Arts de la table
カテゴリ:オペラ( 5 )
メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)
ニューヨーク2日目はメトロポリタン歌劇場でオペラ「トゥーランドット」を観ました。
c0366777_15422409.jpg
夜は、すごく冷え込むニューヨーク。

沢山着込んで、コロンバスサークルの近くのメトロポリタン歌劇場へ。

ミラノ・スカラ座やベェネツィアのファニーチェに比べるとシンプルな劇場。

ゲストは観光客が多いのでしょうか?

服装も皆さんカジュアルなので、気後れすることなく入場できます。

c0366777_15434708.jpg
歴代ディーバのポートレートが壁一面を埋め尽くしていて圧巻です。
c0366777_15461546.jpg
シャンパンて乾杯します。
c0366777_15475805.jpg
オペラナイトでの服装について・・

トゥーランドットのイメージでシノワズリーな装飾のバッグとそれにカラーを合わせたブルーのワンピース、足元は寒くてブーツでしたが、
着飾っている人がほとんどいなかったので、
会場に馴染んでいたと思います・・

c0366777_16015712.jpg
チケットはメトロポリタン歌劇場の公式サイトで自分で手配しました。

自分で手配すると手数料も取られませんし、何よりいい席がとれます💗

(自宅でチケットをプリントアウトできます)

これはヨーロッパのオペラでも同じです。

今日は、オルケストラ席の最前列!

オーケストラボックスの前です。

(ところで・・一番高額で良いお席は二階の桟敷席なんです)

c0366777_16041580.jpg

(前の座席の後ろ)目の前に英語でサブタイトルがでます。

これって重要です。

耳で聴いてわからない英語も目で追うとわかります。

(オペラははイタリア語ですが)

ミュージカルはサブタイトルがないので、さっぱりわからなくて、眠気が襲ってきたのですが、

トッーランドットは、最後まで瞬きもせず聞けました😊😊

予約してましたら、観劇前と幕間にこんなに素敵な歌劇場内のレストランで食事ができます。

(二階の部分がレストランで開放的で素敵ですよね✨)
c0366777_16074787.jpg


c0366777_16110011.jpg
カーテンコールの様子
c0366777_16113600.jpg
(トーランドットの御姫様とわたしのワンピースが同じ色💗と勝手に

盛り上がっておりました)


トーランドットは犠牲は払うものの、オペラにしては珍しく、ハッピーエンドな演目。

蝶々夫人と同じく中国のお姫様の物語は、欧米人にはどこかエキゾチックでそれで好んで演じられるのでしょうね、華やかでエキゾシズム溢れた色彩豊かな舞台は見事の一言でした。

荒川静香さんが金メダルを取った時のフリーの曲目がトゥーランドトの「誰も寝てはならぬ」で一躍有名になった演目ですが、初めて観ることができました。

沢山の美術館に一流の歌劇場。

そういった文化的なものに投資しようとする姿勢、それがニューヨークをニューヨーク足らしめたのだと、

一日観光を案内してくれたガイドさんか言われましたが

深く納得した夜でした。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-04-06 15:41 | オペラ | Trackback | Comments(0)
ファニーチェ劇場(ヴェネツィア)
昨年の夏の度の事ですが・・
ヴェネツィアのファニーチェ劇場でオペラ『ラ トラヴィアータ(椿姫)』を見ました。
短い夏の旅で三度目のオペラに、子供達は食傷気味・・

昼間はうだるように暑いヴェネツィア・・

オペラ開演前の夕刻は少し涼しくはなりますが、蒸し暑いのがヴェネツィアの夏です。

まだ明るいサンマルコ広場、ブランド街を抜けると・・

ファニーチェ劇場が見えてきます。。
c0366777_02140010.jpg
演目は「ラ トラヴィアータ」
c0366777_02175935.jpg
日本では「椿姫」と言った方がピンと来ますよね・・

「ラ トラヴィアータ」はここファニーチェ劇場が初演。

ヴェルディがアレクサンドル デュマの原作の同名小説の戯曲版をパリで見て大変感激し比較的短期間で ファニーチェ劇場のオペラの為に書き下ろしたといいます。

初演は不評でしたが、次の年から大人気の演目となり今ではヴェルディオペラの代表作といっても過言ではないでしょう。

ファニーチェ劇場の様子は・・
c0366777_02273076.jpg
c0366777_02295184.jpg
ヴェネツィアが発祥の地である桃のジュースにシャンパンを注いだ「べリーニ」を頂きながら
開演を待ちます。
(口当たりが良くて飲み過ぎてしまいます・・)
c0366777_02322150.jpg
c0366777_02350455.jpg
c0366777_02360804.jpg
ベリーニと華やかな雰囲気に酔いしれ・・
開演前から酔眼朦朧〜〜
舞台は・・(もちろん撮影禁止)
ミラノスカラ座が壮麗ながらもきわめて古典的な演出であったのに対して、
舞台を現代に移して演出されており、
幕が開くなり鮮やかなグリーンの舞台とマルグリットの着ていた鮮やかなグリーンのドレスとそして彼女の美貌にも!目が釘付けでした。

放蕩の限りを尽くしていたマルグリット(原作では高級娼婦)がアルフレッドとの真実の愛に目覚め、清貧な暮らしに転身するも彼の将来の為に身を引き最後には病死する・・・
なんという道徳的すぎる結末・・

(なんという男性に都合の良い結末・・?)

