人気ブログランキング |
Arts de la table
平成中村座小倉公演 二連日‼️
平成中村座小倉公演
昼の部と夜の部と2連日で見て参りました‼️
c0366777_23102048.jpeg
開演前から二十軒長屋も大変な賑わいです。
c0366777_23151346.jpeg

昼の部も夜の部も大大大感激!!

2日間行って感じたことは、、

平成中村座の魅力
まず、1つ目

江戸時代の芝居小屋に近づけて作られた、中村座は兎に角、舞台や花道と客席が近いのです‼️

昨年4月には香川県の金比羅座にも行きましたが、
それに大変似ています。
私達は舞台を見る観客ではなく、
演劇の中の参加者になっていく…

その真骨頂が夜の部
「通し狂言 小笠原騒動」でした。

c0366777_23210388.jpeg
私は松席という土間席の通路側に座っていたのですが、

私の後ろ9列6番は夜はわざと空けてあり、そこから勘九郎さん演じる岡田良介とお舟がせま〜い客席の間に入って来てお客様をいじりながら歩いていかれたり、中村山左衛門演じる大石百介が客に扮して、座ってみたり、もう私の周りはやんややんやの大喝采‼️

最後は、勘九郎様演じる犬神兵部を載せたハシゴが頭の真上を通って行きました‼️

ラストシーンは、、

これも平成中村座お決まりの、、

舞台の奥の壁が取り払られ、ライトアップの小倉城と小倉祇園太鼓と降りしきる桜と舞台が一緒になり
この世のものとは思えない美しい舞台。


小笠原騒動は小倉を舞台とした原作ですので、
祇園太鼓に小倉城、、と
2つ目に
ご当地感満載なのも中村座の特徴なのでしょうね。

中村勘九郎さんが筋書きにも書いてあったのですが、

この「小笠原騒動」で興味深いのは勘九郎さんが、

組織を動かす決定権をもつ「当事者」である犬神兵部と

その影響を受け運命を翻弄される「一般人」の岡田良介

を同じ作品で、同時に演じているところです。

勿論私たちは後者「一般人」です!

だからこそ、その勘九郎演じる岡田良介に

深く共感し、笑って涙する。。


ああこれって江戸時代の人も令和を生きる私達も変わらないのだなぁ、、

と感じました。

そしてこれこそが平成中村座の凄いところだと思います。

江戸文化がそれまでの時代の文化と決定的に違う点は、

戦国時代までは文化の担い手は貴族であり武士でありましたが、

長く平和な時代が続いた江戸後期の文化の担い手は

まさに「一般人」である庶民!

歌舞伎も決して高尚で難しい古典などではなく

庶民が笑って涙した身近な演劇であったことでしょう。

その古典歌舞伎を限りなく観客近くに文字通り「降りてくる」事によって、

江戸から令和という通時的な時間も超え、「当事者」と「一般人」という共時的な壁も超えて、

演者と観客が一体となって泣いて笑う…

勘三郎さん、、
何て凄いものを残されたのでしょう!

そして、勘三郎さんと七之助さんが、それを熱く篤く受け継がれている…

c0366777_23561658.jpeg

勘三郎さんの目!

お茶子さんの肩に見つけましたよ!!

c0366777_23554766.jpeg


「よ、中村屋‼️」


# by artstable67 | 2019-11-21 23:09 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
岩田屋迎春展開設営
今日は閉店後岩田屋迎春展開のディスプレイのお仕事でした。
一年前に、新館6階のステージ6の装飾をさせていただき早くも一年。。
今年は、令和初のお正月‼️
ということで、
アリタポーセリンラボの
令和カラーのパープルとピンクを使った、
「宝尽くし」を使ったディスプレイです。

c0366777_22523231.jpeg
ピンクの牡丹と梅、そしてゴールド尽くしで華やかに

賑やかな寿ぎの空間を演出しております。
c0366777_22524737.jpeg


こちらは、
「宝尽くし」のお重箱可愛いでしょう?

目出度い物尽くし💖

令和カラーのパープルとピンクで、目出度い鯛や巻物、貝、軍配などが描かれております。

c0366777_01215607.jpeg


飯碗に、待望の蓋ができました。

蓋をする事で、

汁椀としても使えます‼️
c0366777_01221375.jpeg
c0366777_22531458.jpeg

新館6階は明日から迎春一色です!

