Arts de la table
素敵な名前の紅茶(レッスン準備)
来週からのレッスン準備をボチボチしています。
(紅茶やクロテッドクリーム、ダブルクリームや紅玉などをオーダーしただけですが…🍎)

皆様にお出しする紅茶が届きました。

ドイツのロンネフェルト社のものでどちらも
早くも
クリスマスティーです。

その、ネーミングがとても素敵なのです。

こちらは「Adventure」
c0366777_00114130.png

これは「待降節」というのはドイツ語がわからななくてもわかります。

ルイボスティーベースでりんご、パパイヤ、パイナップルなどのドライフルーツがミックスされています。


さてこちら、、

c0366777_00112567.png
この「Weihnachswunder」輸入元も翻訳してなくて、

??でしたが、たまたま先ほどグループラインしていた

ママ友の中にドイツ人のクオーターでドイツ語の先生

がいらしたのでお尋ねしたら、

「クリスマスの奇跡」

との返事が❤️

なんて、

素敵なネーミングのクリスマスティーなのでしょう🎄

もう終わってしまいましたが、NHKBSで放送していた

「クィーンヴィクトリア」をご覧になった方いらっしゃいますか?

ヴィクトリア女王の夫アルバートはドイツ人で

ドイツのクリスマスの習慣をたくさんイギリスに持ち込みました。

クリスマスツリーを初めて
飾ったのもヴィクトリア女王がウインザー城に飾ったのが始まりです。

ヴィクトリア女王とアルバートは大変夫婦仲がよく20年間に9人の子供に恵まれ、子供の数だけ9本のクリスマスツリーを飾ったそうですよ。

クリスマスレッスンの紅茶はイギリスの友人にお願いしましたが、

少しクリスマスには早いのですが、

今月のレッスンではこちらのお茶を召し上がっていただきます😊

「クリスマスの奇跡」どんな紅茶なのでしょう。

私もいただくのが楽しみです。





+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2017-10-11 00:06 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
傳(外苑前)
「神保町 傳」だった時から、行きたかった念願の「傳」

ようやく行って参りました。

c0366777_14271527.jpg
私のレポでは伝えられない素晴らしさは、

ぜひ「実際に感じて欲しい」レストランであることを
お断りして…

私にとっては忘れられない特別な夜だったので

記念に投稿致します。

予約の二日前に、少しわかりにくい入り口について明るく丁寧なお電話がありましたので

迷うことなく入店。

場所は外苑西通りに面しておりますが、

(これは行く方のお楽しみという事で写真はアップ致しませんね。)

尋常ではない感じのよさに迎えられて、通されたお席は、

一枚板のカウンターでオープンキッチンの でお客様と同じ数位の沢山のスタッフが

働いているのが見えます。



c0366777_14343366.jpg
お料理を作るスタッフもカメラを向けると満面の笑顔を返して

くれます。

(やはり、尋常じゃないホスピタリティー)

シャンパンで乾杯をして・・

c0366777_14364781.jpg
最初の一品は、もう伝説にもなっている傳の最中

(わ、ハローウィンバージョン🎃)
c0366777_14373774.png
c0366777_14381065.jpg
お、美味しい〜

フォアグラの中にベッタラ漬けが刻んで入れてあるのですが、これがフォアグラに不思議とマッチしています。

長谷川在佑シェフがまるでスタッフの一員のようなさりげなさで、

各席を回られお料理を運ばれたり説明をされたり…

(あまりのさりげなさにシェフだと気がつくのに時間がかかってしまったほど…)

c0366777_15264924.jpg
優しく体にすーっと入って行くお料理。

オリジナルの器
c0366777_15271689.jpg

そして…
これももはや、伝説の一品
「傳タッキー」
(嬉しくて記念写真❤️)

c0366777_15505126.jpg
もちろん、

あの有名フライドチキン「○○タッキー」のパロディです。

箱には長谷川シェフの顔が…
c0366777_15515313.jpg
開けると、香りのよい藁の上に色づいた葉が…

c0366777_15535476.jpg
あ、傳タッキー発見です!!
c0366777_15545320.jpg
c0366777_15531663.png
唐揚げの中身は、季節によって変わるそうですが、この季節は松茸が入っていました。

お魚(名前を失念💦)の漬け

こちら一口で・・
c0366777_15564920.jpg
さてここで・・

すべてのゲストに平等に気さくにお話しになる長谷川シェフですがカウンターお隣の

ご夫婦とは格別にお親しい様子・・

と拝見していましたら・

お隣の奥様が

「ちょっとだけおはなしさせてもいいですか・・」・・

「もちろんです!」

とお答えしましたら

「この菊は菊芋の花びらなのですが、ずっと花びらだけを噛み締めてみてください・・

お芋の味がしますから・・」

え?お芋の味?

