Arts de la table
<   2017年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
12月のアフタヌーンティーレッスン参加者募集
コース制のアフターヌーンティレッスンですが、

2名だけ、ビジターでお入りいただけます。

10月のアフタヌーンティーレッスンの様子。
c0366777_00561039.png
12月はアフタヌーンティーの茶葉を極める

というテーマでアフタヌーンティーによく選ばれるブレンド、お菓子とお茶のペアリングなどについてお話しいたします。

アフタヌーン・ティーと銘打った紅茶は、あるようでなかったりするもの。

今回は、ロンドンの最高級ホテル サボイの

アフタヌーン・ティーブレンドをこのレッスンの為だけにロンドンの友人から送っていただきます。

c0366777_01003937.jpg
おそらく日本でサボイの紅茶がいただけるのは、

我が家だけ??

きっと優雅な時間を過ごしていただける事と存じます。

ケーキも何を作ろうか今からワクワクしております❤️

12月12日火曜日 11時から14時位まで

残席2名
おかげさまで満席になりました。
ありがとうございます。


クリスマスレッスンは満席ですが、こちらのレッスンで

もクリスマスティーも召し上がっていただきますので

よろしければ初めての方もお気軽るにお問い合わせください。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-30 00:54 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
芸術祭十月大歌舞伎(歌舞伎座)
先週末の事ですが、日本茶アドバイザー講座の前日に

「芸術祭十月大歌舞伎」を昼夜通しで見て参りました。

昼夜通しの観劇はなかなか体力・気力を要するので

芝翫さん出演される

夜の部だけを拝見する事にしておりましたが、

昼の部の「マハ−バラタ戦記」の評判があまりに高かったので、

追加でチケット取って頂き昼夜通しで見て参りました。

結果・・

c0366777_18383399.jpg




c0366777_18390378.jpg
歌舞伎の「マハ−バラタ戦記」本当に素晴らしかった・・

演出・脚本・音楽・舞台芸術・・全てが素晴らしい・・の一言です。

純然たる歌舞伎の台詞とエキゾチックな衣装・・音楽が違和感なく調和し・・

「歌舞伎 マハ−バラタ戦記」としてのこれまで

見た事のない世界へグイグイと引き込まれていきます。

「マハ−バラタ」という原題がそのまま歌舞伎の演目として掲げられたのは初めてだそうですが、

実は前史があり

初代市川團十郎の作で天和四(1684)年2月15日江戸中村座で初めて上演され、

その後歌舞妓十八番のひとつに数えられるようになった「鳴神」という作品があります

が、その源流がインドなのだそうです。

「マハ−バラタ」が受容されたのは日本だけではなく、世界中で受容される普遍性を

孕んでいる物語です。

解釈の仕方によるところですが・・

「マハ−バラタ」は「叙事詩」である・・とすると

(私の大学時代の恩師 で平家物語研究者の日下力 元早稲田大学文学部教授の最終講義では…

平家物語がラーマヤナ物語やマハーバラタ戦記と

根本的に異なっているのは、前者が戦いを嘆く人間を描 

く事により「叙事詩」ではない事だ。
と鮮やかに解説されたのでした。)

