Arts de la table
<   2016年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
クリスマスおうちごはん
Merry Christmas🎄

今日の福岡は快晴で、暖かい一日となりました。

皆様は、どんなクリスマスをおすごしですか?

我家は・・娘は明日帰省するのですが、

息子が帰省したので・・

クリスマスのおうちご飯です。

生徒さんのNさんから頂いたDEAUTS のロゼシャンパンをロワイヤル・ド・シャンパーニュのグラスに入れて・・頂きます。

(Nさん、ありがとうございました!)
c0366777_22515356.jpg
ロワイヤル・ド・シャンパーニュのグラスはステムの部分から泡が立ち上り・・とっても麗しいのです・・
シャンパーニュ用のビスキュイを浸して頂きます。

(ちなみに・・ロワイヤル・ド・シャンパーニュのグラスはベルサイユ宮殿の鏡の間のガラスと同じものなんですよ💗)

c0366777_23223542.jpg

今日のメニューは・・

前菜は  自家製豚のテリーヌ
     ズワイガニのタルタル
スープ  坊ちゃんカボチャのスープ
メイン  豚のバルサミコロースト
(バルサミコ酢とプルーンとメープルシロップの甘いソースをかけて頂きます)
パスタ  広島産天然牡蠣とドライトマトとクレソンのパスタ 
デザート クリスマスフルーツケーキ(1ヶ月前から熟成させたもの)
紅茶   Betty's のクリスマスティー

c0366777_22575664.jpg




 テリーヌの材料
(フォアグラが売っていなかったのでレバーで代用💦)

c0366777_23002108.jpg
  
パスタの材料

(広島産の天然牡蠣はなかなか手に入らないので生食したかったのですが、季節的にノロが流行っているので火を通すパスタにしました。)
c0366777_23013745.jpg
今日のお花は・・
ブルゴーニュという名のカップ咲きの薔薇。
とっても愛らしいの。
c0366777_22591026.jpg
明日は娘が帰省し、ようやく家族全員が久しぶりに揃います・・

皆様も、素敵なクリスマスナイトをお過ごしくださいませ・・⭐


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-25 23:10 | おうちごはん | Trackback | Comments(0)
2016年を振り返って・・
今日はクリスマスイブ、そして今年も残り僅かとなりました。

今年一年を振り返って・・


皆さんにとってはどんな一年でしたか?

私にとって今年は・・まさに「巡礼の年」でした。

故郷である香川県を父と訪れ、実家の造り酒屋と金比羅宮を訪れたこと・・

夏のヘルシンキから始まる子供達とのヨーロッパ旅行・・


私は・・旅行(旅)が大好きなのですが・・・


いつも個人旅行なので、

かなり行き当たりばったりな旅行です。

エアーとホテルと現地のツアー位は予約しますが、

それでも不測の事態がたくさん起こります。


ヨーロッパへはいつも個人旅行で、

飛行機が到着した都市から自由に地図に線を引いてくところからプランニングを始めます。

そこに直行便が飛んでいるのかを調べ、

乗り継ぎ便の所要時間は・・

格安だと乗り継ぎだけで丸一日かかったりするので、時間を優先したり。

ローマのフィロミウチーノ空港からヒースロー空港までの飛行機は搭乗してからなかなか飛ばなくて、

2時間遅れでやっとヒースロー空港に無事着いた瞬間に機内から湧き上がる拍手。

(イタリア人はやっぱり明るい)

鉄道のチケットも自分で手配しますが、今年はまさかのイギリス国内のチケットの手配ミス。
(チケットの日にちが1ヶ月前💦)

でも捨てる神あれば拾う神あり。。

時間も迫って来て発車ぎりぎりのロンドン パディントン駅を大型スーツケースを

3つ(アンティークを詰め込み過ぎ)も引きずりながら(すぐ横にスーツケースを持っ

た人用のスロ−プがあって娘は悠々とそこを降りているのに

私は気がつかないで)

