人気ブログランキング |
Arts de la table
タグ:ルネサンス ( 2 ) タグの人気記事
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)
渋谷道玄坂のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美」を見てきました。
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_18594826.jpg
土曜日でしたが、前日に行った国立新美術館の「ルーブル美術館展」に比べれば人も多くなくゆったりと鑑賞できました。

ルネサンス・フィレンツェ・ボッティチェリという教科書的にスタンダードな美術テーマ・・これをいかに料理するかはキュレーターの腕の見せ所?
といったところでしょう。
期待してしまいます・・

サブタイトル「富と美」からも伺えますがこちらは「フィオリーノ金貨」の鋳造からはじまりボッティチェリの死までという時間軸でルネサンスの舞台をフィレンツェに限って富と芸術との関係を考える
・・というテーマでアレンジされている展覧会。
とても興味深かったです。

まずは「フィオリーノ金貨」について
こちらがそのフィオリーノ金貨。原寸は19.5mm
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_19171448.jpg
1252年11月、フィレンツェにて最初のフィオリーノ金貨が鋳造されました。

フィオリーノ金貨について補足しますと・・
「フィオリーノ」という単語はヨーロッパの中で花の都「フィレンツェ」のシンボルとして広まった。
フィオリーノ金貨はヨーロッパの中でフィレンツェのイメージとなっており、その偽造は貨幣の信用を危険にさらし、ひいては共和国経済全体の評判を落とす恐れがあったのである。
フィオリーノ金貨の普及の度合は、英語のフロリン(florin)ドイツ語の(Florin)などさまざまな国でフィオリーノから発生した単語が貨幣単位に使われていた事からも明らかです。
オランダではユーロ導入まで通貨の名称としてフロレイン(florein)が使われ、ハンガリーではいまでもフィオリーノから派生したフォリント(forint)が貨幣単位として使用されている。
(以上 展覧会公式図録より抜粋)

このように、文字通り西洋を席巻したフィオリーノ金貨ですが、
写真を見て頂くと表に百合の花、裏に洗礼者ヨハネの姿が刻印されています。
百合の花は都市フィレンツェのエンブレムで、洗礼者ヨハネはフィレンツェの守護聖人なのだそうです。
こちら現在ユーロ圏で使われている5セント貨くらいの小いささながら24金で3.53gの価値の高い金貨だったそうです。

さてなぜ、フィオリーノ金貨が絶大な影響力を持ち得たのでしょうか?

メディチ家の財力?影響力?

答えは一部は正しくしかし不十分だと思われます。

フィオリーノ金貨が鋳造されたのは1252年。
コジモ・デ・メディチが亡命先から帰郷しフィレンツェの事実上の支配者となったのが1434年。

メディチ家が支配するずっと前からフィレンツェは繁栄しルネサンスは始まっていたのです。
フィオリーノ金貨が鋳造されたころフィレンツェで絶大な力を持っていたのはバルディ家それからペルッツィ家。
この2大有力家系が手を広げていた分野は、金融業(銀行)、手工業、通商と広くもはや財閥と呼べるレベルでした。
クライアントもヨーロッパ全土に及び、イギリス、フランス、ナポリの各王家、そして法王庁が最大顧客でした。
(最も、法王庁は預け入れ、各王朝は借り入れだったと思われますが・・)
バルディ家の融資がなければイギリス王もフランス王も戦争が出来なかったそうです。
すごいですね〜

このころ活躍していた画家はジョット。
フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂内のバルディ礼拝堂のフレスコ画(アッシジの正フランチェスコの生涯)を製作したことで有名ですね。

ところが、
1343年にペルッツィ銀行が倒産。
1344年にバルディ銀行が倒産。
それに代わって、1397年にジョバンニ・ディ・ビッチがメディチ銀行の元を開設。
1420年にはメディチ銀行のジュネーブ支店が開設されメディチ家の躍進が始まります。
このころのフィレンツェの生産性ってどのくらいだと思われますか?