ですから、

語るにはいささかナイーブな表現を用いざるをえないのですが、

「叙事詩」とは王権保持のためや戦争肯定の物語である・・

と解釈する立場だったと致します。

しかし・・

「歌舞妓 マハ−バラタ戦記」は私の予想を良い意味で裏切ってくれたのです。


ラストで松也さん演じる阿龍樹雷が宿命を自己犠牲をもって断ち切り、

絶える事のない戦いに対する悲しみを観客に訴えかけます。

それを天空から見守る神々の眼差し・・

そして暫しの微睡みに落ちていく神々の姿で幕を閉じます。

絶える事のない戦いに対する深い悲しみ・・

を描く事によって単なる「叙事詩」ではない至高の作品へと仕上がっているのです。


素晴らしい脚本と役者さんの渾身の演技・・

機会があればまたぜひ見てみたい演目になりました。




幕間には「芸術祭御膳」を頂きました。




c0366777_18393615.jpg

c0366777_18400436.jpg
こちらなんと

インドにちなんで

カレーとナンがついていました。
c0366777_18402440.jpg
そして食後には

これまたインドに因んで

「ラッシー」を💗
c0366777_18404968.jpg
一口で飲みきってしまいます。
c0366777_18411217.jpg
昼の部が終わって15分位歌舞伎座の前に待っていてまたすぐに夜の部の開場です。
c0366777_18414935.jpg
夜の部・・

なんと幕間の食事が全部売り切れていましたので、

「めでたい焼き」を食べました。
c0366777_18421661.jpg
c0366777_18423914.jpg
餡の中に紅白の餅が入っています。

これは美味しい!
c0366777_18430491.jpg
さて夜の部は

「沓手鳥孤城落月(ホトトギスこじょうのらくげつ)」から始まります。
c0366777_18432695.jpg
こちらはかの坪内逍遥の作。

なんと・・

歌舞伎座では昭和55年4月以来37年ぶりに演じられるとか・・

坪内逍遥の歌舞妓作品では「桐一葉」が有名ですが

こちらはその続編に当たる物語・・

つまり大坂夏の陣に題材を取った

「豊臣家最後の一日」を描いた物語です。


この舞台、すでに風前の灯となった豊臣家の玉三郎さん演じる淀の方の錯乱ぶりが

見物なのですが・・

大阪城の奥殿が暗闇の中に浮かび上がる場面から

始まります。

私この日は朝4時半に起きまして・・

昼の部の「マハ−バラタ戦記」鑑賞でかなり気力と体力を奪われておりまして・・

めでたい焼きでお腹もいっぱいになりまして・・

前から四列目の花道横・・という素晴らしい席にも関らず・・

徳川方へ逃走しようする千姫・・

絶望のあまり錯乱する玉三郎様演じる淀の方・・

その様子を見て苦しむ七之助様演じる秀頼・・

石火矢が命中して壁が崩れていく極限状況を・・

「桐一葉」が浄瑠璃など音楽的効果や舞踏的要素も用いた江戸歌舞伎の

要素を踏襲していたにも関らず、

「孤城落月」は純然たる台詞劇・・

そう・・

睡魔が襲って来て

なんども気絶してしまったのです・・😢😢


(何と言う事もったいない事をしてしまったのでしょう)

睡魔に襲われながらも、

「滅び往く大阪城の本丸の前で居眠りするなんて・・」

そして・・

「七之助様が出ている舞台で寝るなんて・・」

と自責の念にはげ===しく苛まれていたのでした。。


そして夜の部2作目は

「漢人韓文手管の始(かんじんかんもんてくだのはじまり)」


c0366777_18441609.jpg

芝翫さん演じる 大通辞 幸才典蔵・・

すごかったな〜

男の嫉妬する姿の滑稽さや醜さをたっぷりと見せつけてくれます。

そして七之助様が綺麗なだけが取り柄の空気を読めない

傾城 高雄を演じています。

今回なんと三つの役所の七之助様を拝見出来ました。

美しいだけの恋する傾城 高雄

「マハ−バラタ戦記」では最初は異父兄弟に対し敵対心をあらわにしているが

月日が経つとともに自分が間違っているのではないか・・と思い始める

鶴妖乃王女。

Sッポイ七之助様が繊細な感情に目覚めていく様は見事としかいいようがなく・・

豊臣秀頼(は寝ていたのでよくわからない)

どれも見事でしたが、七之助様ファンとしましては

「桜の花の満開の下」のサイコパスっぽい夜長姫や

「女暫(おんなしばらく)」の静御前

を見たときみたいな

鳥肌が立ち、ゾクゾクするような・・

見てはいけないものを見てしまった

感じはなかったかもしれない・・

(だめだといってるのではなく、私の個人的な感想として、夜長姫と静御前がすごすぎて・・ということです。)