駅の階段を転びながらガタガタ降りている

そんな私の荷物を

さっと抱えて、プラットフォームまで下ろしてくれた紳士。


そして自由席車両しか空いていなくて、段差のある列車の入り口でまたもや

ふらふらしている私の荷物をさっと抱えてあげてくれたのは・・

赤ちゃんを抱えたジプシー風?の女性。

(移民問題はイギリスでは深刻な問題だけど、ここでは移民だって民度が高いの)

ほぼ満席の自由席車両・・

娘と別々に座っていたら、席を代わって、娘と隣に座れるようにしてくれた若夫婦。

(ああ・・やっぱりイギリスって大好き〜〜😢

待っててくれる友達もいるし・・💗)

それからデボンシャーで4日間を過ごし、

大好きなウイルク夫妻が見送ってくれるプラットフォームから列車に乗り込むと、

まるで前世からの約束のように確かな手つきで娘が列車の出入り口の窓を降ろし、

そこから二人で顔を出して、ウイルク夫妻が見えなくなるまで涙ながらに

手を振ったエクセター駅。

ヘルシンキから始まってエストニアのタリン、パリ経由、ナポリ、カプリ、ローマ、ロンドン、エクセタ

ー、ロンドン、ヘルシンキ経由で福岡に戻ったのですが、

色んな都市を短期間に移動すると、その都市の色(特色)が本当によくわかります。

ヘルシンキは色がない・・・あえていえば透明な街

(計らずも、ヘルシンキが村上春樹の「色彩のない田崎つくると巡礼の年」でいうところの最終到達地つまり「巡礼」の地であったことに多大な影響を受けた事は否めませんが、この本を手にしたのさえ、必然であったと思ったのでした。)

パリは華やかでエレガント

ナポリは明るくて田舎で乾いたデカダンスの香り

カプリは素朴さと洗練とが共存するゴージャスな別世界
(リゾートとはゲストが作るものと納得した次第)

ローマは歴史が幾層にも重なっている街・・歩いているだけで映画の登場人物になった気分。

ロンドンは。。流行を発信する場所。ポップで可愛い街。

旅をすると自分の日常を客観視でき時には人生を総括できたりする。。

今回の夏の旅行で湧き上がって来たのは・・


「起こってしまった事は仕方なく・・

たとえそれが受け入れ難い事であったとしても

それをを受け入れるしかないのだ・・

(それって案外難しかったりするのだけど・・)」

という思い。

でも受け入れたところから湧き上がってくるエネルギー。


「巡礼」とは聖地を訪れる旅であると同時に自らの来し方に対峙すること・・

そして私たちはそこからしか再び出発する事はできないのだから。


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-24 01:11 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
H邸のクリスマス(2016)
毎年、岩田屋のテーブルコーディネートセミナーに参加してくださっているH様から

今年も一足早くクリスマスパーティーのテーブルコーディネートのお写真が届きました。

c0366777_01212928.jpg
c0366777_01222929.jpg
毎年、ご両親様に喜んで頂けるようにと、ご家族ご親戚15人をご招待なさっての

クリスマスパーティーとのこと・・


ボーヴィレのトスカーナを使用されたとっても華やかなテーブルコーディネート💗
c0366777_01265171.jpg
他にも、お皿はウエッジウッドとマッケンジー
グラスはフォクシー

御料理のメニュー(招かれたい💓)

