Arts de la table
カテゴリ:そとごはん( 38 )
フロリレージュ(青山外苑前)
カンテサンスやブルギニオンで修行された川手シェフによる、

今東京で最も予約のとれないフレンチ

フロリレージュへ、、

小倉井筒屋の仕事の後、風邪をひいてしまい体調悪かったのですが、、、、

資材の買い付けもあったので飛んで行きました!

でも、無理して飛んで来てよかった😍💖💖

完全オープンキッチンのスタイリッシュな空間
c0366777_23270585.jpeg

最初のお料理はなんと、

焼き芋


落ち葉の中から探し出す遊び心ある演出✨
c0366777_23303940.jpeg

フロリレージュについて特筆すべきは、

ノンアルコールドリンクのペアリングが素晴らしい事。

このドリンクはなんとトマト味。

ドリンクというよりソースの延長線上にあり、甘すぎるノンアルコールドリンクのペアリングが多いなか、

本当に、独創的で美味


c0366777_23282910.jpeg

こちらのドリンクにはみかんの皮を擦りおろして…
c0366777_23330058.jpeg

油の乗った秋刀魚に上の柑橘系のさっぱりしたドリンクがよく合います。

c0366777_23340511.jpeg


c0366777_23352358.jpeg
鰆と香箱ガニ


c0366777_23365128.jpeg

c0366777_23372912.jpeg


葡萄の果汁と中国茶そこにパプリカパウダーと、チリペッパーを入れて奥行きを出したドリンク😍
c0366777_23472073.jpeg

c0366777_23383179.jpeg



食材の組み合わせが、兎に角独創的、

これはデザートのほおずき。

ほおずきって甘酸っぱくて美味しいんですね。

c0366777_23451941.jpeg

お料理の延長線上にあるようなノンアルコールドリンクのペアリング。

お酒の飲めない人が得したような気分になる稀有なレストラン😊


又々、食に対する概念を覆えされるような体験でした。

青山という土地柄、ビジネスマン、外国人が多く、、

レストランは私にとっては舞台と同じ…

シェフとゲストが一体になって作りだすもの。


躍動的で独創的なお料理とこの空間は、次の仕事のよきヒントさえ生まれそうです…


次は体調万全で伺います!

by artstable67 | 2018-11-26 23:22 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
小倉松柏園ホテル
小倉井筒屋のウェッジウッドのお仕事の後は、

セミナーに参加してくれた大学時代の友人のご主人様

が経営する小倉松柏園ホテルへお招き頂きました。


c0366777_00124396.jpeg

c0366777_00130426.jpeg

ライトアップが美しいエントランス

c0366777_00135743.jpeg

2人でお食事するには広すぎるお庭を望むお茶室にて

c0366777_00205278.jpeg

贅を尽くした美食を頂きました💖

やはり小倉は海鮮が絶品です!

c0366777_00153676.jpeg
松茸のお吸い物は、疲れた体に沁み渡ります、、

c0366777_00162766.jpeg
c0366777_00165391.jpeg
c0366777_00171136.jpeg

c0366777_00173285.jpeg
和牛のロースステーキ
c0366777_00175232.jpeg
オコゼの唐揚げ💖
c0366777_00183491.jpeg
シメは鯛茶漬けで、、

これが又々沁みるお味でした✨
c0366777_00194371.jpeg
c0366777_00200750.jpeg


小倉松柏園ホテルさんを訪れたのは、彼女の結婚式から

実に28年ぶり…

変わらぬ格式と、、

何よりスタッフのホスピタリティが素晴らしい!!

オープンしたばかりの新館も拝見させて頂きました💖

ここが小倉の街中??