最後は・・

「秋の色種(あきのいろくさ)」

玉三郎さまの舞です。

やはり玉三郎さまは絶世の美女を演じて舞う姿が一番美しい・・
c0366777_18443809.jpg
昼も夜も見応えのあるまさに「芸術祭」の名にふさわしい力作揃いの十月歌舞伎座でした。

「マハ−バラタ戦記」は再演の折には皆様ぜひご覧ください・・

(私は眠ってしまった「孤城落月」をもう一回見たいものです・・😢)
c0366777_18450579.jpg
+-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-28 18:37 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
ルルベちゃん❤️
ルルベちゃんてご存知ですか?

関西で大流行していて、ジワジワ全国に流行りつつある

完全カスタマイズのハンドメイド人形です。

こちらは福岡で数少ないディプロマを持っている友人の作品❤️
(画像は友人のインスタよりお借りしております。)
可愛いでしょ〜😍
c0366777_19303414.png
今日のランチでも話題はルルベちゃんで持ちきりで、

私は、この子をお買い上げしました💕



c0366777_19284708.jpg

これからホルダーをつけていただいて、ハンドバックに下げます😊

もともとは、こんなシンプルなお人形。
c0366777_19344183.png
この子たちに、髪をつけて、ドレスを着せてアクセサリーや靴、バックをつけてカスタマイズしていくのだそうです。

c0366777_19355612.jpg

衣装もキットがある訳でないので、完全にセンスと、スキルも問われるのですが、友人は抜群にセンスがよく惚れ惚れしてしまいました💕

お人形のオーダーやご興味のある方は、お問い合わせくださいね。

絶対、福岡でもブレイクしそうな予感❤️

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-27 19:27 | お稽古 | Trackback | Comments(0)
単発スコーンレッスン
ご要望の多かったスコーンレッスンを致しました。
c0366777_14404346.png
c0366777_14410532.png
前の晩に皆様へのお持ち帰り用を50個位焼きました。

プレーンスコーン
サルタナレーズン入り
チーズスコーン の
三種類を実習していただきました。

粉まみれになり、
(気がつくとお口まわりに、小麦粉が
ついていらっしゃいる方もほらあの方も🐤)

生地も全員の方に触っていただき三種類焼き上げて、他のお料理と共に召し上がっていただきました。

マッシュルームのポタージュ
レッドキャベツとレーズンのサラダ
コテージパイ
ビクトリアサンドイッチケーキ
を作りました。
c0366777_14435312.jpg
スコーンは、
デボンシャーのクロテッドクリームと
とーーってもフレッシュな
ダブルクリーム
とストロベリージャム
ラズベリージャム
をつけて召し上がっていただきました。
c0366777_14481969.jpg

テーブルコーディネイトは、
中国悲恋をモチーフにしたウィローパターンを使った
シノワズリーな食卓

まだ、文化が西高東低でない頃の東洋に対する限りない憧れ・・

遥か東の国への果てなき憧れを表すべく・・

二種のダリアにピンクッションとどこか懐かしいフウセンカズラでエキゾチックなアレンジを生けてみました。

c0366777_14515152.png

c0366777_14521168.png
レッスン後の食事タイム
c0366777_14524558.jpg
c0366777_14525409.jpg

初めましての方も三人いらっしゃいました。
(ありがとうございます)

また、佐賀県からお越しの方も…

遠くからありがとうございました。

またお待ちしております。

レギュラーの生徒さまも、

実習とお手伝いありがとうございました。

ゆっくりしていただける生徒さまとお話しに夢中になっていると、

夕日があっという間に海に落ちて行きました。
c0366777_14545817.jpg
日が暮れた後の名残りの色彩が空と海のグレーに挟まれ織りなす色彩は、

絵画のように美しい…
c0366777_14571494.jpg
秋も深まるもの思う夕べ・・
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-26 14:36 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
日本茶アドバイザー養成講座三回目(東京茶業会館)
9月から通い始めた、日本アドバイザー養成講座も3回目。

