Arts de la table
<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Harrodsイースターティー到着
レッスン用のハロッズのイースターティーがイギリスから到着しました💗
c0366777_09572996.jpg


こちらは日本未発売でハロッズから個人輸入しました。

一緒にハロッズオリジナルのイースターエッグのお菓子
c0366777_09583357.jpg
イースターのケーキである
シムネルケーキ
c0366777_09590305.jpg
シムネルケーキ手作りしますが、
本場のものもお出ししますね。

早速、紅茶を開けてみると
c0366777_10001023.jpg

フラワーペダルが沢山😍

試飲してみます。。

c0366777_10003802.jpg
甘いチョコレート風味でも渋みのない優しい味。

今日は雨ですが、週末の桜は大丈夫かしら?

お花見もしなければ…

春がやって来たと感じる朝でした。

++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-31 09:56 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
おうちごはん(お弁当編)
息子の帰省はあっと言う間に終わり、

仙台に帰って行ってしまいました。

(やっぱり広く感じてしまう我が家)

仙台の夕食用にお弁当を作って持たせました。

春の煮物づくしです。
c0366777_20035398.jpg
ツワブキ
鶏団子
わかめ
菜の花

ツワブキは塩でもんで、
茹でてから皮を剥き、
薄味で煮ます。
筍、肉団子はしっかり目の味で
昨日から煮ておきました。
c0366777_20071789.jpg
それから
定番の
卵焼き
グリーンピースごはんのおにぎり
黒豚ロースの自家製味噌付け

黒豚の味噌付けは
料理研究家青柳裕子先生のレシピです。
3日前から漬け込んでいました。

c0366777_20080940.jpg
自家製スモークサーモンいりの

ケークサレを食べやすくマフィン型にして焼きました。
スモークサーモンの他に
国産レモンの薄切り
ディル
クリームチーズ
スライスした玉ねぎ
パルメジャーノチーズが入っています。

c0366777_20091451.jpg
これは明日の朝ごはんになるかしら?


お弁当は、母の自己満足かもしれないけれど、

大切そうにかかえて帰ってくれました。

兎に角、元気で学生生活を送って欲しいと願うばかりです。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++



春の煮物づくし
by artstable67 | 2017-03-27 20:01 | おうちごはん | Trackback | Comments(0)
由布院へ
子供達が帰省したので、父を連れて湯布院温泉へ・・

子供が小さいときは週末毎に訪れていた由布院ですが、

「随分、久しぶりですね・・」と

旅館の方に声をかけられ・・はっとします。


そのままお部屋へ・・

今日は「吉」のお部屋。

(この部屋に泊まるのは初めてです。)


チェックインをしてそれぞれ、アルテジオ美術館へ行ったり・・

敷地内を散策したり・・

温泉へ浸かったり・・

これはメインのリビングルーム

父は読書に勤しんでいます。
c0366777_11194344.jpg
c0366777_11200507.jpg
囲炉裏のある部屋

部屋の中に囲炉裏があるのは「吉」の部屋だけでは・・?
c0366777_11250446.jpg
メゾネットなので2階へ・・
c0366777_11203398.jpg
2階はベッドルーム
c0366777_11210242.jpg
今の住居に和室と床の間がなかったので、

久しぶりに畳と床の間に対面します。
c0366777_11214205.jpg
c0366777_11221202.jpg

夕食は部屋食なので、誰にもあわず浴衣姿でくつろげます。
c0366777_11223665.jpg
c0366777_11230355.jpg
c0366777_11234399.jpg
写真には載っていませんが、