と目を疑いたくなる位に素敵なリゾートのような空間です😍

c0366777_00261305.jpeg
光のチャペルで結婚式を挙げた新郎新婦は
c0366777_00280018.jpeg
水の中の道を通って
c0366777_00284811.jpeg
披露宴会場へと進みます💖
c0366777_00295561.jpeg
披露宴会場から水辺を望めます✨

c0366777_00311657.jpeg

新館のゲストの為のトイレが素敵過ぎて思わずパチリ✨

c0366777_00321349.jpeg

c0366777_00323166.jpeg
居心地が良すぎてトイレから皆様が中々出て来られないのだそうです💖



Mちゃんとは、

3週間前に、同窓会で再会したばかりでしたが改めてじっ

くりと話し…

親の事、子育ての事…

28年分の物語は尽きる事はないのですが、

同級生とは不思議なもので、青春時代に同じ空気を吸っ

て過ごした日々をベースに、

常に家族を思い、凛としている彼女の生き方は驚くほど

共感できる事ばかり…

そして改めて、どんなに恵まれた環境でも、手料理を作

り子供を慈しんで育ててきたその生き方は

きっと親から子へと引き継がれる無形の財産なのだと

確信した夜でした…✨


Mちゃん、お招きありがとうございました!

次は家族のお祝いで伺います💖

----------------------------------------------------+++


  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-11-25 00:10 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
アピシウス(有楽町)
先週の今田美奈子先生の授業の後、友人と

丸の内に開業して34年という老舗フレンチ 「アピシウス」へ行ってまいりました。

c0366777_01484272.jpeg

アピシウスとは、古代ローマの料理人にして美食家の
マルクス ガビウス アピシウスに由来するそう。

初代社長はペンディングマシーンの運営会社である株式会社アペックスの二代目社長森一氏。


深い教養と広い人脈を持ち、作家 石原慎太郎氏をして

「最後の遊び人」と言わしめたとか。

噂だけ予々伺っていましたが、伺うのは初めて。

東京在住の友人も10年ぶりというくらいですから。。

入り口から階段を降りてウェイティングルームをぬけて、、
バカラの花瓶に生けられた、ゴージャスな装花に迎えられます。
c0366777_01565229.jpeg

アールヌーボー様式の店内は、重厚な雰囲気。

このレストランの素晴らしさはなんと言っても、

オーナーの絵画コレクションです。

私達の席の横にかかっている絵画は…


なんと、アンドリュー ワイエスのもの。


冬枯れの森に鳥がコレクションのように自分の食べた貝殻を並べたものだそうです。

c0366777_01583937.jpeg
ワイエスは20世紀のアメリカを代表する画家です。

ワイエスといえば、この春に訪れたニューヨーク近代美術館で見たこの絵画は、有名ですよね…

体に障害を持つ クリスティーナという女性を描いた「クリスティーナの世界」


c0366777_02042753.jpeg
これは、女性が草の上に座っているように見えますが

足の不自由なクリスティーナが手の力だけで、

自宅へ這いながら帰って行く姿を描いたものです。

これは、「ブルーマンショウ」ではパロディーネタになるくらい、

アメリカでは有名な絵画ですが、

人間の根源的な生きる力への賛辞…尊さに

アメリカの良心を感じとても感動した事を覚えています。

ワイエスが写実画をこの時代に描き続けたのは、大変意味のあることだと思います。

何故なら、写真技術の発達とともに、写実画から

抽象画へ移行する時代にありながら、

写実画で素朴な田舎に住む人々の暮らしを瑞々しく、

逞しく、尊く描く事によって自由の女神と同じくらい

「クリスティーナの世界」は、

アメリカの象徴となりえたからです。

そんなワイエスの絵画の横で食する美食

オマール海老ジュレがけ


c0366777_02114695.jpeg
c0366777_02120495.jpeg
ノドグロのガレット仕立て


お肉の途中でギブアップしてしまった私、、
c0366777_02123001.jpeg
でもデザートは別腹❤️❤️

デザートブッフェが異常に美味しい!!