今日午前中は、日本茶の淹れ方のインストラクションでした。

煎茶の美味しい淹れ方のデモストレーションをグループ内でデモストレーションして

講師から講評を頂きました。


午後は「茶の品質鑑定」

c0366777_19153220.jpg

c0366777_19154592.jpg

いったい何種類のお茶や、煎茶を触って、嗅いで、見て、滋味を味わって、、
緑茶に酔いながら…


緑茶のもつ「みる芽感」
がようやく、

何回もお茶を触って嗅いで、滋味をとってわかって来ました。

上級煎茶って

まるで、磯の香りのような青臭い香りなのですが、

(これは私個人の表現です)

もちろん、見た目も色も手触りも下級煎茶とは異なりますが、、

何といっても

滋味をとると、際立って美味しいのです。


熱湯で淹れても、なお渋みの後から押し寄せてくる甘みが口の中に優雅な余韻をいつまでも残します。
その余韻は、
心の中の憂さを取り払い、慰め、寄り添ってれるようです。

ああ、だから私、お茶が好きなんだなぁ〜



そう、お茶って悲しい時も

嬉しい時も心に寄り添ってくれるのです。

それは紅茶であっても日本茶であっても変わらないのですね。


(「ミルイ」って静岡弁で「若い」っていう意味だそうで、

上級煎茶は「みる芽感」が香りも滋味も必須なのだそう。)


さて、台風は関東方面へ向かっているのでしょうか。。

被害が出ないことを祈るばかりです。

皆様も気をつけてお過ごしください。
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-22 19:09 | Trackback | Comments(0)
アフタヌーンティーレッスン(イギリス陶磁器の歴史)
アフタヌーンティーレッスンの第二回は「イギリス陶磁器の歴史」でした。
銀器やカトラリーのお話しまでしたかったのですが、時間が足りなくなってしまいましたので、第3回に触れたいと思います。 
c0366777_00111649.png


今日もレギュラーの生徒さんにビジターの方が溶け込まれ、和気藹々と盛り上がりました。
c0366777_00333672.jpg
もちろん、前半はしっかりお勉強です。

今回は、イギリスの陶磁器の歴史、、それも茶器に限定してお話し致しました。
ティーカップや本を手に取っていただき、柄や形状も見ていただきます。
c0366777_00162800.jpg
座学で一時間お勉強したあとは、

イギリスで手に入れた、アンティークシルバーやリネンでセッティングしたテーブルで軽食とデザートです。

今日は歴史のお話しにも出て参りました、シェリー釜のティーセットでセッティングいたしました。
c0366777_00191359.png
c0366777_00313588.png
青いヘアベルがとても可憐です。

最初にこの花を見たとき、ブルーベルの花かと思いましたが、違ったようです。



季節柄、ヘアベルの花はないので

同じ青い花で

デルフィニウムを生けました。

青い花…大好きなんです。

c0366777_00223547.png

軽食は、

ビーツのスープ
イチジクと春菊とクルミのサラダ
ローストポークに紅玉のソースを添えました。

c0366777_00175035.jpg

スコーンは、三種類の入れ物に盛り付けました。

c0366777_00293909.jpg

デボンシャーのクロテッドクリームと少し乳脂肪の少ないダブルクリームと苺のジャムをつけて召し上がっていただきました。
c0366777_00304448.png
c0366777_00305557.png

長野県県から取り寄せた紅玉を使って、紅玉のタルトを作りました。
中には アーモンドクリームと紅玉のコンフィチュールを作って詰めました。
こちらはコムラフランスの大野敦子先生のレシピです。
c0366777_00370576.png
c0366777_00372029.png
紅茶はドイツのロンネフェルトから二種類。

今日もお喋りが楽しく最後は皆さんでお片づけまでしていただき本当にありがとうございました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

来週のスコーンレッスンの皆様もお待ちしております💕
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-20 00:06 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
紅玉とおうちごはん
長野県に注文していた紅玉がやっと届きました。
c0366777_20363341.jpg

これが二段ですので40個.