和え物から花びらだけを取って、しっかりと咀嚼します・・

菊の花びらを咀嚼するなんてなかったこと・・

「あ〜〜本当にお芋の味が・・」
c0366777_15573289.jpg
「そうでしょう?

そしてそのうち根である菊芋がこちらのお料理になりますよ・・」

「どうしてそんなにお詳しいんですか??」とお尋ねすると・・

「実は長谷川さんにお野菜をおろしている生産者なんです・・

いつもは畑から離れられないので、お店に来るのも外苑前に移って初めてで・・

こうやってエンドユーザーの方とお話できるのはいつも畑に向かっている私たち

にとってはとても幸せなんです・・」と。

(こちらこそありがとうございますです😢)

この傳の名物とも言える季節のお野菜サラダもすべてHさんの「作品」だそうです。

丸い葉っぱと花びらももとは同じ一本の花だったそう・・

人参は今の時期はまだ甘くなく、寒くなるとぐっと甘さを増すそうです。
c0366777_15590536.jpg
生産者のHさんとサラダを持ってパチリ💗

(何と言う幸せでしょう・・)
c0366777_15580454.jpg
奥様と奥様の向かい側に座ってらっしゃるご主人と長谷川シェフが

ディープな「きのこ談義」に花を咲かせていらっしゃいます。

なんでも長谷川シェフは海外に行くといつもお土産に「きのこ」の本を

Hさんにお土産にプレゼントなさるそうです。

Hさんと木の子談義に花を咲かせる目をキラキラさせた長谷川シェフ

(少年のようです)
c0366777_16395806.jpg
シェフは冨士山麓のHさんの農園と山まで「松茸探し」や「きのこ狩り」

に行く事もしばしばなのだとか・・

そんな渾身の木の子汁がこちら・・

きのこの味と食感を楽しむため出しなども一切加えられていないそうです。

c0366777_15594695.jpg
何と言ったら良いのでしょう・・

まさに個性豊かなきのこが「生きている」というのを感じさせる一品。

Hさんの奥様の森の話を伺いながら・・

「あるとき森に入っていて鹿の糞を見つけたとき、生きている鹿の存在を様々

な生命が生きている場所としての森を感じたの・・」

そんなお話を伺いながら、

なんだか勿体ないような、でもだから傳のお料理は体にすうっと入っていくのだわ・・

と深く納得したのでした。


そして
あら・・

締めの穴子飯がHさんご夫婦と一緒の土鍋に・・

もはや「同じ釜の飯」を頂いた仲・・??
c0366777_16001182.jpg
カメラ目線のシェフ

c0366777_16003380.jpg

c0366777_16005253.jpg
美味しくぺろりと頂いたら、

これはHさんへの特別メニューのいくらご飯

私たちも便乗して頂戴しました。

(皆様ごめんなさい)
c0366777_16011079.jpg
たまたま来店されてたポメリー社の社長さんからすべてのゲストにポメリーの

シャンパンが振る舞われました。

Hさんご夫婦も一緒にポメリーの社長さんとも記念に・・

(私の右がポメリー社の社長さん・・お若い!)

c0366777_16013143.jpg
デザート

c0366777_16015075.jpg
とうとう他のお客様も皆さん帰られて最後にシェフとプチジュニアと

Hさんご夫婦に見送られ夢のような一夜は終わりました・・
c0366777_16021959.jpg
Hさん、必ず富士山の農園に子供たちと遊びに行きます!!