ほかにセリと黒豚の鍋と五葷醪漬けの佐賀牛などが出てきました。

野菜がふんだんに使われていて体に優しいお料理です。
c0366777_11240734.jpg
新潟の古民家を由布院の地に移築して作られたこちらの旅館


カッシーナや北欧家具が今は亡き創設者の藤林晃司さんの美意識の

儘に配され、古民家というよりはヨーロッパの古城にいるような

趣。

特に「新」の部屋は最初に此の部屋を見たときこの「ソファー」しかない・

と思ったと藤林さんが話してくれました。

他にはよく雑誌にも載っている


「藤」の部屋。


こちらも ル・コルビジュのモダンな椅子が

古民家に違和感なく馴染んでいて、

イタリア製のタイルを貼った円形のお風呂も素敵です。

ここまでは昔からあるお部屋です。

新しく出来たお部屋で

泊まった事があるのは

4人部屋の「相」

と2人部屋の「汲」

こちらの部屋は古民家の移築でないので少し明るい雰囲気です。

「汲」の部屋はお風呂にテラスがついているので

スパにでも来た気分になれます。

他には敷地外にあり一軒家になっている「別荘」

6人で泊まった「昭和の別荘」

8人で泊まった「明治の別荘」

楽しかった記憶が蘇ります。


ここにくると日常忘れている様々な「音」

が聞こえてきます。

引き戸の開く音・

囲炉裏にかけてある土瓶から立ち上る湯気・

暖炉にくべられた火がぱちばちと燃え崩れていく音・・

鳥のさえずり

木々が風に揺れる音・・

有本利夫の彫刻に対峙する


内省的な時間。

控えめで上品な接客も変わらず、

いつ訪れても忘れかけていた

懐かしく

愛おしく

奥ゆかしいもの

を思い出させてくれる場所なのでした・・
c0366777_12261422.jpg


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-26 12:29 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
今朝の朝食(マイセンの黄色の薔薇)
今朝の朝食は、bills風リコッタパンケーキを作りました。
食器はマイセンの黄色の薔薇です。

c0366777_12242479.jpg

マイセンの黄色の薔薇のシリーズは

母のコレクションでした。

c0366777_12251197.jpg


リコッタパンケーキ、


写真は少な目に盛っておりますが、

子供達と各々10枚づついただいてしまいました😭

c0366777_12480985.jpg
ハチミツバターとメイプルシロップとバナナと粉糖が

かかっているツワモノパンケーキ…

ダイエットいつするの??
私??
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-25 12:22 | おうちごはん | Trackback | Comments(0)
おうちごはん(ちらし寿司と鯛めし)
息子が帰省し、ご飯作りにいそいそと・・忙しくしています・・

お帰りなさいは、ちらし寿司を作りました。
c0366777_01203713.jpg
人参と牛蒡はさきがけにして。。

人参は酒、砂糖、塩で煮て、

牛蒡は人参の茹で汁に酒、砂糖、醤油をくわえて

筍は薄味の出しで煮て、

ここまで時間がかかりすぎて、蓮根と干瓢はタイムアップでなし。

焼き穴子と錦糸卵と木の芽を沢山ちらします。

次の日の昼は

前日から昆布締めにした、鯛の刺身と
(鯛の昆布締めは料理研究家、青柳裕子先生のレシピです。)

自家製おぼろでんぶ…

食紅を加え、ほんのり桜色に仕上げ…

c0366777_01255001.jpg

我が家風のたい飯の出来上がり…
ご飯は、何もはいっていない酢飯です。

c0366777_01271831.jpg
ちらし寿司は、久しぶりに作りましたけど、

手はかかりますが、やはり美味しいですね。

まだまだ、子供たちの好きそうなもの作ります。

by artstable67 | 2017-03-25 01:35 | おうちごはん
(香港最古の茶室)陸羽茶室へ
もうとっくに帰国しておりまますが・・


香港最終日は香港最古の茶室である「陸羽茶室」へ。

c0366777_00512659.jpg
こちらはガイドブックを見ると「飲茶」のレストランとして紹介してありますが・・

そもそも「飲茶」と「点心」の意味と違い・・ご存知でしたか?

(私も香港に来て知ったのですが・・)

点心とは禅でいうところの「空心(すきばら)に小食を点ずる」から来たそうで

食事の間に少量の食べ物を食べる事なのだそう。

間食や御菓子のたぐいはすべて「点心」というそうですが、現在の香港や中国

で「点心」というと「御菓子」のことを指すようです。

それでは・・「飲茶」とは・・?