ホワイトポテトクリームチーズ&カマンベール入り
サーモン、甘エビ、ズワイガニのタルタル
ロブスターと玉ねぎのスープ
きのこのコンソメスープ
トマトとバジルのサラダ フレンチマスタード入り
鶏肉の
オーブン焼ホクホクジャガイモ野菜を添えて
c0366777_01335758.jpg


c0366777_01321570.jpg
サーモンと甘えびとズワイガニのタルタル・・💗
これって真似してしまうかも・・😊

ロブスターと玉ねぎのスープはレシピを知りたいです。

素晴らしいテーブルウエアーと御料理もプロ並みなHさんは見た目も麗しい方なんですよ〜

とってもお洒落な方です。

それに家族思いで・・

同世代のママたちが尊敬するお母様ナンバーワンの方なんです。

皆様もボーヴェレを用いた素敵なテーブルコーディネートをなさったらぜひ御知らせくださいね。

こちらで紹介させて頂きます。

今週末はクリスマス・・



素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-22 01:42 | テーブルコーディネート | Trackback | Comments(0)
若駒会(ホテルオークラ東京別館)
ご縁あって、若駒会に出席致しました。

若駒会とは10月に親子4人同時襲名をなさった成駒屋さんのご子息3名(四代目中村橋之助・三代目中村福之助・四代目中村歌之助さん)を応援する会の事です。

c0366777_00572450.jpg
会場となったのはホテルオークラ東京別館。
本館が改築に入ってしまい、クローズされておりました。

ホテルオークラ東京の本館は20年以上前に友人の結婚式で訪れたきりでしたが・・
「日本の工芸美が集約されたホテル」として内外の評価が高く、改築される事を惜しむ声も・・

オークラの設計に当たっては、ロビー・オーキッドルーム・オーキッドバーを担当したのは谷口吉郎氏(主な作品に帝国劇場・東京国立近代美術館・イサムノグチと協働した慶應義塾大学第2研究室など。)
小坂秀雄(郵政省建築部長/外観・平安の間・千歳の間)
清水一(大成建設設計部長/和風宿泊室)
他にも・・そうそうたる面々の名前が見られます。

フランクロイドライト設計の帝国ホテルもそうでしたが、古くても美しいものをどうして改築する必要があるのか・・・手入れして使う事が出来なかったのか・・と惜しまれます。

しかし別館にも友人のMさんが本館のオークラジャパニーズモダンの名残を見つけて教えてくれました。

それがこちら・・
オークラランターン
の呼び名で親しまれる照明です。
c0366777_01140535.jpg
こちらは切子卵型という古墳時代の装飾玉のひとつで、水晶の結晶の上下を切り落として磨き上げたものにモチーフを得たとか。

本館 宴会場「平安の間」の壁面は柿本人麻呂らの和歌を纏めた36歌仙の料紙の箔・重ね継ぎ・破れ継ぎなどの継ぎ色紙がもとになったもので大変雅やかで美しかったものです・・

少し、ノスタルジックな佇まいのオークラ別館にて、、
八代目中村芝翫さん、三代目中村橋之助さん、三代目中村福之助さん、四代目中村歌之助さんを囲んでの茶話会です。

サンドイッチ・スコーン・ペストリーを頂きながら、親子4人のトークセッション形式でお話が進みます。

とても印象深かったのは・・

若手三人が小さい頃から、日々の遊びの中で・・

筋書きを作ったり・・そこに載せる広告を考え、役者の配役も自分たちで考えて

チラシを作り・・

何より四代目歌之助さんがプレゼントとして「首実検」用の「首」を欲しがり、
もちろん生首は用意出来ないので、床屋さんでカットモデル用のマネキンの首をもらって、そこに顔をかいて「首実検」を演じてみたというエピソードをお聞きして・・

(「首実検」とは10月の歌舞伎座での襲名披露講演の「熊谷陣屋」でも出てくる場面ですが、写真のなかった時代に、部下が討ち取った首が本物であるか大将が確かめることをいいます。)

梨園の御曹司として生まれて、さぞやプレッシャーをと思いきや、実に楽しみながら兄弟和気あいあいと歌舞伎に親しみ楽しんでこられ、なるべくして役者さんになられたのだと感心する事しきりでした。

トークセッションの後・・

4人で各席を回って来られ、一人一人記念撮影に応じてくださいました。

(こちらは掲載はできません)

