人気ブログランキング |
Arts de la table
デコレディ 👠✨
オールドノリタケのデコレディってご存知ですか?
c0366777_23152876.jpeg
オールドノリタケの中でも1920年代に日本で作られてアメリカへ輸出されたアール デコの時代の女性たちが描かれたラスター彩のシリーズです✨✨

アールデコの時代は第一次世界大戦で男性の数がぐっと減ってしまい、それまで地位の低かった女性が社会進出をし始めた時代です。

その時代背景を色濃く反映したのがオールドノリタケのアール デコのデコレディのシリーズです。

1920年代の女性の風俗のみならず、

ポンパドール夫人

南北戦争時代の女性など

各時代のファッションアイコンだった女性達をモチーフにしたものもあり、

いくつかご紹介しますね。

まず、こちらが

「デイジー」

「華麗なるギャツビー」のヒロインです‼️

グリーンの瞳もデコレディの代表のような作品です❤️

素敵すぎる〜✨
c0366777_23285534.jpeg
それから、

ポンパドール夫人💖

アールデコの時代に蘇ったポンパドール夫人は、

いつの時代もファッションアイコンなのですね✨
c0366777_23303080.jpeg
おお〜✨✨

このポンパドール夫人素敵すぎ✨✨

モダンアートのようです。

これ欲しい😍
c0366777_23312942.jpeg
 
こちらは

「サザン ベル(南部美人)」
「風と共に去りぬ」の時代、南北戦争の時代の女性達のファッションをアールデコに蘇らせたもの✨✨

スカーレット オハラの時代ですよ❤️
c0366777_23325497.jpeg
c0366777_23331179.jpeg

こちらは

「クララ」
1920年代はハリウッド映画のショービジネスと絡めて

広まっていったオールドノリタケですが、

こちらは当時のファッションをまとったデコレディ✨

今見てもスタイリッシュ✨✨

ラスター彩の輝きも美しいですね。


c0366777_23403009.jpeg
女性が活躍し始めた時代のエネルギー、各時代のファッションアイコンが
ハリウッドのショービジネスと結びついて、遥か東洋で作成された、アールデコファッションは、

どこかエキゾチックでありながら、古さを全く感じさせません✨✨

アンティーク市場でもコレクターも多く、高値で取引きされるそうです。

1920年代
「華麗なるギャツビー」の時代…💍✨👠

タイムマシーンがあれば、飛んでいきたいものです…


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2019-03-07 23:14 | テーブルウエア | Trackback | Comments(0)
テーブルコーディネート講座初級編二期生
今日はテーブルコーディネート講座初級編二期生の2回目でした。

2回目の今日は食卓史。
古代ギリシャ、古代ローマ、中世、そしてルネサンスまでをお話し致しました。

人物は、カトリーヌ ド メディシス、ディアーヌ ド ポワチエ、ローマの美食家アピシウス、タイユバン、宮廷料理人ヴァテールについて。

皆さまに大変興味を持ってお聴きいただき嬉しいばかりでした😊

今日は、アリタポーセリンラボの器を


フランスリネンのボーヴィレのリアルトのピンクに合わせました。
c0366777_00225160.jpeg

フラワーは

啓翁桜と淡いピンクのスイートピー🌸

桜の花は1つ1つは白い花なのに、

あまた重なると、ほんのりピンクに見えてしまいます…

桜と淡いスイートピーを合わせると、

果てしなく続く桜並木のピンク色に見えてしまうので不思議です…

c0366777_00440282.jpeg
c0366777_00443283.jpeg

お出ししましたお料理は

新玉葱のスープ
豚肉の香草ソース
トルタ サルータ
レモンとライムのゼリー
ルーローフロマージュ
c0366777_00454202.jpeg

トルタ サルータは二又美知先生のレシピです。

人参、グリーンピース、玉葱、そら豆、ベーコンそして
お米が入った、

イタリアの塩味のタルトです💖
c0366777_00492549.jpeg

c0366777_00510517.jpeg

参加くださいました皆さまの装いもすっかり春仕様でした。

桜咲く春はすぐそこに…🌸🌸


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2019-03-06 00:12 | 自宅レッスン | Trackback | Comments(0)
祝い膳会食(小倉松柏園ホテル)
夫の還暦のお祝いを小倉松柏園ホテルにて致しました。

c0366777_01003318.jpeg
広々としたお茶室を貸し切りにて…
c0366777_01012378.jpeg
こちらは小笠原流煎茶道のお茶会が年に2回行われる茶室だそうです。