私たちが「飲茶」というと「春巻き」や「小籠包」のことを想起しますが・・

そもそもは読んで字のごとく「茶を飲む」ことなのです。

ですからお店の名前も「陸羽茶屋」

そしてお店の看板も 

「LUK YU TEA HOUSE」
c0366777_00411838.jpg
茶を飲む時に、軽食やお菓子をつまんでいたのがそもそもの「飲茶」なのだとか・・

日本だと「茶を飲む」習慣を飛び越えて「餃子や小籠包を頂く」ことが

「飲茶」という意味合いになっていますよね。

10時には出発しなければならなかったので、

朝ご飯代りに8時頃お店へ行きました。

オールド香港を彷彿とさせる重厚な建物の前にアラブ人のドアマンがいます。

彼に人数を告げると左の入り口から2階へ登るよう促されます。

c0366777_00585936.jpg
2階へ登ると・・

階段脇の席へ座るように言われます。

(ここから全く英語が通じません!中国語しか通じないし聞こえてきません)

c0366777_01035780.jpg

観光客はいなくて常連さんぽい方々がゆる〜りと新聞を見たり、談笑

したりしています。


席に着くと・・

まず「烏龍茶・ジャスミン茶・プーアル茶?」

と聞かれます。

「プーアル茶」というと

茶葉をティーバックのような物を破ってポットに入れて

湯気のたちのぼるやかんからお湯を注いで

(いい感じ〜〜!)

ささっと淹れてくれました。
c0366777_01025382.jpg


最初のお茶で湯のみやお皿を洗ってポットの奥にあるボールのようなものの

中に洗ったお茶を捨てます。


下の写真、右手のガラスのケースの中の仙人のような人こそ・・

店名にもなっている「陸羽」

お茶のバイブル「茶経」を記した茶仙(茶祖)として有名ですが、
c0366777_01091416.jpg
史学科・地学科・文筆家としても有名な多才な人でした。

実は陸羽は捨て子でして、

湖北省天門市で智積禅師というお坊さんに拾われます。

智積禅師はお茶の嗜みのある人で陸羽に茶を点てさせたところ

素晴らしい才能を発揮し、

禅師は陸羽の点てたお茶しか飲まなかったとか。

ある時智積禅師が皇帝のところに呼ばれ

宮廷で一番という腕前の茶人の点てた

お茶を出されたところ、

禅師が一口も口をつけなかったのを

皇帝がめざとくご覧になり、

こっそり陸羽に茶を点てさせ、内緒で禅師に出したところ・・

「これは陸羽の点てたお茶では・・?」

とすぐに勘づいたとか・・。

陸羽の腕前もさることながら、智積禅師の感覚も人並みはずれていた事を

物語るエピソードです。

陸羽は「茶経」の中で水質や沸騰したお湯で淹れる事、それまでネギや生姜

を入れて飲んでいたのを邪道とし、お茶のみを飲む事を薦め茶を単なる

栄養補給の飲み物としてではなくもっと嗜好性の高い飲み物として

やがては精神性や求道的になっていく道筋をつけた人です。

(あの「利休」にも多大なる影響を与えたとか)

さて気になるのは「茶を点てる」という記述です。

(翻訳者のまちがいでしょうか?)

と投稿しておりましたところ、

有難くも中国茶の先生より

御指南いただきましたので、

訂正記述致します。

(以下訂正内容)
陸羽の生きた唐の時代は

緑茶を固めていたものを

漢方の薬研のような形の茶研で粉にして、

点てていたことが、茶経にも記されているそうです。

散茶になり淹れるようになったのは明の時代からだそうです。


ここまで、教えていただいた内容です。

I先生本当にありがとうございます。


中々、この歳になると、

間違っているな…

と思われても、

遠慮なさって、ご指摘いただけない事が

多い中で、心の籠ったアドバイスが文面からも

伝わって参りまして嬉しい事この上なしでした。



前置きが長くなりましたが・・

肝心の点心は

おばさま方が首から下げて席まで持って来てくれます。

好きな物だけを取ります。

(このスタイルは11時まででそれ以降は紙でオーダーするスタイルになるそうです。)