あまりに嬉しく夢のような時間でした。

お土産
c0366777_01504942.jpg
20歳になったという事で一緒に参加した娘も・・

「何だか夢でも見てるみたいだった・・💓」

といつまでも興奮冷めやらぬ様子でした・・

末永く、若駒会にて芝翫さんと若手お三方を応援したく思いつつ、夢見心地に空港へ

急いだのでした。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-21 01:53 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
クリスマスレッスン
クリスマスレッスンが終わりました。
c0366777_23245426.jpg



レッスン最終日の金曜日の朝から・・
「今日で終わりだわ〜〜」と開放感で  ルンルン♪

サロンのあるマンションへお菓子や御料理を運びながら・・

すれ違う地元の女子中学生の会話が・


「あ〜まじやばい〜なんもしとらん」
「やばい・やばい〜」
「でもいいよ。今日で終わりだもん」
「そうだよ。終わりだ〜!!」

うふ。私も気持ちは一緒💗
「終わりだわ〜!!」

試験期間が終わる女子中学生の気分♪

やっと怒濤の12月のお仕事週間が終わるの〜💓


忘年会もクリスマスパーティーもなく、

閉じこもって仕事して、

睡眠時間2時間で過ごしたのは

結構辛かったのです・・😢


そこで・・

レッスン報告です。

今回は先日ご紹介しましたが、ロイヤルコペンハーゲンの前身でもあるピングーオーグ

レンダールの「クリスマスローズ」の食器を使って、

(これは母のコレクション)
c0366777_23503345.jpg
テーブルリネンはフィレンツェのブサッティにオーダーしたもの。



クリスマスローズにこめられた「平和と祈り」のメッセージを元に



合わせた、お花は・・


ギリギリで無理を言ってヴェルデコの麻美先生に取り寄せて頂いた純白のアマリリスを合わせて・・

アマリリスにユーカリを合わせてシンプルに生けたスタイルは

先日訪れたドミニクブシュトーキョーで拝見して再現してみたかったものです。

c0366777_23555270.jpg
旅先で少しづつ集めたオーナメントを飾りました。

(そのご紹介はまた後日)


今回のレッスンの為に、

夏にロンドンでお会いした友人のRさんが私のレッスン為にイギリス国内で発売されて

いる紅茶ブランドの11種類のクリスマスティー

を送ってくれました。

11種類のクリスマスティーを一度に試飲出来るのは、イギリスでもなかなかチャンスのない事で本当にRさんのおかげです。
(Rさん、ありがとうございました!)
c0366777_00085421.jpg




それぞれをご紹介しますと・・

Harrods から3種類。

Harrodsは経営者がアラブ系のオーナーになってからワラントもはずされ、

かつては三越にショップがありましたが、今は片隅で紅茶がひっそり売っているだけですね。

ロンドンへ行くと確かにヒースロー空港のHarrodsのショップは賑わっていますし、

ナイツブリッジのハロッズデパートのエジプシャンエスカレーターはやっぱり観光客な

ら一度は行ったらいいと思いますが、

ポッシュな人々は違うデパートで買い物しているみたいでした。

レストランにしても、路面店にしても今すごくホットなのは

ロンドン在住の大学時代の友人のに案内してもらったメリルボーン地区。

オーガニックのレストラン「THe Natural Kitichen」は著名人御用達で、
la Fromageris,
Rococo Chocolate
コンランショップあり、

格の高いクラリッジズももちろんいいのですが、

友人お勧めのHotel Edition も機会あれば絶対泊まってみたい・・

(脱線しました。。ごめんなさい)