レッスンでお出しする

紅玉のタルトとローストポークのソースを作ります。

そして、

NHKの今日のご飯の栗原はるみさんのレシピですが、

止まらない食欲の秋は、
 
お芋二種類食べちゃおう!

と言うことで、、、

さつま芋と塩昆布の炊き込みご飯

c0366777_20384072.jpg
お芋を入れて炊き、炊き上がったところで
塩昆布投入して
c0366777_20391294.jpg

蒸らして出来上がりです。
c0366777_20400556.jpg
あとは、混ぜていただくだけですが、
これは簡単で美味しいの。

食べ過ぎてしまいます🍠

じゃが芋料理は 
定番 肉じゃが

今ハマっている
きのこ汁
そして紫つる草のおひたし。

今晩も地味ごはんです。

c0366777_20415000.png
お腹すかせてる娘にも届けてきました。
c0366777_20421953.jpg
これから、サロンを掃除してタルトの生地を作ります。

水曜日のアフタヌーンティーレッスンの皆様、 

お天気が悪いようですが、

どうぞ、気をつけてお越しくださいませ❤️

そして、誰か私の食欲を止めて〜〜
+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-16 20:35 | おうちごはん | Trackback | Comments(0)
有田町でのテーブルコーディネイト教室
有り難いことに…               

佐賀県有田町のアリタポーセリンラボ旗艦店のショールームにて
テーブルコーディネイト教室2回目をさせていただきました。

c0366777_20353928.jpg




心配された雨も降らず、佐賀市内、伊万里市、福岡市内、波佐見町からもお集まりいただいたお客様に囲まれてのテーブルコーディネイト講座は…

テーブルコーディネートの知識の基礎
陶磁器の分類
陶磁器の歴史を総括してみる有田焼きについて
本日のコーディネイトの説明

途中、有田と伊万里のことや

釉薬と磁器の貫入について

などについては、松本社長さまより詳しくご説明いただきました。

c0366777_20164924.jpg

同じジャパンシリーズのブラックとパールグレー
とゴールドを用いて3つのスタイルをご提案いたしました。

能の「紅葉狩」に題材を得た、和のテーブル

c0366777_20031922.jpg

バカラのグラスやクリストフルのカトラリーを合わせた
エレガントな洋のスタイル

写真の平皿はパールグレーの色。

フレンチのシェフなどの要望でよりフラットにデザインされた平皿は

エレガントな洋のテーブルをスタイリッシュにしてくれます。
c0366777_20041682.jpg

そしてフランスのリネン、ボーヴァレのトスカーナの赤
を使用しての、有田焼とのクロスオーバースタイルで
店舗のインスタレーションを試みました。

c0366777_20065242.png
ものの持つ力とは不思議です・・

ボーヴィレとアリタポーセリンラボという二つのポテンシャルの高いアイテムが

私の手を離れて音楽のようにハーモナイズされて見た事のない世界を作り出します。


c0366777_20070413.jpg
c0366777_20071358.jpg
ジャパンシリーズのブラックとパールグレーはつくづくポテンシャルの高い食器だな〜と感じた一日でした。

セミナーあとはお楽しみのランチ。


コニックで有田豚のランチを頂きながらお話も弾みます💗

デザートもつきます。
c0366777_20075180.jpg
参加された方全員へのお土産に
なんと・・
古伊万里草花紋のワインレッドの平皿(写真下真ん中)
をつけて頂きました。
(ありがとうございました。)
c0366777_20081310.jpg
今日は一日中雨が降り・・

一雨ごとに秋が深まり色づいてくる山々を眺めながら、

今年もあっという間に終わってしまいそうですが、

素敵なテーブルウエアの食卓もそれを囲む家族や大切な人との時間あってこそ。

また美味しいもの作らなきゃ・・😊

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

旗艦店の皆様もお世話になりました。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-15 19:52 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
秋のインスタレーション(有田ポーセリンラボ旗艦店)
今日は雨の中有田町まで行って参りました。