c0366777_01365570.jpg
点心を取ると右下のシートにはんこが押されます。
c0366777_01385029.jpg


頂いた物は・・

海老焼売
c0366777_01421437.jpg
海老ワンタンの揚げ物

c0366777_01431979.jpg
蒸し餃子
c0366777_01433490.jpg
エッグタルト
c0366777_01435067.jpg
ごま団子

c0366777_01441709.jpg
すべてと〜〜〜っても美味しかったのですが

ここでギブアップ・・

(旅行中てどうしてこんなにお腹がすかないのでしょうね😢)



飛び交う中国語

やかんの注ぎ口から立ち上る湯気の音・・

茶仙「陸羽」の像

オールド香港の「飲茶」の世界がここには確かに生きているのだわ・・

とお茶を啜りながら何だか意味もなく胸が熱くなったのでした。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-21 02:01 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)
COBO HOUSE(香港大学前)
日本でも香港でも、デサートブーム❤️

ここ香港でフォトジェニックなデサートでInstagram

を賑わせているデサートハウスがあると聞いてやって

来ました。
c0366777_00085178.jpg


中環から地下鉄に乗って香港大学前でおります。

入り口からやっぱりとてもお洒落❤️


c0366777_00111918.jpg

c0366777_00124967.jpg




お食事が出来ますが、
わたしたちはデサートのみを注文しました。


手前が
「チョコレートH2O」
奥が
「京都Garden」
c0366777_00143196.jpg

お味は普通?

帰りは、またまたなんと
ハンドペインティングの
とてもアーティスティックな
オリジナルチョコレートをお土産に購入✨
c0366777_00193604.jpg
c0366777_00195563.jpg


COBO HOUSEに来る前に

可愛い進化系飲茶

その名も「ヤムチャ」へ。
c0366777_00325471.jpg
c0366777_00312172.jpg


鳥かごに入ってるのはパイナップルケーキ

緑色のは、グリンティーカスタード小籠包
c0366777_00314567.jpg
この小籠包、
食べ方は、ちょっと穴をあけて、中のカスタードをダラダラ出して、、
c0366777_00360672.jpg
きゃー
見た目はこんなですが、
お味は美味しく、カジュアルでお洒落な店内と 

お値段も可愛い💗




今夜は香港最終日の夜。。
(名残惜しい💦)

香港は狭いながらも地区によって個性的な顔を

持っています。

中国本土からの全ての気が流れてくる中環は

龍穴と言われ風水的に金運が最高の場所だそうで、

銀行が集中しており、欧米人のビジネスマンが

たくさん行きかっています。

そこから階段の怪しげな露天街を登っていくと

c0366777_00435851.jpg

スタイリッシュなバーや骨董品街、センスよいショップ

の続くSOHOから


風の強い

旺角の雑踏を漫ろ歩き…

香港の街に別れを惜しみます…
c0366777_00470712.jpg
++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-17 00:02 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
イースターレッスン
そういえば…
4月の「おもてなしの紅茶レッスン」のご案内を

アップするのを忘れておりました💦

次回4月はイースターレッスン(やっと)
c0366777_23503034.jpg
イースター(復活祭)は冬が長くて寒いイギリス人に

にとって、

クリスマスの次に大切なキリスト教のお祭りで

ありイベントです。

イギリスのイースターについてのレクチャー

のあとは、


ハロッズやフォートナム&メイソンの

日本未発売のイースターティーと

シムネルケーキなどのお菓子をご用意します。


食器はアビランドの


アンペラトリス ウジェニーを使いセッティング。

イースターツリーも作ります。

春のお茶会にどうぞ、いらしてくださいね💗

日にち

4月18日 火曜日 11時から(満席)

4月20日 木曜日 11時から(満席)


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-15 23:48 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
Bo innovation(香港 湾仔)
春休みの親孝行、子供孝行ウィークです。