これだけまた食べに伺いたいくらい美味しい!!


c0366777_02124334.jpeg
c0366777_02154918.jpeg

これはマニュキンフィンガーという葡萄

成る程、、
c0366777_02162390.jpeg

お食事の後は

ほかの絵画もゆっくり見せていただきました。

こちらがもう一つのワイエス
c0366777_02170797.jpeg
そして、具象画から抽象画へ移行していった

ロシア出身のフランス人画家、カンディンスキー


カンディンスキーを見るならば、ニューヨーク近代美術館はかかせません。

抽象画の祖と言われるカンディンスキーの初期の具象画から

そのコレクションは世界随一だからです。


c0366777_02185343.jpeg

ミロ
c0366777_02193156.jpeg

ユトリロ

c0366777_02200196.jpeg

ブランジリエ
c0366777_02203103.jpeg
赤の部屋と呼ばれる個室にある

ヴュツフェ
c0366777_02284215.jpeg

これら全てを、詳しい説明と共にゆっくり案内してくれたスタッフのホスピタリティは本当に感激しました😭

そして、美術に対しても大変造形が深い方ばかりで

とても勉強になりました。

これは、テーブルの上にあったガレに、安全のため、蝋燭の火を入れられないのですが、

特別に入れて見せてくださったもの。



c0366777_02313115.jpeg
レストランは、食事をするためだけの場所ではなく、

インテリア、絵画、装花、ホスピタリティ、、

全てが一体化して完成される芸術品のようなものだと、、
思った夜。

え?
こんなレストラン敷居が高すぎて、、、ですって?

一流のレストランは誰に対しても個々に合わせた心地よいサービスを提供してくださるので、

ご安心を。

ドレスコードだけは守って。。

後は心から愉しむ気持ちさえあれば、、

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/レストラン
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-10-08 01:43 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
The 3rd Burger(広尾)
福岡に、いえ、家の近くあったらいいなぁ〜の

ハンバーガーショップ

「The 3rd Burger」

お花のレッスンに伺っているシリル ルヌーさんのアトリエの

近くにある「The 3rd Burger」へ
c0366777_21522225.jpeg
ありそうでなかった、毎日食べたい

ヘルシーでローカーボなバーガーショップなんです。

メニュー
c0366777_21542222.jpeg

私がいただいたのは

お店の名前を冠している

3rd バーガー
3rdスムージー
c0366777_21552452.jpeg

バーガーは小松菜がたっぷりです!

パンも発酵からショップでされているそう。

お肉も冷凍ものは使わないそうです。
c0366777_21555972.jpeg
ケールのスムージーは見た目よりずっと飲みやすくて美味しいの。

c0366777_21572977.jpeg
c0366777_21575038.jpeg

毎日でも通いたい豊富なメニュー、

ありそうでなかったヘルシーなハンバーガーショップ

福岡へカモーンヌ❤️
+++---------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-10-01 21:47 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
祇園 ささ木
とりたてて食通という訳でもなく普段は至って、粗食、

外食も殆どしないのですが、

友人が予約とってくださり あの

「祇園 ささ木」さんへランチで伺ました。
c0366777_21224222.jpg
祇園祭中らしく、山鉾の画が飾られています。

c0366777_21234826.jpg
カウンターは夜のコースで貸切で、大変賑やかに盛り上がっておりました。

私たちは奥の個室へ通されます。

c0366777_21253148.jpg

c0366777_21244249.jpg

お料理の写真は撮影禁止なのでありません。


写真を撮っていないと、何をいただいたのか忘れてしまいますね。

祇園祭らしく鱧料理が出たことと、、

琵琶湖産の小鮎がとても美味しかったのを覚えています。

コースの始まる前と終わってから、佐々木さんは顔を出してくださり、

気さくにお喋りしてくださいました。

とてもオーラのある素敵な方でした✨✨
c0366777_21273848.jpg

夜のコースはランチとは別物らしく、いつかぜひ夜のコースで訪れたいと思いました。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-07-22 21:19 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
緒方(京都四条)
京都、祇園祭へ行っておりましたが