長谷川シェフ、キャンセルでたら必ずまた飛んでいきます・・

本当にありがとうございました。

私にとって忘れられない一夜でした・・

+-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2017-10-07 14:22 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
有田でのテーブルコーディネイト教室(アリタポーセリンラボ旗艦店)
今年も残すところあと3ヶ月・・

時間の経つのは早いものです。

今日も真夏のように暑く・・

しかも車の中に蚊が住んでおり、乗るたびに血を吸われているのです・・

(運転していると刺しているのに気がついても「バン!!」てできないし)

どうしたら退治出来るかしら・・


さて、気がついたら…

今週末になっておりましたが、



有り難い事に・・
再び佐賀県有田町のアリタポーセリンラボ旗艦店さんにてテーブルコーディネイト教室をさせていただく事になりました。

(これは前回6月の教室の様子)
c0366777_00533517.png

詳細は…(こちらはアリタポーセリンラボの季刊誌より写させて頂いております

他にも素敵なイベントがたくさんございます💗)
c0366777_01013678.jpg

山野舞由未のテーブルコーディネート教室
日時 10月14日土曜日12時から二時間程度
場所 アリタポーセリンラボ旗艦店
(佐賀県西松浦郡有田町上幸平1-11-3)

参加費 8640円(ランチ、お土産のお皿つき)

旗艦店のリーフレットには書いてないのですが、

9月からリニューアルしたランチつきです!!

c0366777_00225769.jpg
conicを使った「ありたぶた」のランチです。

今、ランチは大人気で日によってはお入りいただけないそうです。

この機会にぜひ。

6月のテーブルコーディネイト教室の様子



c0366777_00551740.png
前回の大好評だったランチ
c0366777_00535161.png

今回は、秋のテーブルコーディネイト教室ですので、

「紅葉を愛でる」をテーマにジャパンシリーズのブラック、パールグレー、オータムのゴールドなどを使って
和のスタイル、フランスのファブリックと合わせた洋のスタイルなどをご提案できたらと考えております。

紅葉狩りのテーマを日本の古典の中からヒントを得て
の季節感あるコーディネイトのご提案と
ご家庭で再現できるような技もご紹介できたら…と
思っております。
通っていただける事によってテーブルコーディネイトの知識が積み重なっていくような内容にしたく準備中です。

窯元での教室の良さは何と言ってもふんだんに食器を

使用させていただき、皆様に見ていただける事です。

予め、ご希望お伝えいただけたら、コーディネイト体験や個人のテーブルスタイリングのご相談にものります💕

空高く少し色づき始めた紅葉を愛でに、有田までいらっしゃいませんか?

お申し込みは…
アリタポーセリンラボ旗艦店
0955-29-8079




+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2017-10-04 00:14 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
レストランままごと(筥松)
c0366777_16031054.jpg
最近、皆様が行かれていて気になっていたフレンチ

「レストラン ままごと」へ行ってきました。

c0366777_16043471.jpg
才気溢れる辻塚シェフのお料理

c0366777_16052585.jpg
c0366777_16060682.jpg
最中は、なんと奈良漬味!
c0366777_16070994.jpg
c0366777_16064526.jpg

c0366777_16081299.jpg
c0366777_16083736.jpg
海外での公邸料理人を経て、沢山旅行をして見聞をひろめ、

盛り付けなどは美術の本を読んで勉強なさったというシェフの料理は

とにかく、楽しく美しく美味しい❤️

シェフ自身が調理を楽しんでいらっしゃることが伝わってきました。
c0366777_16110806.jpg
c0366777_16112984.jpg
c0366777_16114977.jpg
c0366777_17324154.jpg
c0366777_16121280.jpg
デセールまで完食でした。