とかつては思ってましたが(病死する結末はさておき・・)

愛する人の為に身を引く・・

そんなマルグリットの深い愛情を何となく理解できるような気がしたのは
やはり・・ヴェネツィアマジック??
c0366777_02505577.jpg
c0366777_02523828.jpg
ヴェロネーゼブルーの天井画
c0366777_02570287.jpg
また、サンマルコ広場を通ってホテルに戻ります・・

少しだけ雨・・

暑いヴェネツィアの夏が終わろうとしていました・・

by artstable67 | 2016-02-24 22:28 | オペラ | Trackback | Comments(2)
名古屋でのサロンオペラコンサート(La Glande de KITAMURA)
名古屋でのサロンオペラコンサートへ行ってきました。
c0366777_01032589.jpg

会場となった レストラン「le Grande de KITAMURA」は名古屋市内の主税町(ちからまち・・と読みます。)にあります。
この町名は・・
名古屋城の築城に伴い、青洲から名古屋に都市を移した所謂「青洲越え」の折に勘定奉行の野呂瀬主税という人が初めて住んだ地だったことから名付けられたとか。

その歴史的建築物も多い落ち着いたお屋敷街の一角にある中部電力会長のお宅を改築したレストランが会場でした。

こちらがレストランの入り口です。

c0366777_23472536.jpg
c0366777_23484659.jpg
玄関先に椿の花が・・
c0366777_23494423.jpg
まずは元ミクニ名古屋にいらしたシェフによる御料理を頂きました。
c0366777_23520079.jpg
c0366777_23531952.jpg
c0366777_23542855.jpg
c0366777_23555663.jpg
c0366777_23573881.jpg
いよいよサロンコンサートが始まります。

此の夏のプッチーニ音楽祭でジャンニ・スキッキを演じたばかりのバリトンの宮本
史利さんのジャンニ・スキッキをもったいないくらいのかぶりつきの席でお聴きでき・・・本当に感激でした。

プッチーニオペラの「ジャンニ・スキッキ」はラウレッタの「私のお父さん」というアリアが有名です。
オペラに詳しくない方でもお聞きになれば「あ、聞いたことあるわ」と思われるはずです。
2年前のイタリア旅行から帰国した後、
フィレンツェを舞台にした映画「眺めのいい部屋」を見たのですが・・
最初に「私のお父さん」のアリアから始まって・・
映画のラストで「ああ。。だからお父さんだったんだ〜〜!」と納得したことを覚えていたのですが・・
実は・・
「ジャンニ・スキッキ」原作はダンテの「神曲」の第一部の地獄編。

その中にダンテの親戚をだまして地獄に落とされた男のことが短く記録されているのですが、それを作曲家プッチーニと台本作家ファルツオーノの手によって楽しいオペラに生まれ変わったのが「ジャンニ・スキッキ」

プッチーニ三部作の三つ目のオペラでその中でも最も評価が高く親しまれています。

ダンテの神曲と言えば・・

フィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂のギヴェルディの手による「天国の門」と
東京の国立西洋美術館にあるオーギュスト・ロダンの「地獄の門」を思い起こされると思いますが・・

ギベルディの「天国の門」も後々ミケランジェロが「まるで天国の門のようだ〜」と言ったからそのように定着しているとか__・・

また国立西洋美術館にある「地獄の門」はオーギュト・ロダンがパリの装飾美術観のために作成したもので、フィレンツェの「天国の門」の構成にならって作成したものですが・・
最初はダンテの「神曲」の地獄編をモチーフにしていたこの作品も次第にボードレールの「悪の華」的世界観(人間が現世に作り上げた地獄)の様相を帯びてきたとか・・。
次回、国立西洋美術館へ伺ったら今一度、見直してみようと思いました。

「神曲」のモチーフはダンテのフィレンツェ追放とベアトリーチェに対する叶わぬ恋心なのですが、
(いつでも芸術の原動力は失意と叶わぬ恋なのですね・・)
この「神曲」はラテン語でなく「トスカーナ語」で書かれたことから広く読まれ、「神曲」の中で現代イタリア語としての体系も完成して行きます・・

ダンテの「神曲」ひとつとっても、
ルネサンスという時代は(そしてフィレンツェという町は)映画やオペラのモチーフに繰り返し使われ、普遍性を湛えるキャパシティーを内包する時代(町)なのだと改めて思いを馳せました。