フィレンツェの1市民の生産性が他の地域の封建領主や修道院の所有地で働く人の40倍になっていたとする学者もいるくらいです。
領有する土地の広さなら中程度の国家とするしかないフィレンツェの経済力の方が、フランスやイギリスやトルコを完全に凌駕していたとか・・!!
フィレンツェ恐るべし・・
フィオリーノ金貨がヨーロッパを席巻したのも納得です・・

とは言え、この時フィレンツェにはコジモ・デ・メディチによる専制政治がしかれたいたわけです。
その元でフィレンツェは繁栄した。
歴史家のグイッチャルディ−ニはこう言っています。
「メディチは専制君主だった。しかし好ましい専制君主だった。」と。
このメディチ家による僭主政治が機能していた60年間の間にフィレンツェのルネサンスは最盛期を迎えるのですから。

コジモに関して、特筆すべきは彼が高額所得者であったにもかかわらず「累進課税制度」という公正な課税制度を考えだした事ではないでしょうか・・
しかもその税率も4パーセントから33・5パーセント。
決して高くはないですよね。
専制君主ならいくらでも徴収できるところを・・
現実を直視し時代を読める経済人としての秀でた才能にはただただ感心するばかり・・
コジモあってこそのフィレンツェのルネサンスだったと思います。

さて話を展覧会に戻します・・

この展覧会で興味深かったもの。
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_20310119.jpg
ロレンツォ・デ・メディチの息子ヌムール公ジュリアーノ・デ・メディチが使っていた
算術と幾何学の問題集。
いつの時代も子供はお勉強・・大変ですね・・
問題集にはフィレンツェの商人たちの姿が生き生きとして描かれて当時の商人の風俗が図らずもよくわかります。

お金・・につきまとう汚れた負のイメージは当時から強くあったようで金融に携わる銀行家・その中でも高利貸しはとくに悪いイメージだったようです。
高利貸しを描いた一枚。
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_20382268.jpg
なんとも欲深く狡猾に描かれている事でしょう・・

高利貸しではないにしてもメディチ家も銀行家・・巨万の富を持つ事による負のイメージの回復・また階級が定まっていない社会でのメディチ家のイメージ戦略のために
そして何よりコジモ・デ・メディチやロレンツォ自身の魂の救済のため彼らは芸術の為に惜しみなく出費していくのです・・

「罪から逃れたい・・・というのはルネサンスの原動力だった」

と本展覧会では言っています。
とても面白い視点だな〜と思いました。

コジモの孫のロレンツォ・デ・メディチとボッティチェリは大変仲がよくロレンツォはたくさん仕事を注文しています。

さて、展覧会の作品のメインはなんといってもボッティチェリの聖母子像の絵画・・
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_21310817.jpg
(「ケルビムを伴う聖母子」サンドロ・ボッティチェリ(絵画の一部)フィレンツェ ウフィツィー美術館所蔵)

展覧会始まって、集中力のおちていない早い段階で迎えてくれる典雅でしかしあどけない聖母・・

そして終盤にボッティチェリの作品群が集められて部屋があり・・
遭遇したのですよ・・
フレスコ画の「受胎告知」
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_21361999.jpg
(「受胎告知」サンドロ・ボッティチェリ(絵画の一部)フィレンツェ ウフィツィー美術館所蔵)

写真は展覧会にあるフレスコ画のほんの一部。
243×555cmの大きさの壁画ですから・・

とても大きな作品です。。
こんな大きなフレスコ画を日本で見られるとは思っていませんでした。

そしてなんと優美なボッティチェリらしいフレスコ画でしょう・・

彼の師匠で女好きのフィリピーノ・リッピの描く聖母がどこか世俗的な表情であるのにたいして女性に縁遠かったボッテチェリの描く聖母はまさに天上の美そのもの・・

風が吹いてくるのです・・
絵画の中から吹き抜けてくる風を感じながら長椅子に座り時間を忘れてフィレンツェ時間に浸りました・・

この優美な空気感はどうぞ、その前に立って味わってくださいとしか言いようのないものなのです・・
そして名画のすごさとは
この優美な風が美術館を出て平凡な日常に戻っても吹いてくる事なのです・・