山鉾巡行の後は 緒方さんへ…

16:00からという早めの夕食でした。

c0366777_10222482.png
c0366777_10224537.jpg

元々呉服屋さんだった処の居抜きだとか…

風情ある佇まいです。

姫路の赤土で塗られたばかりという壁に囲まれた、

カウンターへ通されます。

目の前でびっくりする位大きな鳥貝の身を外していらっしゃるのにまず目を奪われます。

c0366777_10240080.jpg

飲めないけれど…

少しだけシャンパンを。

c0366777_10263839.jpg
最初の一品は梅をご飯で包み、砂糖と塩をかけたもの。
c0366777_10271341.jpg
c0366777_10281407.jpg
椀物は、
もずく汁に目の前で、揚げたてのあられを入れてくださり、
ジューという食欲をそそる音が致します。
c0366777_10294240.jpg
こちらはお刺身

c0366777_10300552.jpg
短冊には親孝行をして唯一疫病は免れた蘇氏将来の子孫になり、肖りましょうと書いてあるそうです。

c0366777_10315177.jpg

癖のない柔らかく香り高い鱧と甘いうにです。

鱧の浮き袋は初めていただきました。

鱧が美味しすぎます。

今までいただいていたものとは別のもののようです。

祇園祭は別名 鱧祭りとも言われ、

実は冬より夏の方が疫病の多かった時代の疫病退散のお祭りの間、


内陸のため鰻が入ってこないので、

同じく生命力の強い鱧を沢山いただいた事によるそうです。


こちらは鮑を桃のスープで。

特に鮑の肝は桃のスープと合うこと…😍
c0366777_10323767.jpg
賀茂茄子
c0366777_10340764.jpg
ここからは、先ほどの鳥貝を目の前でさっと焼いてくださいます。

c0366777_10344217.jpg
c0366777_10345633.jpg
c0366777_10351075.png
すだちと塩で。

これも美味しい😍

今度はスープ仕立てで。

こちらは山椒油の醤油で。

とてもさっぱりいただけます。
c0366777_10391525.jpg

鰻の蒲焼
皮はパリパリ、、
タレは薄味でやはり良い香りがします。
c0366777_13064454.png
締めは、
しめ鯖寿司、鯛カレー、そばから選べます。


もちろん全品でもいいそうですが、

私は蕎麦で。

c0366777_10412742.png
最後に、

生姜と葛、、
熱々です!

c0366777_10420468.png
水出し玉露

c0366777_10503179.png

最後に、短冊に願いを書いたら


c0366777_10423776.png
帰る時にはお店の入り口の笹に吊るしてくださってました。

c0366777_10432091.png

品良く力強く素材の持つ食感や匂いが香り立つようなお料理は

真っ直ぐで澄んだ緒方さんのお人柄と重なりました。

これからの人生が良き方向へ向かうような…

私などには勿体ないような心洗われる体験でした。

見えなくなるまでお見送りくださって…

緒方さん、ありがとうございました。

ご馳走さまでした。
----------------------------------------------------------

レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-07-18 10:20 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
茅乃舎レストラン(久山)
我が家のスタッフとの夏の懇親会。
今日は久しぶりの茅乃舎レストランへ。

c0366777_20403365.jpg
我が家も自慢ではありませんが蛍舞い飛ぶ田舎ですが、

茅乃舎レストランは我が家から車で10分ですが、

初めて来た人はちょっと不安になる位の森の奥深くに

佇んでいます。

c0366777_20421325.jpg
お疲れ様で〜す。
c0366777_20422946.jpg
c0366777_20430851.jpg
李荘釜さんの蓋つき器❤️

c0366777_20440413.jpg
前菜盛り合わせ
c0366777_20442024.jpg
c0366777_20443626.jpg
c0366777_20445313.jpg
メインもデザートも撮り忘れましたが、