ハロッズのクリスマスティーは3種類
様々なスパイスや柑橘類がブレンドされていてバランスよく華やかなスパイシーさ。

①Black tea ベースのもの
最初に試飲して頂いたからでしょうね。
3日間通して一番人気でした。

②White tea ベースもの
スパイスが他の二つより控えめに感じられました。

③Green tea ベースのもの
こちらも「緑茶ベースのクリスマスティーは新鮮・・」と人気がありました。

それから
トワイニングから2種類

④Christmas Tea(こちらはティーバック)
レモンやオレンジシトラス系の香りがさっぱりとした口当たり。
すべての紅茶の中で一番優しく人気がありました。

⑤ Winter spiced Tea
缶がとても可愛い💗
スパイスティーと銘打っているだけありしっかりスパイスの味がします。

Whitard から2種類
⑥Mulled Wine Tea

こちらは紅茶ではなくハーブティー。
赤ワインにスパイスを入れたモルドワイン(ドイツでいうグリューワイン)
をイメージしたお茶。

色も綺麗でハーブティーとしてはとても飲みやすくて美味しかったですね。

⑦Christmas tea
オレンジピールが入っていて、柑橘系のさっぱりしたクリスマスティー

それから
⑧ Christmas Spiced tea(Fortnum & Mason)

こちらは三越にも売っています。

かな〜り、シナモン・クローブ・ペッパーなどのスパイスのパンチが効いています。

⑨Spiced Christmas Tea(Betty's)

ヨークシャーにある伝説のティールーム ベティ−ズのクリスマスティー。

フォートナム&メイソンに勝らずとも劣らず、スパイス感が半端ない感じです。

(こちらは皆様にクリスマスプレゼントで差し上げたものです。)
⑩Spiced Christmas Tea(Taylers)
さっぱり柑橘系。

⑪Palace Christmas(Palace)
パレスと名付けられるだけあって華やかなブレンド。

パレスティーは以前は三越などでもお取り扱いがあったように記憶していますがロンド

ンでも店舗がなくなり代りにeast India Company の店舗になっていました。

ビクトリア朝時代はクリスマスティーのブレンドはその家の女主人の仕事であったと言われています。

風邪予防のスパイスを家族の顔を思い浮かべながらブレンドしていたのです。

それを今は紅茶会社が担っていて、美しいパッケージの缶に渾身のクリスマスブレンド

ティーを詰めて販売しています。

選ぶ楽しみも淹れる楽しみも・・

3時半くらいには日が暮れてしまう長く暗く寒いイギリスの冬を暖かく元気に過ごすた

めの知恵であり、当時スパイスが大変高価であった事を考えれば、クリスマスならでは

の贅沢でもあったのでしょう。

テイスティングのあとに好きな紅茶を発表して頂き、そのお茶を御料理とお菓子とのペ

アリングを考えて淹れました。

テイスティング前に召し上がって頂いたオードブル(写真とり忘れ)

こちらは牛すね肉の赤ワイン煮込み


c0366777_00362808.jpg
c0366777_01043535.jpg
クリスマスに食べられるクランベリーのスコーン
c0366777_00001562.jpg

イギリスから取り寄せたベティ−ズのクリスマスプディング
c0366777_00422734.jpg
Rさんに教えて頂いたロンドンの最新の頂き方で・・💗

クリスマスプディングをパフェ仕立てにしました。

c0366777_00561241.jpg


(クリスマスプディングの薄切りに自家製洋梨の赤ワイン煮とブランデー入り生クリーム、自家製クランベリージャムを添えました。)

それから・・


試作段階から食べ過ぎ・・

スタッフにも差し入れして大好評だった

コーヒーウオールナットケーキ

c0366777_01081969.jpg

あ〜罪深きものコーヒーバタークリームよ・・💗

それから

レモンメレンゲタルト

c0366777_01152612.jpg
ラム酒漬けのフルーツたっぷりのフルーツケーキはデモをしました。
それから4分の1カットをBettysの紅茶と一緒にお土産に・・
c0366777_10510180.jpg
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

