人気ブログランキング |
Arts de la table
カテゴリ:旅行( 61 )
アガフィア砂漠でデザートキャンプ
モロッコのマラケシュへやって来ました。

モロッコは以前から訪れたい国でしたが、治安面を考慮して今回はマラケシュだけ。

滞在したホテルのアレンジで、アガフィア砂漠でデザートキャンプを体験しました。
c0366777_12183015.jpeg

アガフィア砂漠はマラケシュ市内から車で45分。

マラケシュの町の色にもなっているピンクの石の原料であるオークルの採れる場所です。

アトラス山脈が後ろに広がり、

冬はアトラス山脈に雪が積もり真っ白で、青い空、ピンクの砂漠とのコントラストが、素晴らしく美しいそうです。

c0366777_11441872.jpeg

モロッカンミントティーで歓迎してお迎えしてくれる

ベルベル人の皆様。
c0366777_11445659.jpeg
私たちのテントにずっとついてお世話をしてくれた

ムハンマド君。

アトラス山脈を越えて車で9時間かけて仕事に来ているそうです😢
c0366777_11455782.jpeg

ラクダライドはエジプトで経験したので、

今回はパスして可愛いラクダの赤ちゃんを見せてもらいました。

大変珍しい青い目のラクダのラファエル君🐪

c0366777_11502904.jpeg
日が暮れると途端に冷えてくる砂漠で、

ディナーのセッティングをしてくれます。

c0366777_11554307.jpeg
c0366777_11593827.jpeg
c0366777_12002431.jpeg

サンセットの後は、満天の星、


北極星や蠍座のアンタレスもはっきり見え、

流れ星がキラキラと流れていきます…

この美しい星達は私達の日常の空にも輝いているのですが、

ただ見えていないだけなのですね…


心澄ませて輝く星を想っていたい…

そんな事を想う砂漠の夜。

皆様へ
モロッコは渡航危険度1の国です。
自由に個人で旅行されている方も勿論多いですが、私達は空港に降り立った瞬間からメディナのスークなど、全てガイドのアテンドをつけて旅行しております。
ご旅行なさる皆様は現地の情勢に十分注意してご旅行をお楽しみください。
実際に旅行して感じたのは、夜のフナ広場やメディナは猥雑で混沌として道も迷路と化します。
どうぞ男性であってもアテンドをつけて散策なさってくださり10時くらいまでにはホテルにお戻りください。




by artstable67 | 2019-08-25 11:32 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
カマルグ闘牛ショー(アルル]
アルルに移動しました。

こちらも朝夕は涼しく過ごしやすいのですが、

蚊が多くて…

(現地で虫除けスプレーを買っても全く効果なしでした。)

アルルはローマの植民地だったため、ローマ時代の遺跡が沢山残っています。

世界遺産の円形競技場

c0366777_20523118.jpeg
こちらはローマのコロッセオより歴史が古いそうで、

今でも闘牛やカマルグの闘牛ショーが行われています。

たまたま滞在中にカマルグの闘牛ショーがあっていたので、見ることが出来ました💖

こちらはうしを殺したりしないので、子供も安心して

見ることが出来ます。

ビールやポップコーン売りが座席まで来てくれて野球観戦みたいです!

c0366777_20362719.jpeg
c0366777_22533858.jpeg

入場券も11ユーロと手ごろで、自由席です。

ローマ時代は身分の高い人が下から座り、庶民が一番上に、そして
闘うのは、捕虜や奴隷、あるいは野獣であったり、、

そう、ラッセルクロウ主演のグラディエーターの世界です、、

さて話しを現代に戻しますと、

ローマのコロッセオ は安全性の面から、イベントは行われていないので、

闘牛を見るなら、アルルの円形競技場、

オペラならヴェローナのアレーナ

に行くしかないのです。

アルルの円形競技場では、年に数回は本当の闘牛も行われているそうですが、

カマルグは気楽に観戦でき、古代ローマ気分をあじわけとてもおすすめです。

ゴッホの絵画にも円形競技場が描かれております。
c0366777_22384542.jpeg
ゴッホの足跡と古代ローマ遺跡そして

ロハスなお料理やレストラン。

アルルは素朴ながらも見どころが多い街です。


by artstable67 | 2019-08-22 20:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ゴルドへ
アヴィニョンに
二泊してフランスで最も美しい村として人気の高いゴルドへやってきました。

崖の上にはりつくような姿から

天空の街とも言われ観光客にも大変人気があります。

ゴルドの街の絶景を反対側からの谷から望みます。

c0366777_16035126.jpeg

とても美しくて息をのみました!