雨女の面目躍如。

香港に来ても雨そしてとても寒いです。


気を取り直して…

とても楽しみにしていた

香港グルメの風雲児 アルビン・リュン氏の

(彼はものエンジニアだったという異色の天才)

レストラン
「Bo innovation」へ


素敵なレストランへ行くときは、エレベーターに乗る時からドキドキ、ワクワクしますね。

c0366777_22535165.jpg

c0366777_23281095.jpg


エレベーターが開くと、
そこは、
スタイリッシュで近未来的、でもしっかり香港らしさももり込まれた個性的ながらよセンスよいインテリアが迎えてくれます。

この時点で、いやが上にもお料理への期待が高まりま

c0366777_23302625.jpg

c0366777_23313207.jpg
c0366777_23332332.jpg

お料理は…
袋を破っていただく屋台お菓子のような演出
から始まります。

c0366777_23402556.jpg

テーブルの引きだしの中にカトラリーが入っています。
(あれ?
この演出、福岡のレストランで見たことある?)
c0366777_23410297.jpg
マイタイの味を再現した、
でもアルコールでない不思議な飲み物

c0366777_23444714.jpg
c0366777_23452425.jpg
c0366777_23482937.jpg
c0366777_23484964.jpg
これは、一口で、小籠包の味がするもの
c0366777_00055192.jpg
美味しい❤️


ランチで伺いましたが、
平日のお昼でしたが、満席。

あまり食べれないので、品数が少ないコースにしたのですが、

これが失敗でした。

分子料理においてはお値段の差は手間暇の差のようでした。


高いコースを召し上がっているお隣のお料理が

一つ一つ、楽しそうで可愛くて、目が釘付けでした。

いいなぁ〜😭

香港っ子がバシバシお料理の写真を撮ってました。


分子料理ながらも

とても美味しく、

厨房にも10人、ホールもスタッフが

多く、皆さん段取りよくキビキビ働いていて気持ちがい

いのです。


最後に、

トイレにも。。
アルビン.ウォン氏の世界観が貫かれています。


c0366777_23552435.jpg


お店を出て、湾仔の街を散歩します。

お洒落なインテリアショップやカフェがあるかと思えば、
昔ながらの香港の萬屋や屋台があり、

新旧と東西の文化が渾然一体となって作り出す

湾仔の街並みは訪れる度に古い建物が壊され

ビジネス街に変わっていき、絵も云われぬ香港らしい

妖しさやノスタルジックさを失いつつあります。

中国に返還されたのち、家賃が高騰し夫一人の稼ぎでは

家賃が払えないので、

殆どの家庭が共働き。


平日のホテルのアフヌーンティーは貸し切り状態で、

閑散としています。

日本のホテルのアフヌーンティーが平日でも主婦で

いつも満席なのとは大違いです。



本土の影響か香港ファミリーの専らの関心事は

子供の教育なのだそうです。

香港の子供達は小学生でも10:30まで塾で

勉強させられるのだとか。。

物価も高くなり観光で訪れる日本人も減ってしまった香港ですが、


まだまだ怪しいノスタルジックさの残る内に…

皆様も、失われゆく香港を発見しに

訪れてみてはいかがでしょうか…

(その際、折り畳み傘と上着は忘れずに。)

c0366777_00131265.jpg

+++-------------------------------------------------------------++
+
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++



Bo innovation
by artstable67 | 2017-03-14 22:51 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
テーブルコーディネートクラスの募集

