Arts de la table
リケジョになりたい!(早稲田大学理工学部キャンパスツアー)
早稲田大学理工学部のキャンパスツアーに参加してきました。
c0366777_22224930.jpg
このイベントは母校の卒業年度の稲門会(所謂同窓会ですね)総会と懇親会の会場が理工学部のキャンパスで開催されたため、前座として行われたものです。

理工学部のキャンパスは他の学部と離れていたため、ほとんど訪れた記憶がありません。

今日案内してくださるのは、現役の学部3年生のAさん。
63号館の広々としたロビーからスタートです。
c0366777_22280157.jpg
展示されているのは日本で一番最初の二足歩行するロボット。
c0366777_23552506.jpg
詳しい説明と・・
その歩行する様子の動画を見て・・
渡り廊下を渡って別の棟へ。

普段は見る事の出来ないdeepな研究の場へ・・

これは3トンの力をかけてものを「破壊する」実験をする場所。
「破壊する」ことは強度や構造を調べる為にも実は大事な実験なのだとか。
c0366777_23033819.jpg
こちらは「門無き理工学部の正門」
c0366777_23083065.jpg
何故、門がないかと言いますと・・
大学の創設者の大隈重信が「全ての人に門戸を開いている」大学として門を作らない・・
というポリシーが貫かれているとか・・
(そういえば本キャンにも文キャンにも門がなかったわ・・と今頃気がつく私・・)

すべての学科の学生が教養で必ず履修するという
理工学の実験室へ・・
c0366777_23095770.jpg
国際科学オリンピックの会場にもなった日本最高峰の水準の実験室です。
c0366777_00095965.jpg
c0366777_23422003.jpg
試験管・ビーカー・薬品の数々・・
見ているとドキドキします。

それから

あの世間を騒がせた○○○○女史が「スタップ細胞」の実験をしていた実験室の場所も教えてもらいました。

あの事件の後学部生が提出するレポートに関しても「誰かのコピペ」でないかという審査が大変厳しくなったとか・・

さて次に・・

ツアーにご一緒してくださった同級生で理工学部で教鞭をとっているK先生でさえ入った事のないという
「MMR室」へ入室します。
(K先生の補足のおかげでキャンパスツアーがより充実したものになりました。
ありがとうございました。)
c0366777_23402186.jpg
「強磁場室」です。
ペースメーカーをつけている方は入室出来ません。
c0366777_23382845.jpg
ドキドキしながら入室します。
こちらが内部の様子です。
(ペースメーカーをつけている訳でもないのに心臓の動悸が速くなり息苦しいような・・←気のせいですね)
c0366777_23392361.jpg
「強磁場室」で何をするかと言いますと・・
「分子構造解析」だそうです。

私「分子構造解析」について詳しい説明はできません・・
出来る訳がありません💦
(分子が「Molecular」であることは昨今の「分子料理ブーム」
で知っていましたが・・)
c0366777_00210502.jpg
この建物は建物の内部に斜めに柱が配置されています。
それは・・
此の斜めの延長線上の大隈講堂に通じているとか・・
c0366777_23055262.jpg
理工学部は東京メトロ副都心線に直結しています。
これがメトロへの入り口です。
c0366777_00271698.jpg
「西早稲田駅」ができたことにより理工学部を「西早稲田キャンパス」と呼ぶようになったそうです。

とっても楽しかった理工学部ツアーを終えて・・

「リケジョ」もありかも・・

「生まれ変わったらリケジョもいいかも💗」と
かなり本気に思ったのでした😊

ナビゲートしてくださった学生のAさん、ありがとうございました。

この日はそれから
年次稲門会総会→
二次会は懐かしいBIGBOX
(主要幹事の皆様、お疲れ様でした。)
→別の二次会

三次会「清龍」
c0366777_00354599.jpg
高田馬場からまた文キャンに向かって歩き出し、

四次会 「cotton club」


雨の中また、文キャンに向かって歩くと

暗闇の中に浮かぶ「一風堂」が・・

吸い込まれるように中に入り、

締めの「白丸元玉」を皆で食す。

真夜中のラーメンは背徳の味




それからタクシーに乗り不気味なまでに暗い電通のビルを横目に見たりしながら・・

「真夜中のラーメンは緩やかな自殺」

とは隣に座っていたK君の言葉。

懐かしいと思っていたものも信じていたものも探していたものも、
見つけられなかったけど

やっぱりここへくると

肺の辺りがズキュンとしてしまう。


by artstable67 | 2016-11-28 01:06 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://artstable.exblog.jp/tb/26184285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ロゼワインフェア (岩田屋本館...    Bitter &Sweet >>

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
キャリナリー製菓調理専門学校③
at 2018-12-11 00:57
覚悟が出来ている人は美しい
at 2018-12-10 01:18
テーブルコーディネート講座初..
at 2018-12-07 23:02
キャリナリー製菓調理専門学校②
at 2018-12-07 20:55
キャリナリー製菓調理専門学校..
at 2018-12-06 22:01
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.