格式高く品格あるお部屋で、お祝い事にぴったりです✨✨
c0366777_01014411.jpeg
お食事は手前のお部屋にて、主人の父と母のためにテーブルと椅子を入れていただきました✨

c0366777_01024481.jpeg

虎河豚のお刺身💖

関門海峡が近いので、虎河豚は最高に美味しいのです✨✨
c0366777_01030939.jpeg
リクエストでお願いしました、

伊勢海老の黄身煮と合馬の筍の炊き合わせ…  

春の香りが致します。
c0366777_01032425.jpeg
虎河豚の白子の茶碗蒸し

とろとろ、ふわふわ
c0366777_01040603.jpeg
和牛のローストステーキ。

c0366777_01042101.jpeg

オコゼの唐揚げ
c0366777_01073859.jpeg
このあと、
筍ごはんとデザートへと続きました✨✨

少食の主人の両親も珍しく沢山いただきまして、

お料理の美味しさを絶賛しておりました💖😊

松柏園ホテルさんは兎に角ホスピタリティが素晴らしく、
細やかに配慮いただけて、高齢者の父と母と一緒でも、


安心してお尋ねすることができます。

流石の老舗ホテルの風格と品格に毎回感激致します💖

帰りも見えなくなるまで見送ってくださいました。

大変お世話になりましてありがとうございました✨✨

夫も還暦を迎え、子供達も2人とも春から登院しそれぞれの道を歩み始めます…

親の知らぬ場所でどんな風に花を咲かせているのか、

嬉しく思う傍らで、

老後とはあっと言う間に訪れるものだと思う今日この頃。


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


# by artstable67 | 2019-03-01 00:58 | そとごはん | Trackback | Comments(0)
有田ツアー③(今右衛門窯)
チャイナオンザパークを出発して、有田ツアーの最終目的地は、また上有田の方へ戻って、

今右衛門窯へ。
17時にはなっていたかと思います。
c0366777_01043787.jpeg
玄関を入ってすぐ左手に、雛祭りの設えが…

陶磁器のお皿をお雛様とお内裏さまそして

桃と橘に見立て、雛道具も磁器製で、
古式床しく美しく言葉を失い見入ってしまいました。

c0366777_01181739.jpeg
ここから一気に今右衛門ワールドへ引き込まれて行きます…

大学時代の友人が連絡してくださっていたので、


名前を告げると

遅い時間にもかかわらず、


丁重にお迎えくださり、

お茶をいただきながら、色鍋島について

コアなお話しを伺いました。



c0366777_01202063.jpeg
c0366777_01210138.jpeg
色鍋島は、鍋島家の大切な献上品であったこと。

上絵の赤絵だけを11軒の窯で仕上げおり、保護特区のような地区であったこと。
(今でも住所に赤絵がつきます)

赤絵といっても赤い色の色彩だけでなく、青、赤、緑の

三色での上絵を赤絵ということ。

素焼きー下絵ー釉薬の過程は伊万里で、赤絵を有田で分業することにより、焼成の秘密を守ってきたこと。

今右衛門窯は、元々は藩窯であって窯元ではなく、それが柿右衛門窯との違いであること。

などをお聞きしておりますと…

何と会議を終えて帰って来られた14代が、急いで合流してくださり…

またまた、今度は紅茶をいただきながら…

(このおもてなしの素晴らしさにも痛く感動しました😭)

c0366777_01282004.jpeg

14代のお話しをお聞きしながら、

この機会を逃すまいと

質問を色々とさせていただきました!!