Bunkamura ザ・ミュージアムは渋谷道玄坂の東急デパートの地下にあり開放的でカフェがあり・・

ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_22034072.jpg
隣接する書店には美術関係の雑誌や書籍がたくさんあります。
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_22052797.jpg
ミュージアムショップで購入したお土産は・・
ボッティチェリとルネサンス〜フィレンツェの富と美(Bunkamura ザ・ミュージアム)_c0366777_22082619.jpg
フィオリーノ金貨のチョコレートとカタログ、フィレンツェ独特の模様を配したデコレーションペーパー。

フィオリーノ金貨のチョコレートはこちらを投稿しながら、食べてしまいました。

だから美術館巡りは止められない♪

(参考文献)
「公式図録 Money and Beauty」
「ルネサンスとは何であったのか」塩野七生


+++-------------------------------------------------------------+++
  レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングや
  セミナー等お仕事の依頼は
  m.yamano67@gmail.com までお願い致します。
  公式ホームページ:http://artstable.jp/
+++-------------------------------------------------------------+++


by artstable67 | 2015-05-17 22:16 | アート | Trackback(1) | Comments(5)
ビーナスの誕生
先週の25日のNHK総合で放送された日曜美術館。
タイトルは「女神の瞳に秘められた謎   ルネサンスの巨人ボッティチェリ」
ご覧になった方も多いかと思います。
現在、渋谷Bunkamura ザ ミュージアムで開催されている「ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美」展にあわせての企画放映のようです。
「ボッティチェリ」「ルネサンス」といえば、「印象派」「フェルメール」と並んで、企画すれば確実に人を動員することが出来る人気美術展企画です。

そしてボッティチェリといえばこちらの絵画「ビーナスの誕生」
ビーナスの誕生_c0366777_02094609.jpg

(上は絵画の一部)「フィレンツェのウフィツィ美術館所蔵」

あまりにも有名で、私の中で「モナリザ現象」(色んなところで目にしすぎて通俗的に見えてしまう)を引き起こしてしまっていた絵画ですが、今回の日曜美術館を見て、実はよく知らないこともあったのだと…
今日は反省も込めて番組の中から抜粋して。

このビーナスの眼差し、じっとご覧になった事ありますか?
ビーナスの誕生_c0366777_01135401.jpg
憂いを秘めてどこか悲しげです。
ボッティチェリの描く女神や女性のは物憂い眼差しの女性が多くそれが絵画に奥行きを与えているのですが、完璧な美女ビーナスがどうして悲しげな眼差しをしているのかあまり考えた事がありませんでした。

これはビーナスが誕生した瞬間を描いた絵画ですが、生まれた時から完璧な美女。。それも神だから・・と深く考えずにいましたがビーナスの誕生には次のような神話があるのです。
ビーナスの誕生_c0366777_01242188.jpg
これはギリシャ神話の中の物語なのですが、ウラノス(左)父をクロノス(右)息子が殺す場面の絵画です。
ギリシャ神話では最初にカオスがありそこからガイア(大地の女神)とタルタロス(冥界)とエロス(愛の神)が生まれ、ガイアはウラノス(天空の神)とポントス(海洋神)を生んだといいます。
ガイアがウラノスと結婚して生んだのがクロノス(大地の神)。
ところがウラノスはガイアとの間に生まれた気に入らない子供をどんどん殺したのでガイアが怒り、クロノスにウラノスを殺す事を命じて鎌を渡します。
そして上の絵画のようにクロノスは父ウラノスを殺し、海に捨てその泡から生まれたのがビーナスだったとか。。
壮絶な父親殺しの果てに、子供時代もなく完璧な美女として生まれてしまった・・

ビーナスはそういう出生の悲しみを眼差しとすこし首を傾げた表情に表現しているそうです。
そう思ってみると私の中で「モナリザ現象」を起こしていたこの絵画に新たな魅力と奥行きを感じます。