お早目の迎春準備を‼️


# by artstable67 | 2019-11-20 01:16 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
ゴッホ展(上野の森美術館)
東京国立博物館で、「正倉院の世界」を見て、仕事の資材の買い付けをして、、

あしは棒のようになり、ヘトヘトではありましたが、金曜日の夜は美術館は20時まで開いているところが多いので再び上野へ‼️

国立西洋美術館の「ハプスブルク展」を見る予定でしたが…

11月の18時とっぷり日が暮れた上野の森、

上野の森美術館の仮設テントのライティングが、

私を呼ぶ〜

c0366777_20513913.jpeg
というわけで、行き先変更‼️

「ゴッホ展」へ

c0366777_20525711.jpeg
混み合っておらず、ゆっくりと鑑賞できました。

「ひまわり」の展示はありませんが、

ゴッホの絵画を描いていた10年間をほかの同時代の画家、との関係から辿り、

ハーグ
パリ
アルル
サン レミ療養所
それぞれの時代の絵画、彼を巡る画家の作品、

そしてそれをナビゲートする

イアホンガイドの杉咲花さんとゴッホの弟役のテオを

演じた小野賢章さんがもう本当に素晴らしい‼️

イアホンガイドは別料金だけど、これは

絶対借りて欲しいです!!

私、美術館へ行ったら必ずイアホンガイドを借りるのですが

一般に国立系の美術館より私立系の美術館の方が

凝っていて面白いものが多いのですが、


こちらは、
BGMのセレクションも素晴らしく、

私の中で
歴代イアホンガイドランキング1位をあげたいくらい💖

小野賢章さんの抑制の効いたしかし甘く切ない声で

読まれる、

ゴッホのテオへ

の書簡、そしてテオからゴッホへの書簡…



サン レミ療養所で最後に書いた白薔薇の絵の前で

「君はただの画商なんかじゃなかったんだ…」

から始まるゴッホの書簡の朗読で、涙が止まりませんでした…


小野さんのナレーションのお陰で

ゴッホの才能を信じずっと支え包み込んできたテオの思いがグッと胸に迫りました。

救いようのないような無骨で孤独な人生であっても

ゴッホの言うように

「多くの人は本当の美しいものに気がつかないまま人生を

終わってしまう」のかもしれないですし、

その意味からしたら、

ゴーギャンとの諍い、

耳を切り落とした画家。

ピストル自殺などエキセントリックな文脈でしか

語られないゴッホですが、

「本当に美しいもの」に気づき、それを後世に残した

実は幸せな人だったのかもしれません。



ゴッホのハーグ時代の私達が知っている筆致とは全く

違うハーグ派に習ったグレーな時代
c0366777_20555158.jpeg
大変影響を受けたモンティセリの静物画

c0366777_21112868.jpeg
モンティセリの油絵の具を高く盛り上がるような描き方

に影響受けて

こちらがゴッホが描いた静物画
c0366777_21115463.jpeg
(ここから私達がよく知っているゴッホの盛り上がるような油絵の具使いが始まります。)

自身も弟テオから援助を受けている身なのに、子連れの娼婦シーンに貢いでしまい、極貧に陥ってしまう、、

そのシーンを描いたもの
c0366777_21174205.jpeg
c0366777_21180294.jpeg
たしかにアルルへ移って、鮮やかな色彩にゴッホの絵は変わって行きますが、



多くの鮮やかな色使いの絵画は実は


耳を切って療養していたサンレミ療養所時代のもの。

c0366777_21202532.jpeg
「糸杉」

c0366777_21204066.jpeg

サンレミ療養所で最後に描かれた

白薔薇
c0366777_21213207.jpeg

この絵画の前で小野賢章さんによるテオが読むゴッホからのテオへの書簡が素晴らしかった。

「テオよ。君は決してただの画商なんかではない。

私を通して芸術活動をしていたのだ。。

私は些か狂気をはらんでしまったかもしれないが

それは芸術活動においては致しかたなかったのだ…」




「ゴッホ展」
上野の森美術館(仮設展示場にて)
〜1月13日まで

c0366777_21300455.jpeg




# by artstable67 | 2019-11-16 20:46 | アート | Trackback | Comments(0)
スーパー歌舞伎Ⅱ 「新版 オグリ」
みて参りました‼️

c0366777_21483956.jpeg
開演前の舞台
c0366777_21510884.jpeg
c0366777_21512278.jpeg
c0366777_21513455.jpeg
舞台三面の鏡に写り込む客席

場内全体のプロジェクションマッピング、、

ブロードウェイのショーのような光の演出、

降りしきる赤い薔薇の花びら…

真水が飛んで来るまさかの演出…

空飛ぶメリーゴーランド

ざわざわしたり、

泣いたり、

笑ったり、

今日は桟敷席でしたがこれは真水をかぶる?