沢山の方々が車を止めて写真を撮っていました。

ゴルドの街の頂上にあり谷を臨むホテルはハイシーズンで、家族連れやカップルで満室です。


プールもあります。
c0366777_16132695.jpeg
プールサイドに無料のアイスクリームが🍨💖

子供たちに大人気👶

c0366777_16151508.jpeg
クラシックな佇まいの館内

c0366777_16161061.jpeg

朝食は、朝からスイーツ🍮😍

(私にはちょっと重い、、)

c0366777_16172050.jpeg
甲冑をチェック

こんな重いもの着て、、闘うなんて、、

(絶対実用的ではない!!)

c0366777_16143426.jpeg


雲さえ吹き飛ばす谷を駆け抜けて吹き上げる風は芳しく、
太陽は燦々と降り注ぎ、

しかしカラッとしていて朝夕は涼しく


素晴らしい気候‼️

朝早くから目覚め気持ち良い食欲が湧いてきます。

c0366777_16224280.jpeg


by artstable67 | 2019-08-18 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
La Mirande(アヴィニョン)
うだるような暑さの福岡から冷たい雨の降るヘルシンキーアムステルダムーマルセイユを経て

やっとの思いで辿り着いたプロヴァンス地方の中枢都市

アヴィニョン。


真夜中に辿り着いた中世の城壁に囲まれたアヴィニョンは
闇が深く静まり返って中世へタイムスリップしたよう

24時間の移動で意識も朦朧としていた私達にはまるで、物語の中に入り込むアプローチのように感じられたのでした。
昨夜はすぐに爆睡。

今朝は早くから目覚めました。
滞在している
La Mirandeホテルは世界遺産のローマ教皇宮殿の裏にあり
17世紀の枢機卿の邸宅をホテルにした何とも美しくクラシックなホテル。

朝食の部屋へ行くアプローチ

ピスタチオカラーの扉がツボ💖
c0366777_01070679.jpeg
c0366777_01141921.jpeg

朝食は豪華というよりオーガニック素材にこだわった素朴な滋味にあふれたブュッフェ。

疲れた体に染み渡る美味しさです。
c0366777_01163406.jpeg
c0366777_01175643.jpeg

コンフィチュールの種類の多さに感動しました!

アーモンドのコンフィチュールの美味しかったこと…

焼きたてオムレツもしっかり卵の味がして美味しい‼️
c0366777_01192908.jpeg
ホテル内を散策…

どこをとっても絵になる美しさです。

ティールームや夜のレストランは満席ですが、

宿泊客はそんなに多くないようで、共有スペースは貸切りでくつろいでしまいました。

c0366777_01210576.jpeg
c0366777_01223429.jpeg
c0366777_01300123.jpeg
c0366777_01281524.jpeg
こちらはオーナーの猫、その名もミランダ!

キャットフードの食べすぎ?でちょっと太っていますが、
このホテルの人気者です💖

c0366777_01305664.jpeg

by artstable67 | 2019-08-16 00:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
新緑の松島
夫の両親とそして息子と娘と一緒に新緑の松島へ参りました。
日本三景の松島は海の景色は言うまでもなく美しいのですが、

この季節は、伊達政宗の菩提寺の瑞巌寺そして嫡孫の霊廟のある円通院の新緑は

柔らかく輝き、心に沁みる美しさです。

c0366777_05025173.jpeg
円通院内にはミヤコワスレやオダマキなど沢山の野草が咲いております。

c0366777_05054297.jpeg
c0366777_05055214.jpeg
c0366777_05060213.jpeg
瑞巌寺と円通院は石斛の北限の地としても知られ、