3月は卒業式、引越し、入学・入社の準備と・・

切なかったり、嬉しかったり・・

様々な思いの去来する季節ですね。

私自身は子供が手を離れて始めた自宅教室や仕事のあり方を振り返っております。

ずっと「紅茶教室」としてやって参りましたが・・

有り難い事に・・

テーブルコーディネートのレッスンをとリクエストを頂いておりましたので、

6月から2〜3ヶ月に一度の頻度ではありますが、

テーブルコーディネートクラスをはじめます💗


c0366777_01593217.jpg


「お洒落なテーブルコーディネートをしたいけど・・

今の食器に何を足したらいいのかわからない・・」

「手持ちのお皿にどんなカトラリーやグラスをあわせていいかわからない・・」

「テーブルコーディネートの基本が知りたい・・」

「簡単にでもお洒落に見えるコーディネート」

みなさんのリクエストは様々ですが・・

テーブルコーディネートは

「歴史とセオリー(必須!)」を学んで頂くのが

遠回りなようで・・・

一番の近道なのです💗

基本を学び・・

生活の中で生かすこつ・・

自分らしいスタイルを作る事

季節のイベントのテーブルコーディネート

などを御伝えしていけたら・・と思います。

私も更に勉強して(特に、歴史や美術が好きなので)

そういう方面からのアプローチもして参ります。

レクチャーと実践が中心なので紅茶教室のように何品もお料理や御菓子は

ご準備出来ませんが、

レッスンの後は軽食と御菓子(もちろんお茶も😊)を準備致します💗



((テーブル&スタイリング
テーブルコーディネートクラス  初級編)))


第1回 食卓史 概論①(6月予定)
    (テーブルクロスはいつから使われ始めたのか・・?
     カトラリーはいつ頃から使い始めたのか・・?
ギリシャやローマ時代の食事の様子は・・?
等々・・
食卓史の概論がわかるとテーブルコーディネートに必然性が生まれます。
また、食器やグラスの様式、陶磁器の歴史などについても触れます。)

第2回 食卓史  概論②(①の続きです)(9月予定)

え〜2回も食卓史って言わないでください。

「食卓を見るとその人の教養が全てわかる・・」

とも言われます。

じっくり学びましょう。
 
第3回
様々なテーブルウエアブランドとフランス式・イギリス式のテーブルセッテ     ィング(11月予定)
   (ヨーロッパのさまざまなテーブルウエアブランドをご紹介します。
日本でなじみあるブランドから三ツ星レストランの使用するプロ好みのブランドまで・・
実は有田焼がプロの間では熱い・・?
などなど・・

テーブルセッティングの基礎である、イギリス式とフランス式のテーブルセッティング
は実践していただきます。)

第4回 テーブルコーディネートのさまざまなスタイルと色彩論(2018年2月予定)
    (テーブルコーディネートは実はセオリーが大事。
というは私の師匠多賀谷洋子先生の弁。テーブルスタイルリングの基本のスタイルと色彩論について学びます。
テーブルコーディネートを見て、

あ、これは**スタイルだわ!

てわかると、雑誌やテレビ、映画を見ていても

とても楽しくなります。
また
テーブルの上でのカラーのバランスはとても大事です。
これをマスターするとまとまりのあるテーブルになります。)

第5回 和のテーブルスタイリングと和モダン・クロスオーバーなスタイル(2018年4月予定です)

(洋のテーブルと和のテーブルはテーブルの作り方は当然違います。
それは日本の食卓史を紐解けば納得です。

最近流行の和モダン・・
実際はどういうスタイルの事をいうのでしょうか?
例を提示しながらご説明します。)
c0366777_02114939.jpg
第6回  プレゼンテーション(2018年6月予定)

様々な場面を想定してご自身のチョイスしたスタイルでご自宅で実践されたものを

皆さんで見ながら発表会です)


一回目は6月下旬を予定しております。

御申し込み頂いた皆様のスケジュールにあわせて日にちを設定致します。

基本的に6回続けて受講出来る方で御願いしております。


ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください✨

おかげさまで6月スタートのクラスは満席になりました。

9月スタートのクラスをお申し込みの方はお問い合わせください。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-03-11 02:36 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
氷艶2017 破沙羅(国立..
at 2017-05-23 22:32
しくじり先生(宮川一朗太)
at 2017-05-22 15:06
ディオール カフェ(Ginz..
at 2017-05-19 19:59
美術館巡りと鯛茶漬け
at 2017-05-18 19:58
ふるさと宅配便(誕生日編)
at 2017-05-17 14:57
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.