Arts de la table
八代目 中村芝翫 襲名を祝う会
ご縁あって「八代目 中村芝翫 襲名を祝う会」に出席して参りました。
c0366777_12221766.jpg
中村芝翫さんに縁の深い次の方々が発起人となられての祝賀会でした。
息子さんたち3名の襲名のお祝いを兼ねてありまして、親子同時4名の襲名は初の事だそうです。
c0366777_12243212.jpg
出席者は2500名とも言われ、受付のときから大変な混雑・・そしておそらくこれからの人生でも拝見する事はないと思われるくらいに著名な方々を沢山拝見致しました・・
c0366777_12305620.jpg
c0366777_12320606.jpg
(式場内の様子はお見せ出来ません・・😢)
c0366777_12340221.jpg
祝賀会の折にお父様の七代目芝翫さんのお話しになると、芝翫さんが涙ぐまれていらして・・思わずもらい泣きしてしまいました・・

引き出物に頂きましたのは・・

c0366777_12364439.jpg
佐藤可士和さんデザインの成駒屋さんの御紋入りの風呂敷です。
c0366777_12381015.jpg
c0366777_12384818.jpg
それから、八代目中村芝翫さんのこれまでの足跡を美しい写真と文章で纏めたこちらの本・・
c0366777_12404063.jpg
祝う会の感激冷めやらぬ儘に、一気に読み終えました。

一番興味深かったのは・・

7代目芝翫さんと言えば、
何とも品のあるしかしオーラ只ならぬ女形でいらしたことは記憶にありましたが、そのお父様に顔も声質もそっくりでいらした8代目芝翫さんが立役としてやっていこう・・
と決心されたのは、

1986年4月の国立小劇場での「義経千本桜/渡海屋・大物浦」で平知盛を演じたことがきっかけだそうです。

「義経千本桜」は「義経記」を元にしたいわゆる判官贔屓の物語・・

私は、平知盛というキャラクターがとても好きです。

「平家物語」では・・
知盛は一の谷の合戦の折りは、生田の森の大将軍でしたが
、戦いは熾烈を極め、
知盛も息子の知章と重臣とともに三騎で落ち延びましたが、源氏の軍勢に見つかり、交戦となります。
息子の知章は父に向かって「父は平家にとって必要な人物だから」といって身代わりになって討ち死にし、後を追うように重臣も討ち死にしてしまいます。
このおかげで、何とか落ち延びる事ができた知盛は船に乗るのですが、馬を載せるスペースがなく・・
阿波民部が、こののちあの馬はおそらく敵の馬になってしまうのだが殺してしまおうというのですが、知盛は今自分があるのもあの馬のおかげだから・・逃がしてしまいます。
このように知盛はとても心優しいのです。
手当たり次第討ち取って行く能登殿教経にもむやみな殺生をしないようにと忠告をしたりもします。
また正直な武将で・・
息子が討ち死にしたときもそんな状況でも自分の命を惜しく思う・・
と真情を吐露します・・

心優しく非常に人間的であり如何なる状況下でも自分を見失う事のなかった知盛が壇ノ浦で船の上から安徳天皇の入水を見届けた後
自身が入水する時にいう

見るべきほどの事は見つ・・

の有名な一節を読んだのは私が大学生であったころ。
そして入水した知盛の年齢が34歳の若さであったこと・・
また、私自身が2子の親となって思う事は

達観した言葉の水面下の知盛の心境や如何ばかりに壮絶であったか・・

「滅びの美ここに極まれリ・・」ともよく言われる事ですが、それは争いに対する決して肯定的な「美化」ではないと改めて思います。

「平家物語の素晴らしさは、それが叙事詩ではないこと・・」

学部の恩師である平家物語研究者の日下力先生の退官記念講義での言葉を
思い起こしたりもしました。

さて前置きが長くなりましたが・・

「義経千本桜」での知盛はなんと入水したはずが実は生きていて・・
という奇想天外な展開です・・

ここからは、「八代目芝翫」(光文社刊)からの抜粋です。
()内は私の補足です。


10代のころは女形が多かったのですが、ずっと立役になりたいと思っていました。端役でしか出ていなかった20歳のころにこのお役に大抜擢されて以来、宝石箱にいれておきたいいちばん大事なお役です。
(以下 あらすじ)
平家滅亡後、兄頼朝に謀反の疑いをかけられた源義経は九州に逃げようとするが船が嵐で大破、摂津の大物浦の船宿・渡海屋に逗留中。
一行を待ち受けていたのは、船宿の主人銀平に姿を変えた平家の大将 平知盛。
女房は乳母の典侍の局、娘は安徳帝。
(ここでは安徳天皇は実は姫であり、それを偽った為に天照大神の罰が平家に下ったという設定!?です)
義経一行を見送った知盛はいまこそ復讐する時と白装束と白糸威しの鎧の幽霊姿に着替え後を追い、沖に向かう。
しかし、計略を察知していた義経の返り討ちに遭い、深傷を負って立ち返る。
手負いの前に帝を抱え局を従えた義経が現れる。
(ここでは義経は安徳帝の入水を止め、助けた・・という設定)
「帝を決して悪いようにはしない」との言葉を信じた知盛は
義経に帝をたくし、体に碇綱を巻き付け、岩の上から碇とともに身を投げて壮絶な最期をとげる。

以上

フィクションでありながらも、2度までも自害する知盛・・
しかもこちらでは壮絶な最後・・
この知盛を品よく優雅に演じる事が出来るのはやはり7代目芝翫さんの女形を演じる事ができるような繊細なDNAを受け継いでいらっしゃるからなのでしょう・
並々の役者さんでは知盛を20歳では演じる事はできないと思います。

式場内の前方で鏡開きをした酒樽の前にて・・
成駒屋さんの家紋入りの升が高く積まれておりまして・・
大騒ぎをしながらその前で写真をとっていました私達、

ふと視線を感じると、
舞台裏から顔を出してこちらを見て、にっこりと微笑んでくださっていらしゃる芝翫さん・・
そのお顔を拝見するに・・

沢山の方々に注目され、多大な影響力を持つ人というのはある意味「生き神様」
でいらっしゃるのだと・・
人間離れして美しく神々しくお優しいお顔を近くで拝見しながら思ったのでした・・

親子でのご活躍を心より祈念申し上げますと同時にお披露目公演のご成功を祈ってやみません・・

この度は貴重な機会をありがとう存じました。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-05-31 14:40 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://artstable.exblog.jp/tb/25658542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< やってしまいました(仙台編)    おもてなしの中国茶レッスン(2日目) >>

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
キャリナリー製菓調理専門学校③
at 2018-12-11 00:57
覚悟が出来ている人は美しい
at 2018-12-10 01:18
テーブルコーディネート講座初..
at 2018-12-07 23:02
キャリナリー製菓調理専門学校②
at 2018-12-07 20:55
キャリナリー製菓調理専門学校..
at 2018-12-06 22:01
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.