生まれて初めて石斛の花を見ました😭

(切り株の植えに寄生して咲いているのが石斛の花です)
c0366777_05072439.jpeg
昼間だけしか香らないという甘美な香りが降り注いで参ります。

また、伊達政宗の使節団がローマから持ち帰った日本最古の洋薔薇の図案や薔薇園もありました。

c0366777_05140434.jpeg

薔薇の季節にはまだ早いのですね。

c0366777_05142799.jpeg

松島の町歩きも楽しい😊✨

焼きたてお煎餅

c0366777_05153484.jpeg
自分で焼く笹かまぼこ
c0366777_05154657.jpeg

c0366777_05371053.jpeg



歴史好きの義父のお供で、

みちのく伊達政宗歴史館へ

c0366777_05172104.jpeg
伊達政宗の一生を蝋人形で展示してあり、

いやぁ、これがなかなか面白いのです!

有名な「梵天丸もかくありたい」のシーン

c0366777_05224775.jpeg

秀吉に嫌われながらもいつも大胆かつ巧妙そして思慮深

く危機を乗り切ってみちのくの土地を守ってきた政宗は

文武両道で、書道、茶道、詩歌にも造形が深く


幼き頃から非凡であったが、、隻眼であったため美し

い母から疎まれるという不遇の中でも誇り高く、

時に

狡猾に大胆に、時流を読み、すごくファッショナブル

家康が天下統一を遂げてからは青葉城の築城やみちのくの内政に力を注ぎます。

東北の人のみならず、全国にファンが多いのも納得でき

たのでした…
俄か政宗ファン?の記念に

政宗パフェ💖をいただきました😊

c0366777_05164054.jpeg


宿の部屋からも政宗の愛した松島湾の景色が眼下に見渡せました。

c0366777_05094854.jpeg
c0366777_05103668.jpeg
夜になると満月が登って参りました。
c0366777_05120050.jpeg
義父は92歳に義母は87歳になりました。

夫婦揃って元気で歳を重ねることはなかなかないこと…

有り難く嬉しい事です。

c0366777_05240797.jpeg



by artstable67 | 2019-05-19 04:56 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
龍井茶尽くしのスパ
杭州で滞在先のフォーシーズンズ リゾート ハンヂュウ アット ウエストレイクの

スパにて、

龍井茶尽くし のスパのコースを受けて参りました。

c0366777_17592953.jpeg
清の乾隆帝にインスパイアされたこのスパはシノワズリスタイルに

薔薇色の光の灯る幻想的な空間。

c0366777_18075070.jpeg

c0366777_18082794.jpeg

c0366777_18091526.jpeg

奥の大理石のお風呂にこの龍井茶パウダーのバスソルトを溶かしゆっくりと入浴して…

c0366777_18070658.jpeg
全身を龍井茶スクラブで、

ポリッシュ。

シャワーの後、ジャスミンと龍井茶のオイルでマッサージという、

お茶尽くしのスパコースでした。

施術も丁寧で、東京の一流ホテルの半額くらいの施術料💖✨

西湖のフォーシーズンズは、施設もレストランもホスピタリティも素晴らしく心地よい滞在でした。
c0366777_18154438.jpeg

c0366777_18173315.jpeg

天に極楽あり。地に広州あり。

と言われ北宋の時代から詩人や皇帝達を魅了してきた広州にあり特に、

多くのロマンチックな伝説を生み出してきた西湖。

体も心も澄み渡るような経験を求める方にお勧めです…

c0366777_18202080.jpeg



by artstable67 | 2019-05-05 17:57 | 旅行
新幹線で杭州ー上海を移動
上海へ移動しました。

中国国内での新幹線での移動は、全く英語も通じなかったのでなかなか大変でしたが
c0366777_19562686.jpeg
そこは「救う神あり〜💖」
「なんとかなるわ〜〜✨」