予約がとれなくなる前にぜひお出かけください。

辻塚シェフ、ご馳走さまでした。

また伺います😊

# by artstable67 | 2017-10-03 16:02 | 福岡の美味しいお店 | Trackback | Comments(0)
月待ち講の食卓(トークショー)岩田屋本館
29日金曜日、プレミアムフライデーフクオカのイベントで福岡岩田屋本館地下一階で
14時と16時から
トークショーをさせて頂きました。

c0366777_01434898.jpg

この写真は2回目に来てくださった素敵な参加者の皆様との一枚。

地下食品売り場、果物や野菜や干物、明太子に囲まれてのトークショー

私も初めての事でドキドキしましたが、

有難い事に買い物するカートの手を止めて立ち止まって聞いてくださる方々もいらして

仕事の合間に駆けつけてくれた友人や生徒さんも,,

本当にありがとうございます😊

またアシスタントをしてくださったTable&Stylingの

テーブルコーディネート講座のAさんとIさん。。

長時間ありがとうございました。

お二人のおかげでトークショーに集中出来ました。

そして・・

皆様のお陰で、盛況のうちに終える事が出来ました。
c0366777_01485151.jpg

トークショーに参加してくださった方々には、お菓子やお茶そして獺祭も振舞われました。

(私は、車なので一滴も飲めませんでしたが…😭)

c0366777_02430230.jpg

今回は仲秋の名月をテーマにアリタポーセリンラボさんとのコラボレーションで物販と展示それにお酒やお茶や御菓子が振る舞われるという

とても贅沢なイベントでした。

食品売り場で食器を売るというのは初めての試みだった

そうですが、大好評だったようです💗


箸置きにした豆皿や蓋つきの啜り茶碗、お猪口などは、

行くたびに売れていて、コーディネイトをし直しました。

ジャパンシリーズの新作ブラックとパールグレーは今売れていて生産が間に合わないそうですが・・

とてもポテンシャルの高い器ですので次ぎは洋や

モダンなテーブルセッティングでまたスタイリングして

ご提案したく思っております。
c0366777_01543392.jpg

私は上の大きさのブラックのMとSサイズを8枚づつ

オーダーしていて、11月のクリスマスレッスンで

デビューさせたく思っております。

トークショーでは中秋の意味から

十五夜と満月は同じか?

今年の中秋の名月

お月見の起源

兎とお団子とお月見の関係

古典に見る月の愛で方

千利休の月の観賞の仕方からヒントを得た、

風流なおもてなしの演出までをお話し致しました。

一回目のトークショーでは話しをするのをすっかり

忘れておりましたが、、

(情報ソースが確かではないのですが)

最近よく言われている

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳した

という話を眞子さまの婚約会見の話しと絡めて致しまししたところ

(オチとしては最高だったようで、感動したとか涙がでそうだったとか言っていただけましたが。。。)

補足すれば、もう1人の文豪森鴎外と比べて女性に対して

は極めてオクテであり、

また親友と親友の妻の大塚楠緒子と三角関係であったといわれておりまして、

「それから」「門」「心」の小説は極めて自伝的要素が強いのです。

大学時代漱石に被れていた私は「倫敦塔」のレディーグレイの落書きを見たくロンドン塔を訪れ、

ターナーの作品を見たくテート ブリテンを訪れたり、

酒井抱一の屏風絵を見る機会を待ったりしたものでした。

(数年前に東京藝大美術館で行われた夏目漱石展は子供の受験のために見ることが出来ませんでしたが、

漱石の作品の中には出てくるが実在しない絵画を再現してあり素晴らしい展覧会だった
とか。どなたか行かれた方いらっしゃいますか?)

私は漱石の作品の中では

「夢十夜」や「文鳥」などの短編が好きです。

しかしながら・・

いつまでも最初に好きになった女性にこだわり続け、小説に書き続ける漱石に

「女々しい…」

と愛想が尽きてしまい、

卒論は別のテーマを選びました。


さて、話しを戻しますと、

私は・・・

出典が明らかでなくとも、

「I love you」の代わりに

「月が綺麗ですね」と囁かれたい。

(たとえそれが都市伝説であっても)


結局のところ・・

男性は最初の恋にこだわり続け、

女性は幻想の恋人を待ち続けるものなのでしょうか。

空を見上げながらそんな事を思う月待ち講な夜


c0366777_02372841.jpg


c0366777_02043191.jpg
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2017-10-01 03:05 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
アフタヌーンティーレッスン(..
at 2017-10-20 00:06
紅玉とおうちごはん
at 2017-10-16 20:35
有田町でのテーブルコーディネ..
at 2017-10-15 19:52
秋のインスタレーション(有田..
at 2017-10-13 18:57
空きのお知らせ
at 2017-10-11 21:48
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERDURE DEC...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.