴィゴ・ドルチェの批評によって「ローマの線描に対するヴェネツィアの色彩」という図式ができます。
素描より色彩を重視するヴェネツィア絵画は輪郭線と色彩が溶解するようなティツィアーノの表現主義的な晩年様式で頂点に達したと言われています。
20世紀のアメリカの批評家クレメント・グリーンバーグはこうしたヴェネツィア派の絵画性はそのごの西洋美術に脈々と受け継がれ、20世紀の抽象主義に至るという系譜を示唆しそれを「ヴェネツィアン・ライン」と名付けています。
つまり「ヴェネツィアの色彩」は現在に繋がる絵画の可能性を内包していたということなのでしょう・・

個人的には・・ナポレオンではないのですが、ヴェロネーゼが大好きです。
とくにグリーンがかったヴェロネーゼブルーが・・

次の日の夜、オペラを見に訪れたファニーチェ劇場の天井・・

c0366777_02410395.jpg
ここにもヴェロネーゼブルーが!!

オペラの舞台も鮮やかな色彩に溢れていて且つ耽美的な演出・・
すっかり、ヴェネツィアンマジックにかかってしまうのでした・・

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-04 23:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
お菓子教室(Comme la France)
お菓子教室でタルト オ ポンム(紅玉のタルト)を習ってきました。
c0366777_21161308.jpg
この時期しか店頭に並ばない紅玉を使ったタルトです。

c0366777_21180890.jpg
購入したら、ラップに包んで保存するとパサパサにならないそうです。

タルトの中に敷き込む紅玉のコンフィチュールももちろん作ります。
c0366777_21192173.jpg
パート シュクレの生地の敷き込み方も・・

改めて・・納得・・
c0366777_21203217.jpg
薄〜くスライスした紅玉を沢山載せて焼きます。
c0366777_21223466.jpg
焼き上がりました。
美味しそ〜〜〜
c0366777_21251587.jpg
テーブルスタイリングがハローウィンですごく素敵〜〜

先生も美人でお茶目で素敵な方なんですよ・・

c0366777_21271065.jpg
しかもテーブルクロスはボーヴィレのアルネ!
先生は色違いで3枚もアルネをお持ちだそうです・・

私もアルネ欲しい。。
c0366777_21290293.jpg
ナプキンもアルネで揃ってる〜
c0366777_17500245.jpg
試食タイム
c0366777_21312809.jpg
ヴェルデコの麻美先生のアレンジもぴったりです。
c0366777_21331264.jpg
帰り際、レッスン袋を見て先生曰く・・

「あれ?山野さん。タルト オ ポンム習ってますよ??」

きゃ。
まさかの重複受講・・
またまた、やってしまいました・・
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-03 21:38 | お稽古 | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
氷艶2017 破沙羅(国立..
at 2017-05-23 22:32
しくじり先生(宮川一朗太)
at 2017-05-22 15:06
ディオール カフェ(Ginz..
at 2017-05-19 19:59
美術館巡りと鯛茶漬け
at 2017-05-18 19:58
ふるさと宅配便(誕生日編)
at 2017-05-17 14:57
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.