トマト寿司、トマトの炊き込みご飯、トマトすき焼き🍅

トマト好きの私にはたまらない夏メニューでした。

帰りは10時近く…

深い闇に包まれているレストランを後にしました。
今日から7月。

山笠の山も飾られ、セールが始まり夏がやってきます。

梅雨明けももうすぐ…
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-07-01 20:39 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
銀座 ロオジエ
息子の誕生日のお祝いを家族揃ってロオジエで致しました。
c0366777_23270489.jpg
今日は個室で。
c0366777_23272576.jpg
ラリックの花器
c0366777_23280647.jpg
ドームの作品が飾られています。
c0366777_23283292.jpg
繊細でアートのようなお料理たち。
c0366777_23290470.jpg
c0366777_23291413.jpg
c0366777_23293549.jpg
c0366777_23301446.jpg
c0366777_23304052.jpg

私たちはクレープのデザートで目の前でサーブ。
c0366777_23305086.jpg
c0366777_23310013.jpg
娘のデザートも可愛い❤️

テーブルウエアは、コケ、アビランドはオーダー、ベルナルドなどのリモージュ
お誕生日の
ケーキ 黒桃が中に入っていて、さっぱりいただけます。
c0366777_23310823.jpg
c0366777_23311711.jpg

夫と息子は、写りたがらなかったので娘とロオジエの前でパチリ✨✨

隅々までエレガントでスノビッシュな設えとお料理と控えめな接客。

やはり大好きなグランメゾンです。

記念日にお勧めです。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-05-19 23:26 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
ジャン ジョルジュ(NY)
旅ネタ、もう少しお付き合いくださいね。。

六本木にも支店があるジャン ジョルジュのNYの本店で

ランチしました。
c0366777_02554197.png

ニューヨークの食文化に大きな影響を与えたと言われるジャン ジョルジュのレストラン。

ニューヨークに住んでいた友人からもここはぜったい行くべきとの事。

アッパーウエストのセントラルパーク前、トランプホテルの中という絶好のロケーションにあります。
c0366777_03254613.jpg
ウェルカムのレセプションから、尋常じゃないホスピタリティーで迎えられます✨😍

室内は上品でエレガント。

とーーっても落ち着きます💕

c0366777_03034749.jpg

旅行中ってお腹が空かないので、前菜一品とメイン一品そしてデザートのプリフィクスメニューを選択しました。

前菜の前のアミューズ
c0366777_03060576.png

ブロッコリーのスープをアジアンテイストで。

とってもスパイシーで食欲をそそります。
c0366777_03072405.png

牡蠣のグリルの前菜
c0366777_03075395.png
メインのテンダーロインステーキ
c0366777_03103299.png
外はしっかり焼いてありますが中は柔らかく。

(私は今流行りの低温火入れより、お肉はこのくらい外をしっかり焼いてあるほうがすきなので好みの火入れ状態でした❤️)

デザート
ホワイトチョコレートで中にはトロピカルフルーツやソルベが。
c0366777_03104708.png
デセール
c0366777_03114206.png
私たちのテーブル担当だったギリシャ人女性のホスピタリティーもパーフェクト。

次のバカンスにギリシャに訪れたくなってしまったほど😍

それから、誤解を恐れずに書くとすれば…

客層が凄いの一言。

(客層という言葉はナイーブな問題を孕みますので、

使うのは躊躇致しますが、私にとって一流フレンチは

お料理の美味しさや美しさのみならず、ロケーション、

インテリア、ホスピタリティー、客層、


全てを満たしてくれるものだと思っておりますので)


ランチなのと、ニューヨークはオペラでも皆様カジュア

ルだったので浮きたくなくて、セーターとジーンズで行

ったのですが、


激しく後悔。。😭



まるでヴォーグのページから抜け出てきたようなファッショナブルなお婆様方。
(かなりのご高齢と見受けられましたが、只者ではないオーラ)