上海虹橋駅では、列車の駅なのに駅に入るのにパスポートコントロールと荷物検査があるという重警備😅

広すぎる駅構内で途方に暮れていたら、

「日本人ですか?当日引き換えだったら、こっちこっち」
と、日本語の上手な中国人女性が声をかけてくれました。

聞けば、現在川崎市へ住んでいる彼女は今日はお里帰りだそう。

中国国内に住んでいるとマイナンバーカードのバーコードでチケットがすぐ発行できるそうですが、

外国在住の彼女は、当日レーンへ並ばないといけいないそう。

「日本人だけで鉄道へ?中国語できるの?」

私「いいえ」

’私の手元の予約券を見て

c0366777_19530637.jpeg

「これ、自分でやったの?」

私「はい!」

「中国人は英語全く出来ない人ばかりよ、どうするの?」

私「漢字書いてなんとかなりますよ〜」

「す、すごい!!!」

中国人に褒められかなり嬉しくなった私だが、

当日チケット発行には長蛇の列😭‼️

駅構内に入るだけでもかなり時間がかかってしまっています、、


間に合うのか??
c0366777_10455514.jpeg


日本で予約した予約票はコピーしています。

時間が迫ってきていたので、

中国人の彼女が先にどうぞと順番を譲ってくれて、

当日券発行所にて、
このようなチケットに引き換えました。
c0366777_13575912.jpeg
親切な中国人の彼女の名前を聞く間もなく


ありがとうとさよならを伝えて

こちらのチケットを持って、

改札口へ。

ホームへも勝手には降りていけず、
自分乗る列車の
掲示板の文字が緑色になったら、やっと改札でき、

優先搭乗あり
でまさに飛行機並みの扱い。

改札口が開くのは列車到着10分前。

c0366777_10562969.jpeg
乗る列車を間違うことはありません!!

日本の新幹線によく似ています。
c0366777_13360205.jpeg



c0366777_13370779.jpeg

今日は、中国の大型連休なので席がまったく空いていなくて、

空いていたのはビジネス席だけ。

乗ってみてびっくり‼️

グリーン車以上の高級感!!

c0366777_19352827.jpeg
座席がフルフラットになり、

お菓子とお茶がサーブされます。

c0366777_19380093.jpeg
携帯入れ?あり。

c0366777_19383501.jpeg
このお席で上海虹橋から杭州東まで片道3500円


私たちは、利用しなかったのですが、

ビジネスラウンジの利用や優先搭乗の対象でもあるそうです。

新幹線は、

立ち席だと、なんと175円!!!

まだまだ、物価の安い中国なのでしたが…

格差がとても広がっていると感じました。

帰りの杭州東では、チケット引き換えは、セキュリティチェック前でして、ここも長蛇の列、、

1時間以上余裕を持って駅へ行くことを、おすすめします。

チケットの予約をパソコンでさえすれば、新幹線は安くて安全で治安もよく、

皆さんとても親切にしてくれました。

(勿論、どこの国でも観光客を騙そうという人はいる訳で

その意味では国内旅行のようには気が抜けませんが…)


ローカルを味わうには大変お勧めですし、

杭州は新幹線に乗ってでも行く価値ありだと思います。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2019-05-02 10:33 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
花園神社 酉の市
土曜日、日曜日と兎に角自宅安静にてようやく復活しました✨

健康ってやはり有り難いです、、

また、今週は、仕事が詰まっていますので、頑張ります❗️

さて。。

先週の「フロリレージュ」の後、

新宿の花園神社の「酉の市」に行って参りました。

c0366777_00175132.jpeg
11月24日と25日は三の酉だそうで、

一の酉が10月31日水曜日

二の酉が11月12日月曜日

三の酉まである年は、火事が多いと言われるそうです。

ご用心❓

まずは、お参りを…

そこまでもすごい人で行列が出来ておりました。

このように提灯が並んでおりますが、

これは商売が、成功した会社が出すことが出来るものだそうです。


c0366777_00210386.jpeg


c0366777_00232158.jpeg

お参りを済ませて、

見世物小屋❗️⁉️
c0366777_00241119.jpeg
この時既に風邪をひいていたので、

体調よかったら、覗いて見たかった、、


熊手は最初は小さなものから購入して、

商売が大きくなったら大きいものに毎年買い替えていくそうです。

最終日の遅くでしたので、

随分売り切れているようですね。
c0366777_00254017.jpeg

購入する時は、仕入れと同じ感覚で値切って出来るだけ安く

するのが流儀だそうです!