アリタポーセリンラボ旗艦店の店舗のインスタレーションの秋バージョンを担当させていただきました。
c0366777_19000371.png

c0366777_19002121.png

テーブルに散らした、紅葉した葉は。。

雨が降る前に拾いに行きました。

何の葉か分かりますか?
c0366777_19015393.jpg


桜の葉なのです。

桜は花咲く季節は人が沢山集いますが、

秋は見上げる人もいません。
c0366777_19025943.jpg


でも紅葉した桜の葉はとても綺麗なんですよ。
c0366777_19034049.jpg
紅葉した桜の葉を沢山食卓にも散らしました。

テーブルテーマは

秋を愛でる。秋に集う。

色づく葉を愛でながら、家族と友人と団欒の食卓です。

使用しましたのは

アリタポーセリンラボ、ジャパンシリーズ ブラックとパールグレー

ジャパンシリーズのオータムのゴールド。

テーブルクロスは

ボーヴィレのトスカーナの赤。
c0366777_19071613.png
c0366777_19072833.png

有田町まで車で往復4時間。

店舗に4時間滞在して帰りは真っ暗でしたが、

ラジオから流れてくる、NHK-FMは親子作家特集、

バッハ親子、モーツァルト親子に続き、


ウィーンのニュ-イヤーコンサートで必ず演奏される

「美しき青きドナウ」

「ラデツキー行進曲」

どちらも、

同じヨハン シュトラウスかと思っていたら、

前者は父親

後者は息子の作曲なんですって。

同一人物かと思っていました。

久しぶりに音楽会に行きたいなぁ…

少し肌寒い雨の向こうに深まる秋を感じる満たされた

夜…


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-13 18:57 | その他のお仕事 | Trackback | Comments(0)
空きのお知らせ
来週10月18日水曜日
11時〜15時

アフタヌーンティーレッスン(陶磁器の歴史)に一席だけ、キャンセルが出ました。
満席になりました。ありがとうございます。
c0366777_21503823.png

こちらは、会員様のコースレッスンですが、

空きがあった場合は

ビジター会費にて単発でもご参加いただけます。

イギリスの陶磁器の様式の歴史をティーカップをご覧いただきながら、

ご説明致します。

今回は初公開の18世紀ジョージアンの貴重なティーボールを手にとってご覧いただけます。

c0366777_21534292.png
ソーサーに移して緑茶を飲んでいたころのティーカップです。
c0366777_21535337.png
それからアール ヌーボーが美しいワイルマンのトリオ
など、、
c0366777_21545967.png
陶磁器の歴史を学んだあとは、、

楽しいティータイムです❤️

ティータイムは、アフタヌーンティー形式にて。

紅茶は、先日もアップしましたロンネフェルトのクリスマスティー

c0366777_21560791.png
そして、スコーンと

クロテッドクリームはデボンシャーのものを
c0366777_21574214.png
他にも乳脂肪分が少ないダブルクリームもご用意します。
ヴィクトリアサンドイッチケーキと紅玉のタルトを作る予定です。

よろしければ、初めての方もお気軽にお問い合わせくださいませ。

+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2017-10-11 21:48 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。福岡市内で紅茶とテーブルセッティングの教室を主宰
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
> 巴扇さん コメント..
by artstable67 at 10:28
アマンとても素敵ですね。..
by 巴扇 at 03:34
最新の記事
LOVE FM トプモ ア..
at 2018-11-14 17:43
松永幸恵先生のウォーキングレ..
at 2018-11-13 23:02
炭火焼き鳥 とりら(Tol..
at 2018-11-12 11:43
LOVE FM Top ..
at 2018-11-11 22:01
ウェッジウッドクリスマステー..
at 2018-11-11 01:01
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.