隣の韓国人の若者はこなれたスーツの着こなし。

ミケーレのグッチの最新作をお召しになったマダム。

サクッとビジネスランチをスーツ姿で嗜む、アメリカ連続ドラマ「スーツ」に出てきそうなエグゼクティブなビジネスマンたち。。

スタッフは、会計後の対応まで、完璧、

夜に、ニューヨークでは比較的新参のミシュラン三つ星フレンチへ

行きましたが、ホスピタリティーやロケーション、客層


ではジャン ジョルジュが遥かに上に感じました。

(たった一回訪れただけですし私の全くの主観ですので、

違うご意見もあると存じます。

どうか容赦くださいませね。)

例えミシュランの星が一つなくなったとしても

ジャン ジョルジュ ニューヨークの格は落ちることないのだと心満たされた午後でした。

ディナーは敷居が高くても、ランチは絶対お勧めです✨✨

++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-04-13 02:51 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
ピータールーガー ステーキハウス(NY)
折角、ニューヨークへ来たのだから…

友人にも勧められ、


ブルックリンにある創業100年以上の歴史のある老舗ステーキハウスでランチをしました。

c0366777_08052836.jpg
ピータールーガーはブルックリンにあるのでマンハッタンからは少し距離があります。

寝坊して時間がタイトになったのと雨が降ってきたので

グッゲンハイム美術館からタクシーで移動しました。

14:45という、おやつみたいな時間にしか予約がとれなかったのですが、

店内に入って名前を告げると少し待つように言われます。

勿論店内は満席!!
c0366777_08075209.jpg

毎年全米のベストステーキハウスに選ばれている賞状がずらりと飾られています。

すぐに通されて…
活気に満ち溢れた店内を抜け席につきます。
c0366777_08095418.jpg
ラフな感じのテーブルセッティング
c0366777_08125450.jpg

前菜に、絶対お勧め

ベーコン🥓とトマトと玉ねぎ

肉厚すぎるベーコンが外はこんがり、中はジューシー
c0366777_08105386.jpg
こ、これは美味しい❤️😍😍
c0366777_08113212.jpg
そしてすぐにメインの2人用のステーキが

ヒレとサーロインが半分づつ

ジュージュー言いながら、運ばれてきます✨😍
c0366777_08160217.jpg

取り分けてくれますよ!
c0366777_08170776.jpg

結構、外側はカリカリしっかり焼いてあります。

「コレステローーーール」と言いながら肉汁の油を

たっぷり掛けてくれて😅
c0366777_08172608.jpg
特製ステーキソースか塩、胡椒で味付けしていただきます。
私、塊のお肉って苦手なのですが、これは本当に美味しい✨

(でも一番美味しかったのは前菜のベーコンでした🥓)

帰りは、地下鉄で帰ります。

地下鉄なのになぜ地上に駅があるかといいますと、

c0366777_08222303.jpg

電車が世界一古い吊り橋のブルックリン橋を渡ってマンハッタンへ戻るからです。


車窓からマンハッタンを眺めます。


c0366777_08241617.jpg


橋渡りながら車窓から外を眺めていると、何と無く郷愁をそそられるような切ないような気持ちになりますね…

c0366777_08250123.jpg
橋を過ぎると地下鉄はまた地下へ(当たり前ですけどね)

ステーキを食べ地下鉄に乗っているとこの街の空気感やリズムに馴染んで来た自分を感じます…

ニューヨークって何だか気持ちがフラットになれる街。

リンカーンの演説じゃないけれど、

上にも下にも人はいない…

みたいな。

現地の日本人ガイドさんて何と無く帰国するタイミングを失ってニューヨークに住んじゃったって方が多かったのですが、

タイミング失いそうな感じ、わかるかも…

って思った瞬間。
-----------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2018-04-09 08:01 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
中本千尋さんによるフィンガー..
at 2018-12-16 11:36
吉例顔見世興行 東西合同歌舞..
at 2018-12-15 00:26
キャリナリー製菓調理専門学校③
at 2018-12-11 00:57
覚悟が出来ている人は美しい
at 2018-12-10 01:18
テーブルコーディネート講座初..
at 2018-12-07 23:02
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.