それから、スパイスのレクチャーをしてアシスタントもしてくださった美人ナースでハーブのスペシャリストの木原みちるさん・・
本当に有り難うございました。
とても助かりましたし、試飲会の時から、とても楽しかったです。
お時間あるときまたアシスタントお願いいたします😊
c0366777_01184727.jpg

クリスマスティーをお飲みになって、どうかお健やかにあたたかなクリスマスをお迎えくださいませ。
c0366777_11011065.jpg
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-20 01:38 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
レモンメレンゲタルトとうちごはん(がんもどき)
クリスマスレッスンではレモンメレンゲタルトをお出ししています。
c0366777_19332351.jpg
生地はパート・プレゼ(折り畳まないパイ生地)で作っています。

レモンクリームは初恋のように・・甘酸っぱ〜〜〜いです。

私の中で今年はレモンメレンゲタルト(パイ)はヒットでした。

こちらは銀座東急 ギリシャ料理の The Apollo のレモンメレンゲパイ
c0366777_19371131.jpg
クッキーを砕いたものの下に酸っぱ〜〜いレモンクリームが隠れていました。

c0366777_19393110.jpg
ホットでお洒落な空間でした。

それから・・
リッツカールトン上海のレモンメレンゲタルト(左側)
c0366777_19431385.jpg
これもレモンクリームが酸っぱ〜〜〜〜〜いのです。

これらの味を思い出しつつ作成しています。

今日の晩ご飯は・・
冷蔵庫にある材料で・・(買い物に行く時間が惜しい)
がんもどきを作りました。

c0366777_19471732.jpg
c0366777_19492753.jpg
c0366777_19521230.jpg
中火でゆっくり揚げます。
c0366777_19574049.jpg
熱々に、大根おろしとポン酢をかけて・・



外に出ると・・

霰が降ってきました・・

明日は冷え込むようです。

レッスンにいらっしゃる皆様どうぞ暖かくしてお越しください。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-15 20:01 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
クランベリーのスコーン
クリスマスレッスン、始まっております。
イギリスのクリスマスには、クランベリー入りのスコーンが食べられます。

レッスンではクランベリーのスコーンをお出ししております。


c0366777_00001562.jpg
明日のレッスンのスコーンを焼いています。
明日はフルーツアレルギーの方がいらっしゃるので、プレーンのスコーンも焼きました。

c0366777_00013925.jpg
レッスンの様子はまた後日・・
明日いらっしゃる皆様、きをつけてお越しください💗

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-14 00:05 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
カサブランカの女
いつから百合の花(カサブランカを含む)が苦手になったのだろう・・



昨日はいつもにまして慌ただしい
一日だった。
地元の小学校でインフルエンザが大流行し150人の感染者が出た。

例年だと・・インフルエンザの大流行は年末年始で、休みを取っている間に流行は終わってしまい、急患センターのみが3時間待ちだったりして、

休み明けはすっかり流行がおさまり、こちらは肩すかしを食らう事になるのだが・・


今年はどうも様子が違うようだ・・

早朝の予防接種のみヘルプに入るのだが、この時期インフルエンザの予防接種はだいたい落ち着いてくるのだが、昨日は違った。

さらに、インフルエンザの患者さんも混じって大混雑。

そんな中、役立たずの私は、お花を受取りにでかけ途中で接触事故・・

自宅からサロンのあるマンションまで何往復しなければならないほど荷物があるのだが

とりあえず、お花のみをサロンへ置き、

自宅に帰り一息ついて、車の少ない真夜中に荷物運びを始めたのだった・・


部屋と駐車場を5往復して荷物を運んだ。

真夜中の2時半である。

人っ子一人いない。

4往復目位の時だろうか・・

マンション1階の大ホールからインターホンのある小ホールに差し掛かったとき、

前方から人影が歩いてくるのが見えた・・


暗闇の中でも只ならないオーラを漂わせた女性である事を感じる・・

素顔にざんばら髪、ジーンズにセーターにダッフルコートの私は、

引け目を感じてうつむいてやり過ごそうと思った・・

しかし駐車場と小ホールの扉が開くと・・

強烈なまでの甘いカサブランカの香りが・・

その甘い香りにふと目を上げてその女性に目をやると、

年の頃は40台?