「14代の作品には雪のモチーフが多いのですが、それには理由があるのですか?」とお聞きしますと

「東京の大学に行っていたとき、課題をこなすタイプの

勉強が苦手で自分には才能がない…

と思っていた時、空から降りしきる雪の美しさに

とても感動し、

この感動する心があればきっと何かを生み出せるに違いないと。。

雪は私の原点なのです。」

皆でとても感動して、胸が熱くなりました。

c0366777_01340960.jpeg
私達の不完全な質問をきちんと受け止めてくださり、

一つ一つ真摯にお答えくださいました。

ピュアで少年のように目の澄んだ14代は、本当にもう拝みたいほど素敵な方でした😭

「これからどんな作品を作って行かれるのですか?」

との質問に

「それは私にもわかりません。

時代が変わっていけば、作品は変わって行きますし、

私自身の心の有り様も変わっていきますから…」



何て自由な心の有り様‼️

拘りなく柔軟な心の有り様に、皆で深く感動し、

明日からの生き方に対する心の有り様が変わっていくよう


そんな余韻に浸りながら


帰路につきました。

c0366777_01440586.jpeg

お土産までいただきましてまことに有難う存じました。
c0366777_01400286.jpeg
14代のお人柄は、書かれていらっしゃるコラムに現れています。

無駄のない簡素な文章の中に浮かび上がる


静謐な陶磁器の世界。

お時間ある時にご覧になってください。


# by artstable67 | 2019-02-25 00:53 | テーブルウエア | Trackback | Comments(0)
有田ツアー②(深川製磁チャイナオンザパーク)
さてアリタポーセリンラボ旗艦店を後ろ髪引かれる思いで後にして伺いましたのは

有田駅にほど近い緑深い丘に佇む深川製磁の
チャイナオンザパーク。
こちらでは、
営業本部長の深川真樹生様にアテンドいただき、

初代忠次の名前を冠した柿本朱利設計の忠次館へ。

木々の木漏れ日の中、階段を登って参ります。

c0366777_17091822.jpeg
左手には、ラベンダー畑が広がり季節早く咲いた桜も綺麗です。
c0366777_02385380.jpeg

忠次館に着いて下を見下ろすとは明治時代からあるという工場が一望できます。
c0366777_02382829.jpeg
忠次館の入り口から振り返って、外を望みます。
c0366777_02393194.jpeg
中に入るととても天井が高く広々としたワンフロアの中に
c0366777_02421406.jpeg

現代の季節の器

今の季節ですと、

時期天皇陛下の即位の晩餐会の引き出物として話題になったボンポニエール

磁器のお雛様

雛道具の小さく美しい事

c0366777_02453327.jpeg
それから、主に輸出用の器を作って来られた深川製磁の歴史を感じる展示

c0366777_02475115.jpeg

このような木の箱に入って船で輸出されていたそうです。

それから1900年のパリ万国博覧、1904年のセントルイス万国博覧会で名誉賞、金賞を受賞した

大花瓶が、一般公開されています‼️

c0366777_02513020.jpeg
こちらかなり大きなサイズです!

私達の身長と比べてください‼️

c0366777_02522031.jpeg
この花瓶をろくろで作ったというので本当に驚きです。

奇跡的に一対できた、もう一つの大花瓶は、フィラデルフィア博物館にあるそうです。


忠次館はワンフロアーで深川製磁の歴史と現代を体感する事ができるようになっています。


門外不出の美しく金色に輝く大花瓶を眺めながら二階のカフェでコーヒーをご馳走になりました。
c0366777_02573671.jpeg

それがら、アウトレットショップへ
c0366777_02571990.jpeg
廃盤になっているもの、限定品も発見して、

夢中になって買い物しましたが、

(戦利品は後日ご紹介します)

その一部の干支のお皿。

毎年コレクションされていらっしゃる方も多いそうです。

c0366777_03000219.jpeg

さて、こちらも慌てて出発して

最終目的の窯へ。

その時既に16:45😭

開館時間内に到着できるのかしら…

# by artstable67 | 2019-02-24 02:24 | テーブルウエア | Trackback | Comments(0)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
宮橋さま。 返信遅れま..
by artstable67 at 22:24
はじめまして。宮橋ともう..
by 宮橋 at 01:57
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
> 萬年順子さん 若き..
by artstable67 at 00:50
素敵にご案内してくださっ..
by 萬年順子 at 14:20
最新の記事
テーブルコーディネート講座(..
at 2019-04-23 23:17
テーブルコーディネート講座中級編
at 2019-04-19 23:34
ウグイス嬢(婆⁉️)
at 2019-04-16 19:03
オールドノリタケを使って春の..
at 2019-04-07 03:55
単発レッスンのお知らせ
at 2019-04-04 00:09
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
メディア出演
アシスタント大募集
宝塚
お茶
博多阪急7階オールドノリタケ展
ポンパドール夫人大好き
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.