人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Arts de la table
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)
名古屋でのサロンオペラコンサートへ行ってきました。
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_01032589.jpg

会場となった レストラン「le Grande de KITAMURA」は名古屋市内の主税町(ちからまち・・と読みます。)にあります。
この町名は・・
名古屋城の築城に伴い、青洲から名古屋に都市を移した所謂「青洲越え」の折に勘定奉行の野呂瀬主税という人が初めて住んだ地だったことから名付けられたとか。

その歴史的建築物も多い落ち着いたお屋敷街の一角にある中部電力会長のお宅を改築したレストランが会場でした。

こちらがレストランの入り口です。

名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23472536.jpg
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23484659.jpg
玄関先に椿の花が・・
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23494423.jpg
まずは元ミクニ名古屋にいらしたシェフによる御料理を頂きました。
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23520079.jpg
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23531952.jpg
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23542855.jpg
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23555663.jpg
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_23573881.jpg
いよいよサロンコンサートが始まります。

此の夏のプッチーニ音楽祭でジャンニ・スキッキを演じたばかりのバリトンの宮本
史利さんのジャンニ・スキッキをもったいないくらいのかぶりつきの席でお聴きでき・・・本当に感激でした。

プッチーニオペラの「ジャンニ・スキッキ」はラウレッタの「私のお父さん」というアリアが有名です。
オペラに詳しくない方でもお聞きになれば「あ、聞いたことあるわ」と思われるはずです。
2年前のイタリア旅行から帰国した後、
フィレンツェを舞台にした映画「眺めのいい部屋」を見たのですが・・
最初に「私のお父さん」のアリアから始まって・・
映画のラストで「ああ。。だからお父さんだったんだ〜〜!」と納得したことを覚えていたのですが・・
実は・・
「ジャンニ・スキッキ」原作はダンテの「神曲」の第一部の地獄編。

その中にダンテの親戚をだまして地獄に落とされた男のことが短く記録されているのですが、それを作曲家プッチーニと台本作家ファルツオーノの手によって楽しいオペラに生まれ変わったのが「ジャンニ・スキッキ」

プッチーニ三部作の三つ目のオペラでその中でも最も評価が高く親しまれています。

ダンテの神曲と言えば・・

フィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂のギヴェルディの手による「天国の門」と
東京の国立西洋美術館にあるオーギュスト・ロダンの「地獄の門」を思い起こされると思いますが・・

ギベルディの「天国の門」も後々ミケランジェロが「まるで天国の門のようだ〜」と言ったからそのように定着しているとか__・・

また国立西洋美術館にある「地獄の門」はオーギュト・ロダンがパリの装飾美術観のために作成したもので、フィレンツェの「天国の門」の構成にならって作成したものですが・・
最初はダンテの「神曲」の地獄編をモチーフにしていたこの作品も次第にボードレールの「悪の華」的世界観(人間が現世に作り上げた地獄)の様相を帯びてきたとか・・。
次回、国立西洋美術館へ伺ったら今一度、見直してみようと思いました。

「神曲」のモチーフはダンテのフィレンツェ追放とベアトリーチェに対する叶わぬ恋心なのですが、
(いつでも芸術の原動力は失意と叶わぬ恋なのですね・・)
この「神曲」はラテン語でなく「トスカーナ語」で書かれたことから広く読まれ、「神曲」の中で現代イタリア語としての体系も完成して行きます・・

ダンテの「神曲」ひとつとっても、
ルネサンスという時代は(そしてフィレンツェという町は)映画やオペラのモチーフに繰り返し使われ、普遍性を湛えるキャパシティーを内包する時代(町)なのだと改めて思いを馳せました。

あ・・
話をコンサートに戻しますね・・

ピアノを弾く斉藤優奈さんはミラノ スカラ座のピアニスト・・
力強く迫力ある演奏には流石というほかなく・・

ソプラノの服部響子さんが「ラ・ボーエム」のムゼッタの「私が歩けば・・」のアリアを歌われた時は

昨年の夏のミラノスカラ座の「ラ・ボーエム」を思い出し、胸がいっぱいになりました。

名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)_c0366777_22215041.png
写真、右端から
バリトン 宮本史利さん
ソプラノ 服部響子さん
主催の 萬年順子さん
友人のMさん
ピアニストの斉藤優奈さん

萬年マダムそしてご一緒してくださった皆様、新年に相応しい華やぎの時間を有り難うございました。


+++-------------------------------------------------------------++ 
 レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-01-14 01:33 | オペラ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://artstable.exblog.jp/tb/25180180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-01-24 19:10
タイトル : ダンテの『神曲』 “地獄篇”“煉獄篇”“天国篇”で構成し..
プッチーニ・三部作『外套』『修道女・アンジェリカ』『ジァンニ・スキッキ』Giacomo Puccini. “Il tabarro”“SuorAngelica”“Gianni Schicchi” Photo: Moulin Rouge in Paris ジャコモ・プッチーニは、『蝶々夫人』の完成後、それまでの抒情的悲劇ドラマの世界から脱して、新しいオペラに踏み出そうと考えていました。当初は、20世紀初頭のセーヌ河の人夫たちの薄汚い生活を描き、殺人が行われるという異常な雰囲気は、プッチーニにとって新オペラ...... more
<< 名古屋土産    年賀状 >>

食空間プロデューサーの山野舞由未です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> 通りすがりさん ご..
by artstable67 at 22:24
かなり前の記事へのコメン..
by 通りすがり at 22:08
> マリマリーさん な..
by artstable67 at 16:35
こんにちは。 本当に素..
by マリマリー at 09:18
> みすとさん コメン..
by artstable67 at 03:17
わぁ、ふく那さんの初々し..
by みすと at 00:48
> 宮本美和さん ブロ..
by artstable67 at 11:20
山野先生〜〜 アクシデ..
by 宮本美和 at 19:26
宮橋さま。 返信遅れま..
by artstable67 at 22:24
はじめまして。宮橋ともう..
by 宮橋 at 01:57
最新の記事
大変だった事。嬉しかった事。
at 2022-08-04 22:09
学iwataya暮らしを彩る..
at 2022-07-14 01:35
夏祭り(鬼子母神堂)
at 2022-07-11 06:24
テーブルコーディネート講座三..
at 2022-07-11 00:01
有田波佐見ツアー2022
at 2022-06-30 23:47
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
ワクチン
アフタヌーンティー
学iwataya
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
ローマ、ヴェネツィア と...
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.