引き締まった美しい足にハイヒールをはき、質の良さそうなコートをさらりとはおった彼女は

巻き髪を無造作にまとめて・・

左手に大きなカサブランカの花束を持ちながら・・

艶然と微笑みながら私の横を通り過ぎていった。

真夜中は香りが際立つのだ・・


軽い嫉妬を感じながら、車に戻り最後の荷物をもって駐車場から小ホールに戻ると、

(彼女はいなかったが)

くらくらするような甘いカサブランカの香りが未だ立ち籠めていたのだった。

真夜中の2時半。

私が男ならふらりとその香りを追いかけていきたい衝動をおさえられただろうか?





部屋に戻ると、



ヴェルデコの麻美先生が生けてくださったアマリリスのつぼみが開きかけていた。

アマリリスは香りがない。

しかしその静謐な存在感が今の私にはちょうど良い・・
c0366777_14500309.jpg














+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-11 14:51 | お花 | Trackback | Comments(0)
コーヒーウオールナットケーキとうちごはん(まぐろユッケ丼)
今日はコーヒーウオールナットケーキを試作しました。
c0366777_23064144.jpg
イギリス菓子の教室に行くと、意外なことにこの「コーヒーウオールナットケーキ」が食べたくて、イギリス菓子を習いに来ました・・という方が多いのです。

イギリスのカントリーサイドのティ−ルームでも定番のケーキです。

紅茶にコーヒーケーキ?

って思われるかもしれませんがこれが合うんです。

コーヒーの分量やクルミの量を調整して・・

こんな時間だけど・・

誘惑に負けて試食しちゃいました・・

c0366777_23103330.jpg
いいかも・・💗

コーヒーケーキって紅茶に不思議とと〜〜ても合うの。

スパイスばっかりのクリスマスケーキの中でいいアクセントになります。


夕ご飯は

マグロユッケ丼を作りました。

コチジャン風味のマグロの漬けにせりと人参のナムルを添えて・・

c0366777_23140189.jpg
マグロをサーモンに変えても美味しいのです。


満腹とともに来たりくる厭世観・・

コーヒーケーキ、

まだまだ焼きます・・


ダイエットいつするの・・私・・??







+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-09 23:16 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
レッスン準備(クリスマスフルーツケーキ)
クリスマスレッスン用のフルーツケーキを焼きました。
クリスマスプディング、ミンスミートパイとともにイギリスのクリスマスには欠かせないケーキです。
焼き上がり・・
台所中にスパイスの甘い香りが満ちてきます♪
c0366777_00245381.jpg
粉ものに・・
スパイスミックスも混ぜて。。
c0366777_00265888.jpg
ラム酒漬けのフルーツを15㌢の型に480gと国産レモンの皮を加えます。
c0366777_00284051.jpg
焼き上がったら熱々のうちに、ブランデーをたっぷり打ちます。
c0366777_00303002.jpg
冷めたらラップをして熟成させます。

レッスンは来週なので多めにブランデーを打ちました💗

後、2個・・(オーブンの中)

今日は合計4個・・

忘年会もクリスマスパーティーもぜ〜〜んぶ行かないで年末の仕事とレッスン準備にいそしむのでした・・💦
(ちょっと寂しい・・)

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-12-09 00:42 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
アフタヌーンティーレッスン(..
at 2017-10-20 00:06
紅玉とおうちごはん
at 2017-10-16 20:35
有田町でのテーブルコーディネ..
at 2017-10-15 19:52
秋のインスタレーション(有田..
at 2017-10-13 18:57
空きのお知らせ
at 2017-10-11 21:48
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.