体調イマイチだった私は、境内を漫ろ歩いただけで

熊手を購入せず、、


買えばよかった、、、😭😭😭


(熊手を購入するのだってパワー要りますもん…)

寒空に夜店の灯が並ぶ様は夢とも現ともつかず。。

賑やかなのにしんみりとしてしまいます…


c0366777_00361630.jpeg

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-12-03 00:14 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
砂漠はピンク色
夏の旅行。

今回は初めてエミレーツ航空を利用しました。

福岡ー成田

成田ードバイ(エミレーツ)

ドバイーアテネ(エミレーツ)

アテネーサントリーニ(フェリー)


成田ードバイ間は、今ほかの航空会社ではあまり所有していない

エアバス380に乗りました!!

私のブログを読んでくださってる方ならご存知かと思いますが、

私、子供のように飛行機好きなので…💖


エアバス380に乗りたくて堪らなかったのです😊

エアバス380は大型ジェット機で二階建てなんです。

(写真撮ってないのですが)

離着陸の安定感が素晴らしく、飛行中の揺れも殆ど感じず、

快適なフライトでした✈️

ドバイでトランジット5時間。

エミレーツ航空のラウンジで過ごしますが、

とにかく広くて果てしなくて、、

こちらはコンコースAのラウンジ
c0366777_01225630.jpeg
早朝着いたのですが、

ちゃんと仮眠室があります。

人が少なくてクーラー効き過ぎで私は熟睡出来なかったけど、娘は熟睡してました。

c0366777_01130695.jpeg
c0366777_01134651.jpeg

デーツが食べ放題

c0366777_01152924.jpeg

オイルマネーって凄いわぁ〜❗️❗️
おそろしいわぁ〜〜❗️😭❗️

アテネへの飛行機はコンコースCからなので移動でしたが、


なんと通常はこの、

ラウンジからそのまま飛行機へ乗り込めるんです、、

ラウンジがそのままゲートになっていて…

とにかく全てが桁違いのスケールでした。

ドバイーアテネ間は

ボーイング777

こちらはJALの福岡ー羽田でもいつも乗っているタイプです。

機内で、またご飯をいただいて、


ウトウトしていましたら


「お母さん、起きて見て見て!窓の外!!」

と娘に揺り起こされて窓の外を見ると、

眼下に広がる砂漠が

なんと ピンク色❗️❗️

c0366777_01261019.jpeg
おそらくサウジアラビアの上空辺りを飛んでいたのでしょうか?

ピンク色に果てしなく続く砂漠を見下ろし…

神秘的な美しさに心揺さぶられ、

涙が…😭😭

おそらくは

一生訪れることのない国。

私達のイメージの砂漠は、砂っぽく黄色くて乾燥したイメージ。

それはもちろんある意味正しいのですが、

この後、エジプトでもドバイでも砂漠を訪れますが、

砂漠は、私が思っていたよりずっと豊穣で恵み豊かなのです…

正にそれを予感させるような、

プロローグのような一瞬でした、、


と、感動もつかの間。

そこは眠り姫の異名を持つ母娘、

またまた機内でウトウトしておりましたら、

もうすぐ着陸という事で今度はCAさんから揺り起こされて、

眼下を見下ろすと、

夢にまで見た、エーゲ海が💖💖

c0366777_01382844.jpeg

これから旅が始まるのだわ。
++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-11-30 01:03 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
早稲田祭 同窓会
毎年、早稲田祭の時期に開かれる大学の同窓会。


スケジュールタイトでしたが、飛んで行きました。


懐かしい顔も初めましての方も…

そこは同じ学び舎で青春を過ごした仲間。


心地よき時間。

そしてあっと言う間にお別れの時…


また来年。

c0366777_07282427.jpeg
c0366777_07302237.jpeg
c0366777_07283748.jpeg

c0366777_07284751.jpeg





+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-11-04 07:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
宮橋さま。 返信遅れま..
by artstable67 at 22:24
はじめまして。宮橋ともう..
by 宮橋 at 01:57
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
最新の記事
アガフィア砂漠でデザートキャンプ
at 2019-08-25 11:32
単発レッスン
at 2019-08-24 02:33
カマルグ闘牛ショー(アルル]
at 2019-08-22 20:20
ゴルドへ
at 2019-08-18 16:00
La Mirande(アヴ..
at 2019-08-16 00:56
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
メディア出演
アシスタント大募集
宝塚
お茶
博多阪急7階オールドノリタケ展
ポンパドール夫人大好き
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.