正面席が絶対楽しそう‼️
c0366777_21554867.jpeg

リストバンドも購入‼️
c0366777_21561326.jpeg
ご一緒してくださったMさまとキャーキャー

笑ったり、涙をぬぐったり、、

盛り上がりました。

とにかく、客席へのサービス精神が半端なき公演…

もっとも感動的なシーンで涙が出てるのに笑ってしまう…

(スーパー歌舞伎マジックにかかってしまいました😍)

演出は多少変わるみたいですが、

2月の博多座にも「オグリ」やって来ます。

皆さまご一緒しましょう‼️

私はリストバンドもう一個買って両手付けします!!

この日は、歌舞伎のハシゴデーだったので、新橋演舞場から

歌舞伎座へ移動していると、

ブーツのヒールに「オグリ」の赤い薔薇の花びらがくっついているのを

Mさまがパチリ💖

c0366777_22031525.jpeg
赤い薔薇の花びらの意味は…

「ただ真っ直ぐに生きた証…🌹✨✨」

# by artstable67 | 2019-11-15 21:46 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
正倉院展(奈良国立博物館)
朝一で博多から神戸へ。

神戸市で丸山洋子先生のクリスマステーブルレッスンを受けて

更に阪神電車に揺られ、


奈良へ。


奈良へ来たのは、30年以上ぶり。

その折には、
極寒の2月に東大寺のお水取りを見学に来たのでした。

今回の目的は、

奈良国立博物館の正倉院展。

(心得たように鹿ちゃんが写真に入ってくれます💖)

c0366777_23233223.jpeg
明日11月14日が最終日でしたので、駆け込みでした!!

行列ができていましたが、

10分並べば入場できました✨

c0366777_23264620.jpeg
正倉院展は昭和21年より毎年秋に行われ、この時期だけ

正倉院の建物も10時から16時までは、外から離れてではありますが見学が可能とか‼️
(知らなかったので今回は時間がなかったのですが、、)

最新の技術による分析で


唐からの輸入品と思われていたものの多くが国産であると証明され、
奈良時代の工芸技術の高さが注目された展覧会です。


今回是非とも見たかったのは、

「鳥毛立女屏風」 一際人だかりが出来ています。

こちらは六扇からなっており、

立っている姿は三扇で残りの三扇は椅子に座っている姿です。



こちらの2人は立ち姿

c0366777_23562207.jpeg

右は立ち姿、左は座っている
c0366777_23562207.jpeg
こちらは2人とも座り姿
c0366777_23563732.jpeg
いわゆる天平美人という、下ぶくれの美女?は

現代の美人の基準からすると美人には見えないのですが、、
額の花や口の横のホクロのようなものなど、唐代の化粧を施しています。

美人の基準も時代がかわると変わるものです。

正倉院の宝物は楽器も多いのですが、多くは仏教や宮中の行事で使われていたもののようです。

こちらは唐からの伝来品。

「金銀平文琴」

7弦の小さな琴のようなものです。

c0366777_00121553.jpeg

螺鈿と水晶、表のみならず裏面にも施された細やかな装飾…

なんと贅沢な。

奏でたなら一体どんな音がするのでしょう。

そしてもう一つ興味深かったのは

「伎楽面 獅子」
c0366777_00165766.jpeg
伎楽は7〜87世紀には法会などで盛んに行われましたが、
中世には完全に廃れたので、不明な事が多いのですが、

この面をつけて獅子舞のような踊りを踊っていたそうで、
謡曲や歌舞伎の連獅子の源流になるのでは…

と思いながら見ておりました。

鑑賞の後、お茶席へ移動して

少し色づき始めた庭を見ながらお薄とお菓子をいただきホッと一息つきます。

c0366777_00375854.jpeg
c0366777_00380791.jpeg


全体的に展示数は少なめですが、

集中力落ちずゆっくり鑑賞できますし、正倉院の見学と合わせれば、足を運ぶ価値ありかと思います。




役9000点もあると言われている正倉院の宝物の中から、

毎年少しずつ公開されるコレクションをまた、来年も都合つけば、

見てみたいものです。

(でも、奈良はやはり遠かった、、😭)





# by artstable67 | 2019-11-13 23:07 | アート | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
宮橋さま。 返信遅れま..
by artstable67 at 22:24
はじめまして。宮橋ともう..
by 宮橋 at 01:57
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
最新の記事
平成中村座小倉公演 二連日‼️
at 2019-11-21 23:09
岩田屋迎春展開設営
at 2019-11-20 01:16
ゴッホ展(上野の森美術館)
at 2019-11-16 20:46
スーパー歌舞伎Ⅱ 「新版..
at 2019-11-15 21:46
正倉院展(奈良国立博物館)
at 2019-11-13 23:07
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
メディア出演
アシスタント大募集
宝塚
お茶
博多阪急7階オールドノリタケ展
ポンパドール夫人大好き
乱気流
やってしまいましたフィンエアー編
被害がひどくなりませんよう。
人生をやり直せるとしたら?
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.