あ・・
話をコンサートに戻しますね・・

ピアノを弾く斉藤優奈さんはミラノ スカラ座のピアニスト・・
力強く迫力ある演奏には流石というほかなく・・

ソプラノの服部響子さんが「ラ・ボーエム」のムゼッタの「私が歩けば・・」のアリアを歌われた時は

昨年の夏のミラノスカラ座の「ラ・ボーエム」を思い出し、胸がいっぱいになりました。

c0366777_22215041.png
写真、右端から
バリトン 宮本史利さん
ソプラノ 服部響子さん
主催の 萬年順子さん
友人のMさん
ピアニストの斉藤優奈さん

萬年マダムそしてご一緒してくださった皆様、新年に相応しい華やぎの時間を有り難うございました。


+++-------------------------------------------------------------++ 
 レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2016-01-14 01:33 | オペラ | Trackback(1) | Comments(0)
ミラノスカラ座
夏休みのことですが、ミラノスカラ座でプッチーニの「ラ・ボーエム」を観ました。
c0366777_01084727.jpg
前日にヴェローナのアレーナで「ロミオとジュリエット」を観て連日のオペラ鑑賞・・私は嬉しいのですが、子供達は連日の移動の疲れもあり、乗り気ではありません・・

(ここはミラノスカラ座よ〜〜)

ミラノスカラ座は
パリのオペラ座(いわゆるオペラ座で通っているガルニエ座ではバレエ公演しか上演されずオペラを観るなら、バスティーユ座にいかなくてはなりません。)

(→このように投稿しておりましたが、バレエやオペラに詳しい方々からご指摘ありまして・・・
現在ガルニエ座でもバスティ−ユ座どちらでもバレエ公演オペラ公演が行われているそうです。訂正申し上げます。
今、HPを拝見しましたが、オペラに関して言えばヴェルディやプッチーニなどの古典的なオペラはバスティ−ユ座で、ガルニエ座ではバルトークの青ひげ公爵などが上演されているようです。
詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。↓

ウィ−ン国立オペラ座(こちらはモーツアルトの没後200年のフェスティバルの折に訪れ、「フィガロの結婚」をみました。)

と並んで三大オペラ座と言われています。
伝説のソプラノ歌手マリア・カラスが活躍したことでも有名ですよね。

気を取り直して・・腹ごしらえ・・
c0366777_01261059.jpg
観劇前はゆっくり食事する間もなく、スカラ座横のトラサルディカフェで簡単に済ませました。
場所柄これからオペラを見に行く着飾った人たちで満席でした。

さていよいよスカラ座へ・・

c0366777_01282575.jpg
c0366777_01295412.jpg
c0366777_01312827.jpg
流石に壮麗です・・
c0366777_01321731.jpg
幕間にシャンパンや軽食などが頂けます・・
c0366777_01332773.jpg
日本人が海外でオペラに行く場合、ドレスコードが気になるところですが写真を見て頂いたらおわかり頂けると思いますが、初日などのガラでもない限り、男性は襟付きシャツとスラックス、女性はドレッシーなワンピースがスタンダードな感じでした。

カーテンコールの様子・・
c0366777_01393166.jpg

有名なムゼッタの「私が街を歩けば・・」のところで・・もうすでに胸が一杯でした・・・

オペラ終演後のスカラ座の出入り口の様子・・

c0366777_01413812.jpg
余韻に浸りながら、ガレリアを歩きます・・

c0366777_01425831.jpg
オペラは始まる前の胸の高まる時間もいいのですが、優雅なる余韻に酔いしれながら帰路につく時間は、華やぎの中にも少し切なく・・
格別の時間なのです・・

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-10-10 01:56 | オペラ | Trackback(1) | Comments(0)
ヴェローナの野外オペラ(ロミオとジュリエット〕
久々の更新です。
イタリアに来ています。
ヴェローナの野外オペラを見ました。
c0366777_14513712.jpg
古代円形劇場が舞台で圧巻のスケールです。
c0366777_13052121.jpg
c0366777_01472028.jpg
2度目のヴェローナの野外オペラですが、前回は8月初めで、気候もよく満席でしたが、今回は兎に角寒いです。

c0366777_13082072.jpg
終演は午前をまわり…
アレーナ デ ベローナが闇の中に浮かび上がります。
c0366777_13093381.jpg
オリジナルを遥かに逸脱した演出と幻想的で美しい舞台


最後、死んだロミオとジュリエットが、再び
手に手を取り、広い劇場を駆け抜けた演出は、
言葉を超えて、彼らの愛が永遠なのだと観客は知るのでした。。

終演後、真夜中でも明るいヴェローナの夏も、
もうすぐ終わります。。
c0366777_13142687.jpg




+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-08-23 13:01 | オペラ | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
レッスン2日目
at 2018-10-12 20:26
秋のテーブルコーディネートレ..
at 2018-10-10 19:01
アピシウス(有楽町)
at 2018-10-08 01:43
西洋の美(ヨーロッパアンティ..
at 2018-10-07 13:09
岩田屋アリタポーセリンラボ
at 2018-10-06 17:42
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.