ルネサンスを代表する画家として後世の名声を欲しいままにしているボッティチェリですが、パトロンであるロレンツォ・デ・メディチが亡くなってからは、不遇の時代を迎えます。
もっとも、そのころメディチ家の銀行も倒産しフィレンツェ自体が後ろ盾を失うのでフィレンツェのルネサンスの最盛期は終わったのですが。。

これぞ理想の女性ともいえるビーナスを描いたボッティチェリ・・実は女性に縁がなく一生独身だったとか。
それで漫画「チェーザレ 破壊の創造者」の作者 惣領冬美さん曰く、このビーナスはいわゆる「萌え絵」だとか。。なるほど〜

さて、そんなボッティチェリの自画像
に私がウフィツィ美術館で遭遇した時の事・・・
彼の自画像は「東方三博士の礼拝」という絵画の中の右端に描き込まれており、その絵画を見た方なら皆さん感じられると思うのですがとても強い目力がありこちらをすっくと見据えてきます・・・心の奥まで見透かされそうでゾクッとしたのをおぼえています。
ビーナスの誕生_c0366777_01550031.jpg
(「東方三博士の礼拝」絵画の一部)(フィレンツェ ウフィツィ美術館所蔵)

この目ですよ・・
彼がどれほど後世に輝く名声を残したとしても、限りある命、この絵画の前に立つ者は「今を生きる鑑賞者」に対する彼の嫉妬をこの視線から痛いほど感じてしまい心かき乱されるのでしょうね。
そうして、ロレンツォ・デ・メディチの「バッカスの歌」の一節が頭の中をリフレインして・・

楽しみてあれ、明日はさだめなき故・・



by artstable67 | 2015-04-30 02:15 | アート | Trackback(1) | Comments(2)
  

食空間プロデューサーの山野舞由未です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
最新のコメント
> 宮本美和さん ブロ..
by artstable67 at 11:20
山野先生〜〜 アクシデ..
by 宮本美和 at 19:26
宮橋さま。 返信遅れま..
by artstable67 at 22:24
はじめまして。宮橋ともう..
by 宮橋 at 01:57
> Manathiかずよ..
by artstable67 at 04:28
ふく恵さんと見習いさんの..
by Manathiかずよ at 11:31
> ライラックさん コ..
by artstable67 at 21:41
拙ブログ、読んでくださっ..
by artstable67 at 22:42
> desire_san..
by artstable67 at 23:38
新年おめでとうございます..
by desire_san at 11:14
最新の記事
プリンスアイスワールド熊本公演
at 2020-01-26 01:19
単発紅茶とティーフーズのレッスン
at 2020-01-21 23:42
ジミーチュウアフタヌーンティ..
at 2020-01-21 18:33
ソウル最新のバー
at 2020-01-19 08:27
四季を楽しむ香道 泉山御流(..
at 2020-01-17 01:41
カテゴリ
全体
自宅レッスン
外レッスン
イベント
その他のお仕事
テーブルコーディネート
紅茶
おうちごはん
そとごはん
お稽古
旅行
テーブルウエア
お花
アート
音楽
歌舞伎
オペラ
映画
読書
ファッション
インテリア
スポーツ
福岡の美味しいお店
売れるテーブルコーディネートとは?
レグランティエ 笠間裕子
テーブルスタイリスト山野舞由未
飛行機大好き
JAL都道府県シール集めています
メディア出演
アシスタント大募集
宝塚
お茶
博多阪急7階オールドノリタケ展
ポンパドール夫人大好き
乱気流
やってしまいましたフィンエアー編
被害がひどくなりませんよう。
人生をやり直せるとしたら?
未分類
お気に入りブログ
福岡のお菓子教室 Com...
Fooding Diary
三溝清美 Cooking...
VERT DECO ...
photo-holic 
のんびりと。しあわせに。
穏やかな日々
お茶をどうぞ♪
kimcoa-blog
カマクラ ときどき イタリア
外部リンク
多賀谷洋子オフィシャルブログ

+++---------------+++
レッスンのお問い合わせ、テーブルスタイリングやセミナー等お仕事の依頼は



までお願い致します。
+++---------------+++
タグ
記事ランキング
画像一覧

Copyright(C) 2015 aretstable.jp All rights reserved.